Tinder(ティンダー)

Tinder(ティンダー)で結婚できた!真剣交際の相手と出会うための3つのポイント

メイ(20代)OL
メイ(20代)OL
こんにちは!私はTinder(ティンダー)で真剣交際の相手をみつけ、それから結婚できました。

「Tinder(ティンダー)で真剣交際ってあるの?」「Tinder(ティンダー)で結婚できる?」と疑問に思っている人は多いかもしれませんね。

私も気軽に使い始めたので、まさか自分がTinder(ティンダー)で真剣交際、そして結婚するとは思っていませんでした。

結婚できた私がやった、Tinder(ティンダー)で真剣交際の相手を見つける3つのポイントをお話していきます。

ティンダーで真剣交際は難しい
ミサキ
ミサキ
Tinder(ティンダー)は婚活よりも遊び目的の男性が圧倒的に多く、真剣交際できる相手を見つけるのは上級者向けです。

真剣交際できる相手は、マッチングアプリのOmiai(オミアイ)でもっとカンタンにみつかります。

Omiai(オミアイ)は、結婚を連想させるネーミングから、将来的には結婚につながる恋人が欲しい人が集まっています。条件検索で好みの異性を探しやすく、Tinderよりもかんたんに真剣交際の相手が見つけられます。

女性は完全無料
▼イケメン・高年収の会員を今すぐチェック▼

ニックネーム表示で本名は出ないので、知り合いにバレずに恋人探しができます。

Tinder(ティンダー)を使い始めたきっかけ

メイ(20代)OL
メイ(20代)OL
Tinder(ティンダー)を使い始めたのは、友だちの紹介です。

引っ越し先に知っている人が誰もいなくて、寂しい毎日を過ごしていました。

そんな時に、地元の友だちから教えてもらったのがTinder(ティンダー)でした。

Tinder(ティンダー)は、どちらかというと出会い系のアプリだと友だちから聞いてました。
ですが、家の近くで飲み友だちや遊び相手が欲しくて、Tinder(ティンダー)を使うことにしたのです。

Tinder(ティンダー)で真剣交際・結婚相手を見つけられた3つの要因

いま振り返ってみると、次の3つのことがTinder(ティンダー)で真剣交際の対手を見つけ手結婚できたポイントだったと思います。

返信なくても気にしない・気楽に使う

Tinder(ティンダー)で真剣交際の相手を見つけられた1つ目の要因は、期待しすぎず気軽に使っていたことだと思います。

必死になって恋人を探している人は、メッセージの返信がない時に、モヤモヤしたり落ち込んだりするのではないでしょうか。

基本的に、相手の男性も数人の女性とチャットしています。
相手から返信がなくても、気にしないでいきましょう。

私はもともと、友だちや知り合いを見つける目的でTinder(ティンダー)を使っていたので、焦ることなく相手を探せました。

そして、飾ることなく自分を出せたので、本当に気の合う男性と出会うことができたと思います。

リラックスして、素の自分を出せるといいと思います。

人柄がわかる写真を使う

Tinder(ティンダー)で真剣交際の相手を見つけられた2つ目の要因は、人柄がわかる写真を使ったことです。

Tinder(ティンダー)は、写真のぱっと見の印象で決まります。

趣味や性格などで相手を探せません。
正直、プロフィールまで見ない人の方が多いと思います。

なので、見ただけで人柄が伝わる写真を使うのがいいと思います。

例えば、趣味が旅行なら、旅行先で撮った写真。
食べることが好きなら、食べ物と写った写真などです。

また、かっこよく決めた写真や露出の激しい写真よりは、笑顔の可愛らしい写真の方がぱっと見の印象はいいと思います。

ペットがいる人は、少々せこい気もしますが、ペットと一緒に撮った写真を載せると同じ動物好きの人とマッチしやすくなります。
会ったときにも会話が広がりやすいです。

あくまで自然で、普段の自分の一番いい写真にしましょう。

印象付けられるチャットをする

Tinder(ティンダー)で真剣交際の相手を見つけられた3つ目の要因は、自分のことを印象付けられるチャットをしたことです。

最初にもふれましたが、Tinder(ティンダー)では複数の人と同時にメッセージをするのが基本です。

何人にもアプローチされていると、誰がいいのか迷ってしまいますよね。

しかし、迷いながら会話を続けすぎて、普通に話してるだけにならないよう気をつけてください。
相手も複数人と話しているので、「脈なし」と判断されれば、会話は終わってしまいます。

