玉の輿エピソード

【フランス】ポンパドゥール夫人の格差を超越する美貌と教養でつかんだ玉の輿エピソードから学べる3つのこと

ネコ先生
ネコ先生
こんにちは!玉の輿専門学校のネコ先生です。

今回は、ポンパドール夫人のお話から玉の輿にのるヒントを学んでいきます。

ポンパドゥール夫人は、フランス国王ルイ15世の寵姫となった女性です。

ただの一市民だったポンパドゥール夫人は普通の結婚ではあきたらず、なんとしてでも国王に近づくよう努力しました。

そののち政治にまで介入し、外国と条約を結ぶなど大仕事もやってのける女性でもあったのです。

ポンパドゥール夫人の玉の輿エピソード

玉の輿に乗ったポンパドゥール夫人の生い立ち

ポンパドゥール夫人は貴族ではなくブルジョワの出身

ポンパドゥール侯爵夫人は、フランス国王ルイ15世の寵姫です。

本名はジャンヌ=アントワネット・ポワソン、1721年12月29日にパリで生まれました。

ポンパドゥール夫人は、貴族ではなくブルジョア階級の出身ですが、ブルジョアとは、貴族と労働者階級の間の市民のことで、資産家階級です。

父はフランソワ・ポワソンといい、職工の子として生まれて成人後、軍隊の糧秣支給係の馬丁の仕事に就き、糧秣調達係のパリ兄弟の信任を得て財を築きました。

糧秣というのは、兵隊の食料のことで、この調達の仕事に携わると財を築けるということです。

母はルイ―ズ=マドレーヌ・ド・ラ・モット、砲兵隊特任官兼パリ廃兵院の食肉調達人の娘で、かなりの美貌の人でした。

が、貞淑な妻と言うわけではなく、夫の後ろ盾のパリ兄弟や、当時の陸軍大臣などとも親しかったということと、ポンパドゥール夫人が父親の粗野なところとまるで似ていないことで、本当の父は他にいるのではと言われていたほどでした。

ポンパドゥール夫人が子供の頃に、父ポワソンが横領の罪で起訴されドイツに逃亡した後、母ルイ―ズは、愛人の一人である総括徴税請負人のトゥルネームに頼り、トゥルネームがポンパドゥール夫人と母と弟の経済的援助をしたのでした。

ポンパドゥール夫人はかなり良い教育を受けた

ポンパドゥール夫人は、父ポワソンの意向で、小さい頃は、叔母のいるポワシーの女子修道院で教育を受けました。

小さい頃から魅力的で、「レネット(リンゴの一種で小さな女王と言う意味もある)」と呼ばれていました。

ポンパドゥール夫人の父は、横領の罪で起訴されドイツへ逃亡しましたが、運動の結果8年後の1733年に帰国を許されたので、ポンパドゥール夫人も女子修道院からパリの両親の家に帰り、さらに教育を受けて磨きあげられました。

ポンパドゥール夫人は、ふたりの有名な悲劇詩人に朗読や演劇を教わり、ダンスも完璧、デッサンの才能もあらわしました。

そして歌はオペラ座の歌手に手ほどきを受けて、かなりの才能を発揮したので、あちこちのサロンに招かれて歌声を披露して、社交界で活躍することになったのです。

有名なタンサン夫人やドゥファン夫人らのサロンに招かれ、百科全書派の哲学者ディドロや有名なモンテスキュー、ダランベール、ヴォルテール、劇作家マリヴォーといった知識人と出会い、サロンでの社交術、教養ある会話を身に付けました。

ポンパドゥール夫人は貴族ではないにしろ、美貌はもとより、教養や社交術の素養は完ぺきなまでに持っていたのですね。

母の愛人の甥と結婚

母の愛人のトゥルネームは、ポンパドゥール夫人を可愛がり、教育にかかる費用を一切請け負っただけでなく、結婚の世話もしたので、実の父ではと言われているほどです。

トゥルネームは、ポンパドゥール夫人を自分の甥のシャルル=ギョーム・ル・ノルマン・ド・デティオルと結婚させて、自分の財産を譲ることにしたのでした。

このトゥルネームの甥シャルルは、つまらない人物のように思われがちですが、良い教育を受けて教養も高く、芸術の趣味も持っていました。

トゥルネームは甥シャルルに自分の仕事を手伝わせ、自分のブロワ特別裁判所評定官の職を譲り、平貴族にして社会的地位を用意してやり、そのうえで財産の生前贈与もして、エティオルの城館とパリの邸宅、領地も与えたのでした。

