玉の輿ノウハウ

子連れ再婚で玉の輿にのるには?シングルマザー婚活の注意点とポイントとは

ミサキ
ミサキ
こんにちは!約5年の婚活迷子の末、結婚相談所で玉の輿にのれた管理人ミサキです。

婚活中に利用したアプリは11、出会った人50人以上、付き合った相手7人。これまで調査した結婚相談所・婚活アプリ・婚活パーティーは100以上。趣味は婚活・恋愛の相談にのることです。

「子連れ再婚で玉の輿にのりたい」と考えているシングルマザーは多いのではないでしょうか。

この記事では、シングルマザーが子連れ再婚で玉の輿にのる方法についてまとめました。

結論からいうと

子連れ再婚をしたい人は、スキマ時間でお相手探しができる婚活アプリ【マリッシュ】で負担なく相手を探せます。

【マリッシュ】は婚活アプリの中では珍しく、再婚活者・シンママ・シンパパを優遇しているので、子連れ再婚でも気後れすることはありません。

収入証明書をだして確実に年収がわかる男性会員との出会いが待ってます。

\女性は無料/

ニックネーム表示で本名は出ないので、知人にバレずに婚活できます。

子連れ再婚で玉の輿にのりたい

シングルマザー
シングルマザー
これからかかる子どもの教育費が不安なシングルマザーです。お金持ちと再婚して玉の輿にのりたいんですけど、できるでしょうか。
ミサキ
ミサキ
なるほど。玉の輿にのれたら、離婚した過去も納得できそうですね。
シングルマザー
シングルマザー
そうなんです。

子連れ再婚で玉の輿にのれたら、元夫をみかえせるぐらい幸せになれるのではと思うんです。

ミサキ
ミサキ
なるほど。子連れ再婚で玉の輿にのる人もいます。
ですが、婚活する上で注意したい点もあるので解説していきますね。

「子連れで再婚できるのかな」と不安に思っているシングルマザーもいるでしょう。
また、「できたらお金持ちと結婚して玉の輿に乗れたらいいな」と淡い期待を抱く人も多いかもしれません。

子連れ再婚で玉の輿をねらうかは個人の自由ですが、子連れ再婚の婚活で注意しておきたい点をまとめました。

子連れ再婚で玉の輿をねらうときの注意点

ミサキ
ミサキ
子連れ再婚で玉の輿をねらうときの注意点についてまとめてみました。

自分が幸せになることを第一に

子連れ再婚で子どもの気持ちを考えることも大切ですが、まず一番大切なのは「自分が幸せになること」を第一にすることです。

自分が幸せになることを第一にしないと、「自分はそんなに好きでないけど、子どもがなついているから」という理由で再婚を決めてしまうこともあります。

自分の気持ちよりも、子どもの気持ちを優先させて再婚してしまうと、夫婦仲が悪くなったときに、再婚を決めた責任を子どもに転嫁しがちです。

そうなると、夫婦仲の改善はむずかしく、子どもを責めて親子関係も悪化してしまいます。

だから、まず大前提として、自分が幸せになることを第一に、自分の気持ちに責任もって結婚相手を探しましょう。

子どもの気持ちも大切に

子連れ再婚では、自分の気持ちを大切にした上で、次に子どもの気持ちも大切に考えましょう。

「子ども」というのは、特に未成年の子どものことです。

親の離婚・再婚は、子どもにはまったく責任のないことです。

ですが、子どもに大きな心理的不安をあたえることは確かです。

「再婚しても、いちばん大切なのは子どもだよ」と自分の子どもへの愛情は薄れることがないと繰り返し言い聞かせましょう。

そのうえで、子どもが新しい再婚相手を受け入れる準備が整ってから、結婚を最終決断すると、親子関係も良好のまま新生活をスタートできるでしょう。

「高収入」以外の条件には目をつぶる

子連れ再婚で玉の輿をねらうなら、相手男性が「高収入」以外のことは目をつぶりましょう。

他にも、結婚相手に求める条件として、たとえば次のような項目があります。

結婚相手に求める条件

  • 年齢
  • 見た目
  • 性格
  • 学歴
  • 婚姻歴

たとえば、高収入以外にも、「年齢が近くて、イケメンで、優しい人がいい」と、相手にたくさんの条件を求めては、なかなか再婚の相手はみつからないですし、玉の輿にのることは難しいでしょう。