だから、チャットの会話でどこまで印象付けられるかが大事です。

何回かメッセージのやり取りをした後、会う約束をとりつけるか、ほんのりと脈アリの感じを見せるといいです。

大体どのくらいの期間を経て会えばいいのか、というと難しいですが、メッセージを1ヶ月以上続けても会う約束が出なければ、諦めて他の人を探すのも手かなと思います。

また、早い段階でラインなどの他のチャットに移ろうとする人もいます。
自分を守るためにも、早くから他の連絡手段を聞いてくる相手、会う約束をしようとする相手はやめた方がいいです。

Tinder(ティンダー)で真剣交際したい・結婚したい人へのメッセージ

メイ(20代)OL
メイ(20代)OL
私は気軽な気持ちでTinder(ティンダー)を始めました。

それでも、最終的には真剣交際できる男性をみつけ、結婚できました。

Tinder(ティンダー)を実際に使ってみてわかったのは、Tinder(ティンダー)はいろんな目的の人が使っている、ということです。

真剣交際の相手を本気で探している男性、身体目的の男性、私のように気楽に使っている男性などです。
Tinder(ティンダー)でマッチした相手が、どのくらいの気持ちでいるのか、戸惑うことも多いです。

けれど、自分の感性を信じて何度かメッセージしていると、相手の気持ちやどんな人なのかがだいたいわかります。

関係を急ぎすぎると、周りが見えなくなり、正しい行動ができません。
だから、あくまでゆっくりと関係を深めて行くように心がけるといいと思います。

ただ、ゆっくりと仲を深めていく中で、女性が脈アリというサインを見せると、男性も進みやすいかなと思います。

チャットでの会話だけではわからないことも多いので、何度かやり取りをしたら会ってみましょう。

操作は簡単です。
Tinder(ティンダー)利用者の中に、合う人は絶対にいると思います。
ゆっくりと焦らずいい人を見つけてください。

ミサキ
ミサキ
メイさん、ありがとうございました!

Tinder(ティンダー)があっているのはこんな人!

ミサキ
ミサキ
Tinder(ティンダー)があっているのはこんな人です。
  • 気軽な出会いを求めている人
  • 多くのヤリ目・既婚者の遊び目的ユーザーの中から、真剣交際できる男性を探し出せる自信のある人
  • 男友だちが欲しい人
  • 日本でも外国人男性と出会いたい人
  • 外見重視の人

Tinder(ティンダー)は、どちらかというと出会い系のアプリです。
気軽な出会いを求めている人が使うには良いかもしれません。

正直なところ、Tinder(ティンダー)で真剣交際の相手を探し出すのは、難しいです。

ミサキ
ミサキ
Tinder(ティンダー)で真剣交際できる相手を見つけるのが不安な人は、婚活系のマッチングアプリを使いましょう。

真剣交際の相手を探したいなら、婚活系のマッチングアプリで探せる

ミサキ
ミサキ
真剣交際の恋人を探したい人は、婚活系のマッチングアプリで出会えます。

婚活系のマッチングアプリには、真剣交際をしたい人が集まっているので、結婚につながる交際相手を探しやすいです。

そして、職業・年収・年齢・居住地などの条件から、自分の好みの異性を探すのもカンタンです。

つまり、自分の好みの異性を見つけて真剣交際できるのが、婚活系のマッチングアプリなのです。

ミサキ
ミサキ
真剣交際の相手を探したい人にオススメの婚活アプリは、Omiai(オミアイ)です。

会員数は600万人~もいて、女性は完全無料で使えるからです。

  • 真剣に婚活しているユーザーが多いマッチングアプリ
  • 1日に約40,000組がマッチング※
  • 24時間365日の厳重な監視体制で安心安全
  • 女性は無料