これもすべてポンパドゥール夫人のためでした。

平貴族とは、イギリスで言うジェントルマン階級ですね。

ポンパドゥール夫人は19歳で結婚後、エティオル夫人と呼ばれるようになりました。

夫のデティオルは、美貌の夫人にぞっこんだったそうです。

若夫婦はパリの大邸宅と領地の城館を行き来するという大変裕福な暮らしで、とても仲睦まじかったのです。

そしてポンパドゥール夫人は、パリの一流サロンに出入りするようになりました。

ポンパドゥール夫人ことエティオル夫人は人気者となり、夫の領地であるエティオルの城館には、モンテスキューやヴォルテールなどの人々も訪れ、城館のなかの劇場で喜劇を演じたりオペラを歌ったりして過ごしたそうです。

わざわざ国王の寵姫にならなくても、充分裕福で幸せな生活だったと思うんですが、ポンパドゥール夫人はなぜか子供の頃からルイ15世が大好きで、どうしてもお近づきになりたいと思っていたそうです。

舞台となった時代背景

18世紀当時のフランスでは、多少の色恋沙汰は大目に見られていたのです。

ましてや、フランス宮廷となると、色恋沙汰やゴシップがないと生きていけない人たちばかりと言っていいでしょう。

現在進行形はゴシップ、スキャンダルだけど、年月が経つと、それは史実になるんですよね。

「最愛王」と言われたルイ15世は、15歳で結婚し、8年間のマリー・レクザンスカ王妃ひとすじの年月を過ごした後は、マイイー夫人とその妹たち(ネール家の5人の姉妹と次々と関係を持ったんです)との愛情生活に明け暮れていました。

そしてマイイー姉妹の末の妹で正式の寵姫第一号となった、最愛のシャトールー夫人が若くして亡くなった後に落ち込んでいました。

その次に現れたのが、ポンパドゥール夫人でした。

ポンパドゥール夫人が玉の輿に乗るきっかけとなったできごと

ルイ15世に近づくためにアピール

ポンパドゥール夫人は、結婚後、どうしてもルイ15世に近づきたいと、自分の住む館の近くのセナールの森で狩りをするルイ15世に会いに、馬車(オープンカーみたいな屋根のないタイプ)に乗って目立つように待ち伏せしたり、さりげなくすれ違ったりしたということです。

ちょっとストーカー気味ですが、ルイ15世はこのときには一向にポンパドゥール夫人に気が付かず、側にいたマイイー夫人らは気が付いていたというのがおもしろいです。

ルイ15世の従僕がポンパドゥール夫人の親戚だった

シャトールー夫人を失った悲しみが癒えたルイ15世が、退屈して、どこかに美しい女性はいないかと尋ねた従僕が、ポンパドゥール夫人の従兄でした。

自分の親戚の美貌の夫人が王様に憧れていてと話すと、ルイ15世が興味を示し、ポンパドゥール夫人は、1745年2月の王太子の結婚式の祝いの仮面舞踏会に招待されたのでした。

イチイの木に扮したルイ15世の前で、女神ダイアナに扮したポンパドゥール夫人は見つめ合い、その3日後のパリ市長の舞踏会でのこと、ポンパドゥール夫人はハンカチを落とし、それを拾ったルイ15世がやっと話しかけ、馬車で母親の家に送って行ったという、なんともベタな切っ掛けですが、史実なんです。

そしてポンパドゥール夫人は、4月にはルイ15世の新しい愛人となり、5月には夫と別居が宣言され(夫はびっくり仰天で、ポンパドゥール夫人に未練たらたらの手紙を寄越しましたが、地方へ飛ばされちゃったんです)、7月にはポンパドゥール侯爵夫人の称号を与えられました。

5月からはルイ15世は7年戦争のために、現地へ行っていたのですが、ポンパドゥール夫人とは手紙のやり取りを欠かさず、もうすでにポンパドゥール侯爵の位を与えることは決めていて、手紙の中でポンパドゥール侯爵夫人と呼んでいたそうです。

