彼氏の職業が不安

郵便局員の彼氏と結婚しても大丈夫?低収入な男性を結婚相手に選んで苦労したこと3つ

なお(30代)主婦
なお(30代)主婦
こんにちは。私は郵便局員の低収入な彼氏と結婚して苦労をしています。

郵便局員の彼氏と結婚しても大丈夫かな」と悩んでいる女性は多いのではないでしょうか。

交際中の彼氏が郵便局員で、このまま付き合って結婚してもいのかな、と不安になるときはありますよね。

郵便局員って、職場は有名だし、いい給料かなと思っていましたが、実際は違いました。
結婚したらお金は十分あって、裕福までいかなくても、それなりのいい生活ができると思ってましたが、実際のところは苦労の連続でした。

郵便局員の彼氏(年収300万以下)と結婚して苦労している私の体験談をお話していきます。

人生の選択を間違えないために
ミサキ
ミサキ
郵便局員の彼氏との結婚生活が不安な人は、他の結婚相手の可能性を探ってみましょう。

他の結婚相手の可能性を考えてみると、視野が広くなって、客観的に郵便局員との彼氏との結婚を考えられるようになります。

↓他の結婚相手の可能性を探る方法↓

郵便局員の低収入な彼氏と出会ったきっかけや場所

なお(30代)主婦
なお(30代)主婦
郵便局員の彼氏とは、郵便局の窓口で出会いました。

私が客として何回か郵便局を訪れているうちに、だんだんと顔なじみになり雑談をすることも多くなりました。

あるとき彼の方から、相談ごとがあるから郵便局の仕事終わりに会えないかとコッソリと誘われました。

私はいつも郵便局にいけば彼と会えるのが嬉しかったし、彼が気になる存在になってきていたので、誘われたのがかなり嬉しくて舞いあがってしまいました。

2人で初めて郵便局外で会った時は、相談内容については忘れましたが、彼の相談ごと以外の話で盛りあがり、話は尽きず、あっという間に時間が過ぎていきました。

その後もたびたび会うようになり、郵便局員の彼から告白をされお付き合いを始めました。

郵便局員の彼氏との交際は順調で、付き合って2年して結婚することになりました。

郵便局員の低収入な彼氏と結婚して苦労したこと

なお(30代)主婦
なお(30代)主婦
郵便局員の彼氏の給料があまり良くないのは、結婚してから知りました。

正社員の郵便局員であれば給料は十分もらえるのでしょうが、彼は正社員でないので年収が低いのです。

郵便局員の低収入な彼氏と結婚して苦労したことはたくさんありますが、特につらかったのは次の3つのことです。

海外挙式・海外への新婚旅行ができない

郵便局員の彼氏と結婚してツラかった1つ目は、海外で結婚式をあげられなかったこと・海外への新婚旅行ができなかったことです。

海外挙式や海外への新婚旅行にずっとあこがれていたので、結婚が決まったときには、てっきり海外に行くと思い込んでいました。

何の疑問ももたず、意気揚々とパスポートの名義変更をしたのですが、お金が足りなくて海外に行けないことがわかり、パスポートは1度も使わずに10年の期限が切れてしまい、結局ムダに手数料を支払っただけでした。

