玉の輿ノウハウ

高収入の医者と結婚したのに後悔?年収700万超の医師の妻なのに苦労が絶えない3つのこと

hanako(40代)自営業
hanako(40代)自営業
こんにちは。年収700万~の高収入の医者と結婚し、後悔が絶えないhanakoです。

医者との結婚を後悔する人は、私の他にもいるのではないでしょうか。

「普通のサラリーマンと結婚したほうが幸せだったのでは?」とすら思うほど。

 

一般的に、医者は高収入。そのため、結婚相手として医者は人気の職業ですよね。

 

とはいえ、実際に医者と結婚してみると、苦労は多いのです。

理想と現実は違います。

医者(年収700万円以上)と結婚して苦労している私の体験をお話していきます。

高収入な医師と出会ったきっかけや場所

hanako(40代)自営業
hanako(40代)自営業
医者の夫とは職場で出会いました。

私は看護師として、大学病院の病棟で働いていました。

看護師2年目のときに、夫が研修医として隣の病棟に配属されたのが出会いの始まりです。

 

最初は、仕事上の関わりだけでした。

夫の処置のサポート、夫の受け持ちの患者様の検査や治療、処方のオーダー確認、患者様の状態の報告や連絡をする、といった感じです。

 

その当時、未来の夫に対して特に良いも悪いもなく、たくさんいるドクターの中の1人という認識のみ。

正直なところ、男性として特別な印象は残っていません。

 

ただ、夜中、眠れない患者様のお話をいつまでも聞いていたり、高齢者に尊敬の意を持って関わっている「医者」としての姿に好印象はありました。

 

その後、残業をしていた数人の看護師と医者で食事に行ったのがきっかけで、連絡先を交換。

それから、時々食事をするようになり、自然な流れで交際が始まりました。

高収入な医者との結婚を後悔してしまう3つの原因

数年の交際期間を経て、結婚することになりました。

昔からの友達には「高収入の医者をうまくつかまえたね」とよく言われ、羨ましがられました。

婚約してから結婚までが幸せの絶頂でしたね。

 

結婚してみたら、思っていた生活からは遠く、医者と結婚したのをときどき後悔することも。

医者と結婚したのに、私が苦労しているのは次の3つのことです。

医者は想像よりも収入が低い

高収入な医者と結婚したのに苦労している1つめは、実は医者は思ったよりも収入が低いことです。

一般的に、医者はお金持ちで高収入だと思われていますよね。

 

親、兄弟からも「医者と結婚したんだからお金はある」と思われてますし、義理の親も同様。

だから、何かと頼られたり、将来的なことを「あなたたちがいるから大丈夫よね」と匂わされたりします。

 

が!!!

現実は、大学病院の勤務医は、一般的に思われているよりも収入は低いです。

 

大学病院からの収入だけだと、月収50万いくかいかないか?というのが現実。

それも、土曜、日曜、夜間、早朝、確実なお休みはなし。

 

いつだって患者さんの具合が悪い、急変したとなれば、電話1本で呼び出されます。

おまけに、研究、学会発表の論文などの仕事もかかえているんですよね。

 

時給換算したらいくらになるの?という感じで、働いている時間の割に医者は高収入だとは決していえません

医者は収入以上に出費が多い

高収入な医者と結婚したのに苦労している2つめは、収入以上に支出が多いことです。

「月に50万もらえれば、十分お金持ちでしょ」という意見もあるかもしれません。

でも「医者はお金がある」とまわりから思われている上に、夫、本人のプライドもあり、収入に比べて出ていくお金が多いので、実はほぼ毎月赤字です。

 

たとえば、後輩と食事にいったら、全額払ってくるのは当たり前。

しかも、医者の集まりで、ファミリーレストラン・ファーストフード店はありえません。

良いお店での会食になるため、1回数万円の出費になります。

「うかい亭」「叙々苑」などの高級店での集まりも普通にあるので、お付き合いにかかる額は毎月数十万円。

 

50万そこそこの収入で、そのうちかなりの割合のお金が、食事や飲み代の交際費に消えていきます

 