そして9月には正式な寵姫として、マリー・レクザンスカ王妃に紹介されたのでした。
まさに、あれよあれよという、とんとん拍子の出世ですよね。

これはスゴイ!さすがの財力と権力がわかるエピソード

まさに華やかなロココ文化の女王

ロココ芸術を代表する画家たちが、競うようにしてポンパドゥール夫人の肖像画を描いています。

豪華なドレスに身を包み、美しい目、輝くような白い肌が特徴的で、読書家らしく手には本を持ってくつろいでいる姿は優雅です。

画家の絵心をそそるような、時代を代表する美人だったのですね。

ポンパドゥール夫人は20年の寵姫生活で、かなりの浪費をしたことでも有名です。

ブルジョアの出身のせいか、宝石などよりも城館をあちこちに所有し、凝った内装で飾り立てていました。

マリー・アントワネットが好んだ、あのプチ・トリアノン宮も、ルイ15世がポンパドゥール夫人のために建てさせたもので、現在はフランス大統領の住まいでもあるエリゼ宮も、ポンパドゥール夫人の住まいのひとつでした。

文化というのは、お金は国庫から湯水のように使って、芸術家たちに仕事を与えて出来上がるのですね。

その他にも、サンシール陸軍士官学校を設立し、セーブルの陶器工場を保護して美しい陶器を作らせたのです。

また、実弟をイタリアへ行かせ芸術品について学ばせた後、ベルサイユ宮殿の王室造営物監督官に任命し、ベルサイユ宮殿の自分の住まいも思いどおりに改装したのでした。

ポンパドゥール様式と言われる家具類も

ポンパドゥール様式とはロココ調の飾り立てた家具類のことです。

ポンパドゥール夫人以前からあったのですが、ポンパドゥール夫人がたくさん作らせて型を確定したと言われています。

また、前髪を大きくふくらませ、高い位置でまとめるヘアスタイルのポンパドゥール型も、ポンパドゥール夫人が流行させたのですね。

玉の輿のその後

家族やお世話になった人に役職や利益を与えた

貴族ではないポンパドゥール夫人は、宮廷生活では頼る人がいないせいか、ルイ15世から与えられたベルサイユ宮殿の一郭、アパルトマンに、父のポワソンや弟なども呼び寄せていました。

言うまでもないですが、宮廷での言葉使いとかマナーは、裕福とはいえ一般市民とではかなり違います。

普通は身分違いでお里が知れるという意味で、身内と距離を置いたり縁を切ったりする人もいますよね。

だけど、ポンパドゥール夫人は、父が場違いな粗野な言動で人々の失笑を買っても、家族を大事にしたということです。

ポンパドゥール夫人は、人の悪口は言わず、言わせず、いつも相手に気を使ってにこやかに接するので、「平民の寵姫などけしからん」と言われていたけれど、だんだんと認められるようになってきたのでした。

そして、親代わりのトゥルネームを役職につけたり、父の後ろ盾のパリ兄弟のライバルを罷免したりして、身内に利益をもたらすこともしっかりと行いました。

もちろん、父と弟も貴族になって、領地をもらってしまいました。

ルイ15世の愛人におさまらず、政治にも介入

女性が政治に介入するというと、身内を出世させたり私利私欲を得ることで、誤った道をたどるとされがちですよね。

実際、歴史上にもそういう話はたくさんありますが、ロシアのエカチェリーナ2世といい、ポンパドゥール夫人といい、国を動かせるような知性や力量を持っていたからこそではと思うのです。

エカチェリーナ2世やポンパドゥール夫人が、現代に生まれていれば、堂々と選挙に出馬して政治家になったのでしょうが、この時代では、そういうわけにはいかなかったんです。

ポンパドゥール夫人は、ルイ15世に進言して、自分に敵対する宮廷人や大臣などを失脚させたり、自分の推薦する人たちを役人に取り立てただけでなく、どんどん政治に口を出すようになりました。

そして宮廷で親しくなった人たちとのコネを利用して、外交にも進言するようになったのです。

ポンパドゥール夫人について書かれた本から想像できるのは、ルイ15世は、あまり政治向きのことには熱心ではなかったとはいうものの、大臣たちが来ると、ポンパドゥール夫人は席を外さなければいけないのでしたが、

ポンパドゥール夫人はずっと大好きなルイ15世の側にいたい一心で席を外したくないと思い、政治向きの事も宮廷人たちから情報を仕入れて、ルイ15世に進言したのではないかということです。