予算の都合上、結婚式は近場で挙げて新婚旅行も国内の近場で済ませました。

新婚旅行で海外にいったり、海外挙式をした友人らの写真を見せてもらうたびに、うらやましく思い、自分は海外に行けなかった残念な気持ちを何年も引きずっていました。

将来家計に余裕ができたときに海外旅行したいと願っています。

まったく貯金ができない

郵便局員の彼氏と結婚して苦労した2つ目は、まったく貯金ができないことです。

特に子どもが生まれてからは出費がかさみ、生活はさらに厳しくなりました。

子どもを保育園に預けて私も働けばと思いますが、保育料が高いのでためらう気持ちもあり、そして地域の保育園は空きがないので働けずにいます。

貯金ができないどころか、毎月赤字なのでボーナスで補填したり、私の独身時代の貯金を少しずつ切り崩したりしている状態です。

オムツなどのベビー用品も痛い出費でしたし、子どもはどんどん大きくなり、洋服や靴もすぐサイズアウトするため次々に購入しなくてはなりません。

主人と私の洋服や趣味のものは一切買わなくなりましたが、ムダな買い物をしていないのに貯金ができず、最近では「貯金をしよう」という意識すらなくなってきました。

子どもにお金をかけられない

郵便局員の彼氏と結婚して苦労した3つ目は、子どもにお金がかけられないことです。

子どもが動き回る年齢になり、いろいろな場所に連れていってあげたいところですが、そのお金を出す余裕がありません。

子どもは、遊園地・旅行・コンサートなどに行った友だちの話を聞くようで、どこにも行ってない子どもがかわいそうで仕方ありません。

うちも他の家庭のように子どもをどこかに連れていってあげたいですが、お金がかかることを考えるとどうしても行けなくて、結局いつも訪れるのは公園ぐらいです。

また、まわりには習い事をし始めている子もたくさんいる中、何も習わせてあげられないのが子どもに申し訳ないといつも思っています。

私が働けるようになったら、好きな習い事をさせてあげたいです。

郵便局員の低収入な彼氏との結婚を迷っている人へのメッセージ

なお(30代)主婦
なお(30代)主婦
好きな人と結婚し、家族として一緒にいられるのは幸せなことです。

とはいえ、収入が少ないと苦労します。

少しぐらい給料が少なくても、夫婦2人だけの時はまだ良いです。

子どもが生まれてからは、お金がなくてガマンすることがたくさんあります。

子どもに好きなものを買ってあげられないし、マイホーム購入の見通しもたたないし、幼い子どもと一緒にいたくても自分も働かなければ生活していけません。

まわりの人は結婚したら当然のようにマイホームを建て、家族旅行に出かけている中で、うちだけガマンを強いられるのは正直しんどいときもあります。

郵便局員の彼氏と結婚するなら、結婚した5年後、10年後の生活をしっかりシミュレーションして、お金の準備を計画的にしておいたほうがいいと思います。

ミサキ
ミサキ
なおさん、ありがとうございました。

郵便局員の彼氏との結婚生活を想像してみよう

ミサキ
ミサキ
郵便局員の低収入な彼氏と結婚したら、とても苦労しそうですね。

彼氏との結婚を考えるなら、まずは郵便局員の彼氏の年収を確認してみましょう。

郵便局員でしっかり稼いでいる人もいます。
なので、あなたの彼氏は結婚して苦労しない十分な給料をもらっているかもしれません。

でももしも「結婚後の生活が厳しいかも」と思うほどの低年収であれば、郵便局員の彼と結婚するなら共働きで家計を支える覚悟をする必要があります。

フルタイムで働いて、家事育児もこなして、家計も助ける覚悟が必要です。

フルタイムで働いていても、女性は妊娠・出産・育児のために休まなければならない時期が出てきます。

小さな子どもを抱えて働くのは、想像以上に大変です。

急な病気で仕事を休まなければならないことも出てくるでしょう。

家事・育児を手伝ってくれる彼氏ならいいですが、家事育児の負担はたいてい女性にしわ寄せが来ます。

毎日の生活に必死になり、おたがいへの愛情が薄れてしまうカップルも少なくありません。

「そんなの嫌!」という人でも、結婚前の今ならまだ間に合います。

マッチングアプリで他の結婚相手の可能性を探るのもひとつの方法

ミサキ
ミサキ
もしも郵便局員の彼氏との結婚に不安を抱えているなら、他の結婚相手の可能性を探るのも一つの方法です。

結婚する前の今なら、まだ結婚相手の可能性は無限大です。

郵便局員の彼氏だけにとらわれずに、視野を広くもって、もっと結婚にふさわしい相手がいないか探してみるのは自由です。