食事以外でも同じです。

上司へのあいさつ、身に着けるもの、親戚関係の交際費もかさみます。

「ないなら出さなきゃいい」「節約すればいい」とも思うのですが、お付き合いも仕事のうちなので、ケチるわけにもいきません。

出費がかさみ、毎月カツカツの生活です。

医者なのに実はバイトしている

高収入な医者と結婚したのに苦労している3つめは、実はバイトもしていることです。

支出が多くて、どうしても赤字。

大学病院からの収入は決まっているので、お金が足りないとなれば、収入源を増やすしかありません。

 

夫は、他の病院や老人ホーム、先輩医師の関連病院などでバイトをしています。

夜間の当直や、休日当直のバイトです。

 

バイトをすると収入は確保できますが、家族との時間は減ります。

結婚しているのに、バラバラの生活なんですよね。

夫婦の時間、子どもとの親子の時間がありません。

 

自宅で一緒に夕食をとるのは、1か月のうち数日のみ。

家族団らんの時間が全然とれないので、このままでいいのかと不安に思い悩む日々です。

 

月の1/3は当直やバイトで夜間も家にいません。

また、夫も仕事で疲れているため、たまに家にいても寝るばかり。

体調も心配です。

医者との結婚を悩む人へのメッセージ

医者と結婚して実感するのは、「入ってくる金額が大きいと、出ていく金額も大きくなる」ということ。

年収が300万円でも1,000万円でも、入ってくるお金に比例してお金が出ていくものです。

お金を「まわす」という感覚でいると、出費が多くても気持ちが楽かな、と思います。

 

また、結婚相手に収入を求めることも大切かもしれませんが、やっぱり大事なのはお互いの人間性です。

 

今、お金があっても、病気やリストラで、突然収入がゼロになるかもしれない。

今、貧乏でも、この先、大金持ちになるかもしれません。

 

貧乏でも不幸な人もいれば、幸せに生きている人もいる。

お金持ちで幸せな人もいれば、1億円稼いでいても不安を抱え、不幸な人もいます。

 

だから、お金は大事だけど、幸せになるための必須条件ではないのです。

 

お金があっても、医者との結婚に後悔している人はたくさんいます。

私のように。

 

何を大事にして生きていくか、結婚に何を求めているのか、自分の方針をしっかり考えることが幸せな結婚につながると思います。

ミサキ(管理人)
ミサキ(管理人)
hanakoさん、ありがとうございました。

医者と結婚するメリット・デメリットを知って、後悔しない結婚を

医者と結婚するメリットとは

  • 高収入が望める
  • 医者と結婚するステータス
  • 友人に羨ましがられる
  • 子どもの教育にお金をかけられる
  • 家族が病気のときに頼りになる

医者と結婚するデメリットとは

  • 勤務医の収入はそれほど高くない
  • 支出が多い
  • 仕事で忙しくて、一緒の時間がとれない
  • 家事・育児はワンオペ覚悟
  • 医者の妻というプレッシャー
  • 医療事故で訴訟される可能性も
  • 浮気の可能性も
  • プライドが高い夫を立てる必要がある
  • 親戚づきあいで苦労する可能性も

医者と結婚するなら、激務の夫をサポートし、1人で家庭を守る覚悟が必要でしょう。

ミサキ(管理人)
ミサキ(管理人)
医者と結婚するメリット・デメリットを知って、後悔しない結婚を選択しましょう。

医者と結婚して後悔している人は

医者と結婚して後悔している人は、もやもやした気持ちの整理がつかず、心が苦しいのではないでしょうか。

悩みがあるときは、誰かに相談すると解決しやすいですよ。

とはいえ、「医者と結婚して後悔している」とは、身近な人には相談しにくいもの。

 

そんなときに相談できるのが、「エキサイト電話占い」です。

あの有名なエキサイトグループなんですよね。

電話かメールで相談できますよ。

 

悩みがあるときは、誰かに話を聞いてもらうだけで、頭の中が整理されてスッキリできます。

悩みを打ち明ければ、気持ちが楽になるアドバイスをしてもらえるはず。

 

悶々とひとりで思い悩み続けるよりも、今すぐ悩みを吐き出して、心を軽くしてはいかがでしょうか。

▼今すぐ試してみる▼

初回限定で最大2,500円分無料

絶対に玉の輿にのりたい人必見!人生を変える出会いがみつかる結婚相談所⇒⇒⇒
厳選!結婚相談所
玉の輿にのりたい人の結婚相談所