ルイ15世も、ポンパドゥール夫人の進言が的を射ていると納得したのではないでしょうか。

なので、

ポンパドゥール夫人のアドバイスが必要になったので、大臣らとの政治向きの話にも、ポンパドール夫人を同席させるようになった
→ポンパドゥール夫人、ますます政治や外交に精通する
→ポンパドゥール夫人、席を外さないどころか、ルイ15世抜きでも政治家や外交官と重要な話の打ち合わせが出来るようになった。

ということではないかと想像できます。

後述したように、ポンパドゥール夫人が、ルイ王太子の2度目の妃にザクセン選帝侯の王女をと進めたのは、ベルサイユ宮殿に出入りしていたザクセン選帝侯の異母兄であるモーリス・ド・サックス(24歳でフランス軍に入隊して軍人として活躍し、後に元帥になった)と親しくなったからでした。

ポンパドゥール夫人は、持ち前の交渉上手を発揮して、この結婚に反対するマリー・レクザンスカ王妃を説得して承諾を得ましたし、ザクセン選帝侯のためにポーランド王位を追われた王妃の父が、ザクセン選帝侯にお祝いのメッセージを送るほどになったということです。

また、ポンパドゥール夫人は、当時行われていた7年戦争で、元来フランスとは仲が良くなかったオーストリアと同盟を結ぶという、画期的なことを成し遂げたのですが、これはオーストリアのカウニッツ伯爵(後のオーストリア宰相)が、フランスに大使として駐在していたときに、ポンパドゥール夫人と親しくなったために出来たことでしょう。

カウニッツの方も、外交官として赴任している国の情報通になれば、ルイ15世を動かすにはポンパドゥール夫人に気に入られることだと踏んでいたのかもしれません。

1756年にべルサイユ条約を結んでプロイセンを孤立させた、いわゆる外交革命はポンパドゥール夫人が、オーストリアのマリア・テレジア女帝、ロシアのエリザヴェータ女帝と通じて、プロイセンのフリードリヒ2世包囲網を結成したのでした。

これは、3人の女性君主(!)が行ったことで、3枚のペチコート作戦と呼ばれています。

ポンパドゥール夫人は、素人劇を催したり、教養ある会話でルイ15世や宮廷の人たちを楽しませただけでなく、宮廷での人間関係を政治や外交にも役立てるという、交渉術にもたけていたのでしょうね。

ルイ15世に他の女性たちを紹介する

ポンパドゥール夫人はあまり健康な体ではなく、寵姫としてのお務めは長く続かなかったようですが、その代わりにルイ15世に若い女性たちを次々と仲介し、「鹿苑」とか「鹿の園」と呼ばれる家に住まわせていた話は有名です。

ルイ14世は、正式の結婚で出来た子供でない庶子を全員調べると歴史家が挑戦したが、あまりに多すぎて断念したというほどでしたが、ルイ15世も60人を超える庶子がいたのです。

このことでポンパドゥール夫人は、マダム(娼館の主)のように言われ、風刺詩などでもかなりひどい扱いを受けたのでした。

ルイ15世の友人となる

寵姫と言えば、年をとって美貌が衰えたり、ちょっとした失言とかで国王の寵愛を失うと、まさにボロきれのように捨てられてしまうのですが、ポンパドゥール夫人は国王の友人として亡くなるまでその地位を保っていました。

それはやはりポンパドゥール夫人の才能や教養ある会話などの魅力、政治や外交にも発言する力があったからこそではと思います。

また、ポンパドゥール夫人は、ルイ14世の晩年の妻で、30年も連れ添ったマントノン夫人の書簡集などを読んで研究し、お手本にしていたということです。

ポンパドゥール夫人の晩年

ポンパドゥール夫人は体が丈夫でなく、それに大好きなルイ15世の愛を失うのではないかと常に心配していたようです。

また、周りがすべて敵のような宮廷でのストレスの多い生活を続けたせいか、病気がちとなって、43歳の若さでベルサイユ宮殿で亡くなりました。

王族以外の人間がベルサイユ宮殿で亡くなるのは許されないことだったので、ポンパドゥール夫人は死に瀕してよそへ移るといったのに、ルイ15世が承知しなかったのは、異例中の異例とされています。