初婚でも、玉の輿にのるのは難しいのです。

相手の年収以外のことは大目にみるおおらかさがあれば、玉の輿にのりやすくなるでしょう。

玉の輿を目標にするか再確認しよう

子連れ再婚で玉の輿にのりたい人は、「お金を結婚の第一目的」にしていいのか再度考えてみましょう。

子連れ再婚が玉の輿にのるためには、相手の年収以外は目をつぶる、ということを先ほどお伝えしました。

ほんとうにそれで幸せな結婚生活がおくれると、自分で納得できるでしょうか。

玉の輿にのることを重視しすぎて、素行の悪い人と再婚したら、お金はあっても不幸な生活が待っているかもしれません。

お金も大切ですが、それよりもお互いを尊重しあえるか、互いに助け合って生きていけるのかに重きをおくと結婚生活がうまくいきやすいものです。

玉の輿をめざすよりも、一緒にいて安らげる人を探す方が大事、という人もいるでしょう。

重要なことは、結婚に何を求めるのかをはっきりさせることです。

何が何でも「玉の輿にのることを優先させる!」と決意のある人は、玉の輿をめざして再婚活を開始しましょう。

子連れ再婚で玉の輿をねらうための婚活サービスとは

ミサキ
ミサキ
子連れ再婚で玉の輿をねらうなら、婚活サービスを利用すると効率よく再婚相手探しができます。

自然な出会いを待っていては、再婚相手と出会うまで時間がかかってしまいます。

婚活サービスを使えば、パートナーを探している人とすぐにつながれます。

子連れ再婚で玉の輿をねらうための、婚活サービスをご紹介していきます。

安くすませたいなら婚活アプリ

ミサキ
ミサキ
子連れ再婚活で、費用を安くしたいなら婚活アプリを利用しましょう。

再婚活の人でも、気後れせずにのびのび活動できるのはマリッシュです。

  • 女性は無料
  • 再婚活の人が多い
  • 再婚活者・シンママ・シンパパ優遇制度がある
  • 年収証明を提出した人がわかる

マリッシュは再婚活の利用者が多いのが特徴的なマッチングアプリです。

プロフィールをみれば、年収証明を出している人がすぐわかるため、確実に高年収の男性がわかります。

証明書をだした年収の高い人にアプローチすれば、玉の輿もねらえるでしょう。

女性は完全無料で使えるので、気軽に始めやすいのが利点です。

\女性は無料/

ニックネーム表示で本名は出ないので、知り合いにバレれずに使えます。

玉の輿重視なら結婚相談所

ミサキ
ミサキ
子連れ再婚が玉の輿をねらうなら、婚活アプリよりも結婚相談所が確実です。

なぜなら、結婚相談所に入会している男性は年収証明書の提出が必須だからです。
また、担当カウンセラーに相談しながら高年収の相手が探せるからです。

結婚相談所の【オーネット】には、シングルマザー向けの「子育てママ応援プラン」があります。

子育てをがんばるママの婚活を応援するプランで、通常料金よりも年間で約10万円も安く活動できます。

  • 入会金+活動初期費用55,000円(税込)※通常プランより61,600円安い
  • 月会費12,100円(税込)※通常プランより4,400円安い
  • 活動費(年間)めやす220,200円(税込)※通常プラン314,600円(税込)より94,400円/年安い
  • 交際期間中は交際休止制度で月2,200円(税込)にできる
  • 会員数約48,000人の業界最大級
  • 忙しくても自分のペースで活動できる
  • 困ったときには相談できる

オーネットは、会員数・サービス・料金のバランスが良い結婚相談所です。

仲人さんがついてみっちり、という感じの婚活ではありませんが、身元の確かな人との出会いのチャンスが豊富な、低料金でコスパの高い結婚相談所です。

定期面談はありません。
ですが、電話相談・オンライン相談を積極的に使って、自分のペースで婚活ができます

また、活動のすべてはオンラインでもできるように整備されているので、仕事に育児に忙しいママでも利用しやすくなっています。

≫ママの婚活を応援します!「子育てママ応援プラン」⇒ 

オーネットでは、自分の希望にあう男性会員がいるかわかる診断テストを受けられます。

この診断テストは入会前にできて、婚姻歴がある自分でもOKな男性の簡易プロフィールを送ってもらえます。
診断結果の受け取りは、PDFか郵送かで選べます。

無料テストを気軽にためしてみましょう。

\無料・診断結果はPDFで/

子連れ再婚で玉の輿にのろう!

ミサキ
ミサキ
子連れ再婚で玉の輿にのれる可能性は大いにあります。

とはいえ、何もしなかったら玉の輿にのる可能性はゼロです。

子連れ再婚で玉の輿にのるために、自分から積極的に活動していきましょう。

とりあえず、無料で使えるマッチングアプリのマリッシュに、どんな男性会員がいるのか気軽にのぞいてみてはいかがでしょうか。

\女性は無料/

マッチングアプリは、いい人と出会えた=自分にとって良いアプリ、です。

だから、使ってみないと自分にとっていいアプリかはわかりません。

気軽に試してみましょう。

もしもいい人がいなかったら、そっと利用を辞めれば良いだけです。
退会もすぐにできます。

絶対に玉の輿にのりたい人必見!人生を変える出会いがみつかる結婚相談所⇒⇒⇒
厳選!結婚相談所
玉の輿にのりたい人の結婚相談所