他にいい人がいないか探してみたら、「やっぱり今の彼氏がいちばん」と気づくこともあるでしょう。

今の彼氏がいちばん、と分かれば、結婚生活で大変なことがあっても覚悟をもって乗り越えられるでしょう。

他の結婚相手の可能性は、マッチングアプリでカンタンに探せます。

マッチングアプリのいいところは、誰にも知られずコッソリ利用できること。

そして、年収や職業から異性を探せるので、最初からスペックの高い人をターゲットにアプローチできるところです。

年収を知った上で交際がスタートするので、仲が深まって結婚の話が出ても、迷うことなく結婚を選べます。

ミサキ
ミサキ
マッチングアプリを使うならペアーズが使いやすく、誰にもバレずにコッソリ使えます。

しかも女性は無料で使えます。

  • 女性は無料
  • コッソリ使える
  • 年収・職業から相手を探せる
  • 同じ趣味の人を見つけやすい
  • 利用登録者数1,000万人超えのトップクラス
  • アプリ内ビデオデート機能あり

ペアーズはanan・東洋経済などの雑誌やメディアにも取り上げられたことのある、超有名なマッチングアプリです。

知名度抜群なだけあって1,000万人~もの利用者がいるので、自分の好みの異性を見つけやすいアプリとしても知られています。

 

ペアーズでは、年収や職業から異性を探せます。
なので、公務員・大企業勤務の安定収入のある人や、年収600万円~の人など、すぐに見つけられます。

だから、結婚しても生活に不自由しない恋人候補と出会えるでしょう。

実際に、公務員・大企業勤務・年収600万円~の男性会員は、最大表示数の9,999人~もペアーズにはいます。

さらに、年齢・居住地・身長・タバコなどの条件を追加しても、たくさんの男性会員がヒットするでしょう。

結婚しても不自由しない、自分好みの恋人候補が探せるのがペアーズなのです。

 

検索前の利用登録は、わずか1分ほどでカンタンに終わります。
ちなみに、ペアーズのはじめかた(会員登録方法)は、次の4種類です。

  • Facebook…Facebookの友達はお互いに表示されない
  • Apple Id
  • 電話番号…本人確認のSMSがくる
  • メールアドレス…本人確認の認証コードがくる

どの方法でも本人確認のために利用されるだけなので、どれを選んでも大丈夫です。

Facebookの友達にバレたくなければ、Facebook登録を選びましょう。

どの登録方法でも、ニックネーム表示で本名は出ません。
顔バレしないプロフィール写真にすれば、知り合いに利用がバレることはありません。

 

結婚しても苦労しない恋人を探すのに最適なペアーズですが、ひとつメリットをあげると、プロフィールは自己申告、ということです。

プロフィールはうのみにせず、大事なところは仲を深めつつ、確認したほうが良いでしょう。

とはいえ、女性は完全無料で1,000万人~もの会員の中から恋人候補を探せるので、コスパは高いと言えます。

プロフィールに真実を書いている人もいます。
24時間365日の監視体制もあります。

注意しながら上手に利用すれば、ペアーズほどお相手探しに便利なツールはありません。
結婚相談所なら真剣に結婚相手を探している人と出会えますが、年間20万~60万円の費用がかかります。

 

結婚前の今が最後のチャンスです。

今の生活に悩んでいるなら、自分から動かなければ生活は変わりません。
他の結婚相手の可能性を知りたければ、自分から出会いをさがしに行きましょう。

出会いの可能性はペアーズにあります。
後は、自分好みの人がいるか、使いながら確認してみるだけです。

使ってみたら、自分好みで、結婚しても生活に困らない男性との出会いのチャンスが待っています。
もしくは、「やっぱり今の彼氏が一番」、と彼氏への愛情を再確認するかもしれません。

ですが、何もしなければ、郵便局員の彼氏との将来に悩む日々がこれから先も続いていくでしょう。

 

女性は完全無料で使えます。
どんな男性会員がいるのか、気軽にのぞいてみてはいかがでしょうか。

この「のぞき見」が、人生を変える、運命の出会いにつながるかもしれません!

\女性は無料/
今すぐ会員をチェック

ニックネーム表示で本名は出ないため、知り合いにバレずに使えます。

絶対に玉の輿にのりたい人必見!人生を変える出会いがみつかる結婚相談所⇒⇒⇒
厳選!結婚相談所
玉の輿にのりたい人の結婚相談所