ルイ15世は、雨の中、ポンパドゥール夫人の葬列を涙を流しながらテラスで見送り、「これが20年愛した女性に自分が出来る唯一のこと」と、言ったという話です。

参考文献 フランス女性の歴史2 君臨する女たち アラン・ドゥコー著
ポンパドール夫人 デュック・ド・カストル著

フランスの歴史を作った女たち 第5巻 ギイ・ブルトン著
ヴェルサイユの春秋 ジャック・ルヴロン著

ポンパドール夫人のエピソードからわかった!私にもできる玉の輿にのるためにするべき3つのこと

身分違いでもアピールせよ

ポンパドゥール夫人は、本来ならば国王の寵姫になるような階層の生まれではなかったのですが、自分から国王に近づき、持ち前の美貌と教養と社交術を駆使し、ルイ15世を魅了したのです。

これは、自分に自信を持った人にしかできないことなのではないでしょうか。

玉の輿を狙うためには、容姿を磨くと共に、教養をも身に付けることが大切です。

相手を楽しませる会話ができるようにして、かつ自分に自信を持って、自分を売り込むことも大事なのですね。

周りの人にも受け入れられるよう努力する

ポンパドゥール夫人は寵姫なので、ルイ15世の家族であるマリー・レクザンスカ王妃やその子供たちとは敵対者と言ってもいい位置にいるのですが、ポンパドゥール夫人は、マリー・レクザンスカ王妃に常に敬意と心使いを忘れずに、受け入れられるようにつとめました。

王妃の女官長になり、信仰あつい王妃にならって教会へも行き信仰を深めたということです。

また、ベルサイユ宮殿は子供の養育に向かないということで、ルイ15世の王女たちは修道院で養育されていたのですが、ポンパドゥール夫人は、王女たちをベルサイユ宮殿に住まわせるように進言し、ルイ15世とそのご一家を仲良くさせる仲介までしたのです。

とはいえ、ルイ15世の一人息子であるルイ王太子は、ポンパドゥール夫人を嫌っていました。

なので、王太子の最初の妃がお産で亡くなった後、ポンパドゥール夫人は、2度目の妃として、ポーランド王アウグスト3世兼ザクセン選帝侯フリードリヒ・アウグスト2世の娘、マリー=ジョゼフ・ド・サクス王女を強力に推薦したのです。

マリー・レクザンスカ王妃は反対しましたが、結局はこのマリー=ジョゼフ・ド・サクス王女が王太子妃となりました。

ザクセン選帝侯の父も、ザクセン大使も、このことでポンパドゥール夫人に感謝するようにと王女に言わざるを得ず、結婚後は王太子も妃の影響でポンパドゥール夫人に敬意を表するようになったということです。

これは現代の玉の輿ねらいの若い女性には、相手の男性を独占するのではなくて、相手の家族とも親しくするように努める方がうまくいく、将を射んとする者はまず馬を射よ、ということに当てはめて考えるといいのではと思います。

占いを信じ大きな目標にむけて並々ならぬ教養をつける

ポンパドゥール夫人は、修道院に預けられていた9歳の頃、占い師に見てもらったようです。
後にルイ15世の寵姫になると予言したそうで、まさに寵姫になった後、その占い師にお金を払った記録があるのですね。

夫のデティオルにも、「自分は貞淑な妻になるけれど、相手が王様ならわからないですわ」と、言っていたという話もあります。

美貌ではあったけれど、身分違いのポンパドゥール夫人にとって、ルイ15世の寵姫になるのは究極の目標だったはずですが、現代の玉の輿を目指す女性も、まさかと思う大きな夢、目標を掲げてがんばると叶うかもしれないということですね。

この時代の女性は、あまり教育が重視されず、ルイ15世の王女ルイ―ズですら、12歳になってもアルファベットを知らなかったとか、今も残る有名な女性たちの手紙には、いくつもスペルの間違いがある(フランス語は発音しないアルファベットが多くてスペルが難しすぎですけどね)というほどなのですが、そういうなかで、ポンパドゥール夫人は、色々な教育を受け、自分でも多くの本を読み、ヴォルテールと哲学について語ることが出来たほどの並々ならぬ教養を持っていました。

その並々ならぬ教養を武器に、ルイ15世の愛情を勝ち取り、さらには政治に介入し、戦争を起こし、外国と条約を結ぶなどの大仕事までやってのけたポンパドゥール夫人は、偉大な歴史上の女性であることに間違いないでしょう。