玉の輿エピソード

玉の輿からの転落。どん底に落ちても「不幸な悲劇の人生」で終わらせない方法

女性なら誰しも憧れる玉の輿の結婚。

「玉の輿に乗った人って幸せなんでしょ?」と思っている人は多いですよね。

けれども、実は玉の輿に乗ったすべての人がずっとお金持ちのまま幸せな生活を送っているとは限らないのです。

今回は、残念ながら玉の輿から転落してしまった女性のストーリーをご紹介していきます。

はなはな(30代)会社員
はなはな(30代)会社員
こんにちは。私は玉の輿に乗ってリッチな生活を経験した後、極貧生活にまで落ちました。

玉の輿から転落した経験から、結婚する前に相手を見極めるポイントを学びました。これから結婚する人に少しでも参考になれば嬉しいです。

ミサキ
ミサキ
よろしくお願いします!

玉の輿から極貧生活への転落ストーリー

結婚相手の男性と出会ったきっかけ

表参道で開かれた友達のホームパーティに参加した時に、わたしの友達の友達の友達、くらいの間柄で、偶然参加していた外国人の彼に初めて出会いました。

その時は仕事は何関係の仕事をしているかなど本当に簡単な話しかせず、一応連絡先だけ交換した人、くらいの間柄でした。

ですが、そのあとお互いのホームパーティーや企画したお花見などに、人数合わせのためにお互いを招待する中で、少しずつ深い話をするようになりお互いに「良い人だな」と好感を持つくらいまでになりました。

そしてある日、2人で夜ご飯を食べに行くことになり、そこでお互いの理想の家族感など初めて深く話して、それが一致したことにより、意気投合して付き合うことになりました。

玉の輿にのって優雅な結婚生活

東証1部上場のコーポレートベンチャーキャピタルで働いていた彼は、年収が1000万円以上ありました。

私も働いていたこともあり、結婚後も、言うまでもなく普通に暮らすには困らない生活を送っていました。

お台場あたりに家賃が20万円以上の海が見える部屋を借り、毎週末は友達を呼んで高級なワインやチーズなどでパーティーを繰り返していました。

その他、旅行時は、彼がANAのプラチナメンバーだったので、エコノミークラスのチケットを買ったとしても無料でビジネスクラスにアップグレードしてもらったり、搭乗までラウンジでゆっくり過ごせたりできました。

私は独身時代、そのような体験はもちろんしたことがなかったので、すごくリッチなことをしている気分でした。

玉の輿から転落

豊かな年収があり不自由のない生活を暮らしていた私たちですが、彼が「今の職から離れ自国に帰り起業にチャレンジしたい」という気持ちを次第に持つようになりました。

彼の職業上、たくさんのスタートアップと関わる機会があったため、その中でたくさんの起業家に感化されたのだと思います。

私もそんな夢を描く彼を応援したくて、自分の仕事を辞めてついていく決意をしました。

そして数ヶ月の起業準備の末、ついに会社を退職し彼の母国に2人で移住して、彼は自分のビジネスを始めることとなりました。

無論、会社の資本金に自分の貯金の多くを投資しているので、貯金はほとんど無くなり、ビジネスが波に乗るまでは自分の給料も切り詰めて生活するようになりました。

玉の輿から一転、極貧生活に

今までの生活と比べて極端に収入が減ったため、かなりのレベルで生活レベルを落とすことが求められました。

例えば家賃にかけるお金がもったいなかったので、彼の実家に住まわせてもらったり、することの多かった外食を控えて基本は自炊をするようしました。

もちろんバケーションには行かずに、休みもリフレッシュのためと近場でお金をかけずに過ごしました。

このように、今までの生活からはかなり自由度が落ちた生活をするようになりました。

月によっては会社の業績が上がらずに、給料が入らない月もあったため、お金に困った時は私の貯金を切り崩すこともありました。

お金が減っていくと、もちろん心にも焦りや将来への不安が芽生え、精神的にも辛い時期が続きました。

これから玉の輿をねらっている女性へのメッセージ

まずは玉の輿に乗ることを結婚の一番の動機としている方は、次の2つのことを見極めてから結婚するようにしてください。

  1. お相手が一生現在の高収入かつ安定な職に就くつもりであること
  2. 万が一その職を失っても潰しがきく業界で働いていること

そうすれば、結婚してもずっと一定の高収入を保つことができて、お金には不自由をしない生活が望めると思います。

私の場合は夫がチャレンジングな性格で高収入の会社を辞めてしまったので、玉の輿に乗って豪華でリッチな生活ができたのはほんのわずかでした。

でも、どちらかというと私も夫と同じようにチャレンジが好きで変化を好む人間であるため、極貧生活が続いても夫の会社が確実に成長している様子をみるのが楽しかったです。

苦難を夫婦で乗り越えてこそ、より絆が深くなった部分もあると思っているので、玉の輿からは転落したものの納得感はあります。

全ては、自分が結婚相手に何を望むか、だと思います。

それを念頭に、この人ならと思える相手と結婚すれば、何が起きても納得できると思います。

ミサキ
ミサキ
はなはなさん、ありがとうございました!

玉の輿から転落した人生から学べること

ネコ先生
ネコ先生
玉の輿から転落するかどうかは、良くも悪くも相手の男性次第かもしれません。

でも、玉の輿から転落してしまった場合でも幸せを感じられるかどうかは女性次第だということが体験談からわかりました。

玉の輿に乗ることができたらそのままお金持ちでいたいと思う人は多いはずです。

でも、人生は幸せなときばかりではありません。
うまくいかなかったときのことも考えておかなければなりません。

玉の輿に乗ってお金目当ての結婚をする人は、夫となる人が失業したり、事業が失敗して借金を抱えお金持ちの生活から転落してしまう可能性も覚悟をしておきましょう

そして夫に経済的な面でのメリットしか感じていなければ、お金がなくなったときに絶望的になってしまいます。

でも夫に対して愛情さえあれば、もし玉の輿から転落することがあっても、夫を支える生活の中で幸せを感じることはできるのです。

ともに苦難を乗り越えようと努力していく強い女性が、その後の幸せをつかむことができるのです。

結婚生活は永遠に続くものですので、お金だけではなく夫となる男性を愛することが幸せな結婚生活自分の幸せにもつながっていくといえます

ミサキ
ミサキ
ド派手なセレブ生活とその転落ストーリーをもっと知りたい方はこの映画をどうぞ!

玉の輿から転落して奮闘する元セレブの様子を描いた実話をもとにしたドキュメンタリー映画です。

玉の輿生活の大豪邸の様子と転落後の奮闘生活が映像で見られて、しかも実話だなんて、面白くておススメです♪

映画「クイーン・オブ・ベルサイユ大富豪の華麗なる転落」