※調査期間:2018年12月1日~2019年2月末日

Omiai(オミアイ)は、ananや朝日新聞など他多数の雑誌・メディアで掲載されたことのある、大手のマッチングアプリです。

ネーミングから結婚を連想させるので、結婚につながる出会いが欲しい人のためのアプリとして知られています。

自己紹介では「転勤についてきてくれる人を探しています」とか「そろそろ結婚したくてOmiai(オミアイ)を使い始めました」と明記している男性がたくさんいます。

 

女性は無料ですが、男性は有料です。
男性の会費は(3,980円/月~)と、有料のマッチングアプリの中でも高めです。
なので、真剣に相手を探している男性が集まっている、といえます。
(ちなみにTinderは1,100円/月~、ペアーズは3,590円/月~です。)

 

Omiai(オミアイ)では、職業・年収・年齢など全28項目の条件から、自分好みの相手を探せます。

会員数は600万人~もいるので、自分の住んでいる地域で、「こんな恋人と出会いたい」という願いを叶えられるでしょう。

自分好みの、真剣交際の相手が探せるのがOmiai(オミアイ)なのです。

▼悩むより使ってみたほうが早い▼

ニックネーム表示で本名は出ないので、知り合いにバレずに恋人探しができます。

 

真剣交際したい相手を探すには最適なOmiai(オミアイ)ですが、ひとつだけデメリットを挙げると、プロフィールは自己申告、という点です。

注目されたいために、プロフィールを盛っている会員がいる可能性があります。
プロフィールはうのみにせず、仲を深めつつ大事なことは確認したほうが安心です。

ですが、Omiai(オミアイ)は、利用規約違反の会員を通報できるシステムが整っています。
プロフィールに嘘がある会員は通報できるのです。

運営側で事実確認をしたら、違反会員にはイエローカードが表示され、一目瞭然となります。
違反会員とマッチングしている人には、注意喚起の連絡が飛びます。

24時間365日の監視体制もあります。

このように、運営側でも対策をしており、上手につかえば、女性は完全無料で、600万人~もの会員の中から真剣交際できる相手が探せるので、コスパが高いことは間違いありません。

結婚相談所なら身元が確かな人との出会いがありますが、活動費が年間20万円以上かかります。

 

真剣交際できる恋人との出会いが欲しいなら、自分から動かないと出会いはつかめません。
Tinder(ティンダー)では、真剣交際できる恋人との出会いまで、遠回りしてしまいます。

真剣交際したいなら、真剣交際したい人が集まるところで出会いをさがしましょう。
真剣交際できる相手との出会いはOmiai(オミアイ)にあります。
あとは、自分好みの彼氏候補がいるか、使いながら確認するだけです。

使ってみたら、自分好みの真剣交際の彼氏候補が待っています。

ですが、何もしなければ、出会いがない毎日がこれから先も続いていくでしょう。
「あとでやろう」の、「あとで」は一生来ません。

女性は完全無料で使えます。
検索前の利用登録はわずか1分ほどで、すぐに終わります。
ちなみに、Omiai(オミアイ)の利用登録方法は次の2通りあり、本人確認のために利用されるだけなので、どちらを選んでも大丈夫です。

  • Faebookで…Faebookで友達の人はお互い表示されない
  • 電話番号で…本人確認のためのSMSがくる

まずは、どんな恋人候補がいるのか、気軽にのぞいてみてはいかがでしょうか。

いい人が見つからなければ、利用をそっと辞めれば良いだけです。
退会手続きもカンタンです。

人生を変える、運命の出会いがあるかもしれません。

▼悩むより使ってみたほうが早い▼

ニックネーム表示で本名は出ないので、知り合いにバレずに恋人探しができます。

絶対に玉の輿にのりたい人必見!人生を変える出会いがみつかる結婚相談所⇒⇒⇒
厳選!結婚相談所