結婚相談所

結婚相談所の大手と個人中小結婚相談所と比較!メリット・デメリットを解説

ミサキ(管理人)
ミサキ(管理人)

5年以上にわたり179超の婚活サービスを利用・調査してきた私が解説します。

大手の結婚相談所と中小の結婚相談所はどちらがいいんだろうと疑問に思っている人もいるのではないでしょうか。

「結婚相談所ってたくさんあって選べない!」と悩みを抱えている人もは多いかもしれません。

この記事では、大手の結婚相談所と中小の個人経営結婚相談所を比較して、どちらの結婚相談所を選べばいいのかについてわかりやすくまとめました。

結婚相談所は大手と個人・中小どこがいいのかわからない

エリナ婚活中
エリナ婚活中
結婚相談所に入会して結婚相手を探そうと思っているのですが、どの結婚相談所にしたらいいのかわからなくて・・・
ミサキ(管理人)
ミサキ(管理人)
そうなんですね。結婚相談所によっては特色が違いますので、まずは大手にするか中小の個人が経営する結婚相談所にするかでまず考えるといいですよ。
エリナ婚活中
エリナ婚活中
大手か中小の個人か・・・。どう違うんですか?
ミサキ(管理人)
ミサキ(管理人)
結婚相談所の大手と中小の個人経営のところについて違いを説明していきますね!

結婚相談所の比較

結婚相談所で婚活しようと考えた場合、まずつまづくのが「どの結婚相談所を利用したらいいんだろう」ということです。

結婚相談所を選ぶうえで、まず一番最初にわかりやすいのが大手結婚相談所にするか中小の個人経営の結婚相談所にするかというところです。

たくさんの結婚相談所から自分にピッタリ合った結婚相談所を選ぶときに、大手か中小かは比較しやすいひとつの指針となります。

大手結婚相談所のメリット・デメリット

ミサキ(管理人)
ミサキ(管理人)
それでは大手結婚相談所のメリット・デメリットの特徴についてまとめました。

大手結婚相談所のメリット

会員数が多い

大手結婚相談所のメリットは、会員数が多いということです。

会員数が多ければ、その中から自分の条件に合った人や自分と相性の合う男性を見つけやすいので、たくさんの出会いが期待できます。

入会金などの初期費用がかかるが成婚料が無いところが多い

大手の結婚相談所は、入会金やシステム使用料などの初期費用が高額で、成婚料は無料、という料金システムのところが多いです。

大手は会員数が多いために、成婚料をとらなくても入会金や毎月の活動費だけでじゅうぶん運営できるという理由から成婚料がないところが多くなっています。

信用・信頼できる

大手結婚相談所のいちばんのメリットは、実績があるため信用・信頼できるというところです。

結婚相談所に入会して一番困るのは、多額の費用を支払ってもサービスを受けられないことです。

大手の結婚相談所であれば、必ず会員を紹介してもらえますし、サービスが受けられない詐欺会社だということはほぼありません。

長年の営業実績や、多くの成婚実績があったり、万が一会員同士のトラブルがあっても真摯に対応してもらえる信頼があるために安心して活動ができます。

会員が円滑に活動しやすいように自宅からも会員検索ができるシステムが整えられていたり、アクセスのしやすいところに拠点が多いのも大手結婚相談所のメリットです。

大手結婚相談所のデメリット

きめ細やかなサポートは期待しづらい

大手結婚相談所は会員数が多いので、会員1人ひとりにきめ細やかなサポートは期待できないというところが唯一のデメリットです。

そのぶん、1人でも会員検索ができるようになっていたり、お見合い申し込みなどは自動でできるようになっており、大手の結婚相談所でもしっかりしたサポート体制を整えているところはありますが、個人経営の結婚相談所のサポートに比べるとどうしても劣るかもしれません。

ただし、大手でもサポートを売りにしているところもあります。

会員数が多くても対応できるスタッフの人数をそろえているところもあり、IBJメンバーズは大手の中でもサポートが充実しているのでかなりおすすめの結婚相談所です。

個人・中小結婚相談所のメリット・デメリット

ミサキ(管理人)
ミサキ(管理人)
次に、個人・中小結婚相談所のメリット・デメリットの特徴についてまとめました。

個人・中小結婚相談所のメリット

初期費用は低めで成婚料がかかるところが多い

個人・中小の結婚相談所は入会金などの初期費用は無料だったり低額なところが多いがメリットです。

入会しても成婚までたどり着かない場合には、あまり費用が掛からないところが魅力です。

そのぶん、成婚料が10万~25万円ぐらいとしっかりかかるところが多くなっています。

連盟に加入していれば連盟の会員を共有している

個人・中小の結婚相談所は、その結婚相談所に入会している会員数が少なくても、連盟に加入しているところがほとんどです。

連盟に加入していれば、自社会員が少なくても連盟全体で会員データを共有しているため、会員検索で出会いの幅を広げることができます。

サポートがきめ細やか

個人・中小の結婚相談所の最大のメリットは、サポートがきめ細やかというところです。

しっかりとヒアリングをしてくれますし、人数の多い大手結婚相談所にはできないサポートが期待できます。

個人・中小結婚相談所のデメリット

担当者が少ないので合わないときに変更してもらえないことも

個人・中小の結婚相談所は、担当カウンセラーを何人も抱えているところは少ないです。

担当してくれるカウンセラーが1人や2人のところも多くありますので、担当者が合わないときや担当者に違和感を覚えることがあっても、途中で担当者を変更できないというリスクがあります。

副業や未経験で始めて実績がないところもある

個人や中小の結婚相談所は、副業で結婚相談所の事業を未経験で始めたばかりという実績の浅いところもあります。

規模から結婚相談所を選ぼう

大手と中小の結婚相談所のメリット・デメリットを把握して、自分に合った結婚相談所を選びましょう。

自分にピッタリ合った結婚相談所は、一括資料請求で探せます。

この一括資料請求サービスは、その人にあった最大10件の結婚相談所の、資料を送ってもらえるため、短時間で結婚相談所の情報を集められます。

また、【ズバット結婚サービス比較】では、会社名の入ってない封筒での結婚相談所の資料送付も可能なので、同居している家族に知られたくない人でも安心して利用できますし、もちろん資料請求は無料でできます。

資料請求した結婚相談所から後日電話がかかってくることもありますが、「資料を見るのはこれからで、利用を決めたらこちらから電話します」と言えばすぐに電話を切ることができますし、結婚相談所も断られるのは慣れているので気にしないで大丈夫です。

相談所さがしは資料請求から


資料請求した人だけ初期費用の約15万円⇒0円になった結婚相談所もあります。

納得の相談所を選ぶためにも、まずは多くの資料をあつめ、選択肢を広げるのがおすすめ。

ミサキ(管理人)
ミサキ(管理人)
「あとでやろう」と思ったまま何もせず、気づいたら1年後も独身…とならないために、今すぐ資料請求をしましょう。

1年後より、パートナーを見つけやすいのは「今」ですよ

\入力1分で/
年齢/地域から適切な相談所がわかる

本人確認の電話がきたら「今後の連絡は不要」と伝えると、すぐ通話終了できます。