職業で出会う

パティシエの彼氏と結婚しても大丈夫?低収入な男性を結婚相手に選んで苦労したこと3つ

ぴょんぴょん(50代)デザイナー
ぴょんぴょん(50代)デザイナー
こんにちは。私はパティシエの低収入な彼氏と結婚して苦労しています。

「パティシエの彼氏とこのまま結婚してもいいのかな」と疑問に思ったり不安を感じている人もいるのではないでしょうか。

パティシエの低収入男性(年収200万以下)と結婚をして苦労した私の体験をおはなししていきます。

パティシエの彼氏と出会ったきっかけや場所

パティシエの彼氏とは同じデザイン専門学校の同級生でした。

彼の実家は老舗のお菓子屋さんでしたが、彼はお菓子屋さんの後を継がないつもりでデザイン系の専門学校にはいりました。

彼とはデザイナーを目指す仲間として友達になり、自然な流れで交際が始まりました。

専門学校でデザインを学んでいる期間に、実家で親のこと、商売のことを身をもって感じる何かがあったのか、専門学校卒業後の彼は、実家を継ぐために、思いを新たにパティシエの修行にいくことになりました。

修行期間は8年間と長く、その間は給料もとても安くて親からの仕送りもあったようです。

ようやく修行が終わると彼は実家に戻り、専門学校時代からずっと付き合ってた私たちは結婚しました。

結婚後も彼は実家の老舗のお菓子屋さんで仕事を続けていましたが、商売に対しての目指す方向に身内とズレが生じたため、結局は実家を出てほかの地に店を構える事になりました。

パティシエの彼氏と結婚して苦労したこと

パティシエの彼氏との結婚生活はたいへんでした。

自分の店をだしたのですが、なかなか売り上げもあがらず、結婚生活も経済的な苦労が大きかったです。

パティシエの彼氏と結婚して、特に苦労したのは次の3つのことでした。

不妊治療に踏み切れない

パティシエの彼氏と結婚して特に苦労した1つめは、不妊治療に踏み切れなかったことです。

パティシエの彼氏との結婚後も、なかなか子どもができなかったので、年齢的な事を考えると早めに不妊治療をしたほうが良いと思いました。

でも、不妊治療は高額なため、パティシエの収入では簡単に不妊治療を始める決心はできませんでした。

いくつか病院を変えてみたり有名な先生を探してみたりしました。

人によっては「新車が買えるぐらい不妊治療費をつぎ込んだ」という話もきいていたので、最新の不妊治療を受けたいと思っても、先の見えない治療をはじめる決心ができませんでした。

子どもを持つのを諦めようか悩んでいたときにひょっこり自然妊娠できたので、本当に嬉しかったです。

でも、もうひとり子どもが欲しいという願いは、年齢的なこともありましたが、金銭的に難しくて叶えられませんでした。

「もっと早く不妊治療に通えてたらもう一人産めたのかな?」と今でもたまに思ったりします。

他の家庭との格差に引け目を感じる

パティシエの彼氏と結婚して特に苦労した2つめは、ほかの家庭との格差に引けめを感じたことです。

子どもが学校に入ったときにたまたま住んでいた学区のエリアは、わりと高学歴で裕福な方々が多く住んでいるところだったので大変でした。

「〇〇くんの家にはこんなおもちゃがたくさんあるよ」とか「いままでに何回もハワイに行ったことがある友達がいる」とか「友達の家にはルンバが2台ある」などなど。

やはり子どもの目には友達の家がうらやましく見えるようでした。

実際うちは所得の少ない家庭でしたので、「就学援助」という援助を受ける対象でした。

だから給食費や教材や、校外学習費など無料だったのです。

入学援助の対象にもなり、入学用品を揃えるための費用も市から援助されていました。

修学援助を受けていることは誰にも言わずにいましたが、それでも他の家庭に引けめを感じてしまうことも多く、肩身も狭く感じていました。

子どもには就学援助のお世話になっている事を隠していました。

住宅ローンの審査がなかなか通らない

パティシエの彼氏と結婚して特に苦労した3つめは、住宅ローンの審査がなかなか通らなかったことです。

自宅を購入するときに、銀行の住宅ローンの申請をしてもたくさんの銀行に断られました。

中古住宅で、よそのお宅に比べれば半額ぐらいの販売価格でしたが、

手持ちの貯金も少なく、年収も低く、自分の店を持ってからの売り上げの審査が厳しくてローン審査がなかなか通らないようでした。

担当の営業の方がとても熱心で、必死に銀行をあたったりと本当に親身になってくださいました。

その甲斐あってようやくひとつだけ審査の通った銀行があり、なんとか中古の住宅を購入することができました。

購入するのにギリギリだったので、中古住宅をリフォームするお金もほとんどなく、生活に必要な最低限のリフォームだけですませました。

パティシエの彼氏と結婚しようか迷っている人へのメッセージ

若いうちは「お金がなくても大丈夫!」と思いがちですが、実際はお金がないとかなり厳しいし生活が大変です。

パティシエの彼氏の収入が低くても、共働きで働いて生活が成り立つのであれば、二人で協力すれば家事も育児ものりきれると思います。

結婚前に家事や育児の手伝いをしてもらえるのか、ちゃんと話し合ったほうが良いです。

パティシエの彼氏が若いうちはまだ収入が少ないかもしれませんが、やがて収入がアップする可能性も大きいので希望をもって頑張りましょう。

ミサキ
ミサキ
ありがとうございました。

少しでも結婚に違和感を感じた今が最後のチャンスかも

ミサキ
ミサキ
パティシエの低収入な彼氏と結婚したら苦労しそうですね。
ネコ先生
ネコ先生
今の彼氏がパティシエならば、まずは彼氏の年収を確認してみましょう。

パティシエがすべて低収入とは限りませんので、あなたの彼氏は結婚しても苦労しない十分な収入があるかもしれません。

でももしも、パティシエの彼氏が低収入で貯金もない場合は、一度結婚を考え直した方がいいかもしれません。

ネコ先生
ネコ先生
自分が幸せになるためにマッチングアプリペアーズで新しい彼氏・他の結婚相手候補を探してみるのもひとつの方法です。

  • 累計登録者1,000万人超えの利用者トップクラスのマッチングアプリ
  • 職業から安定した収入のある異性を探しやすい
  • 女性は無料
  • アプリ内ビデオデート機能追加

ペアーズを使えば、スマホで隙間時間に新しい出会いを探すことができます。

ペアーズはプロフィール検索で職業からお相手を探すこともできるので、安定した収入の職業の人の中から結婚相手候補をさがせば苦労しない結婚生活をおくれるでしょう。

女性は無料なので、ペアーズを使わないでパティシエの彼氏と結婚したら「もっといい人がいたのではないか」と後悔するかもしれません。

結婚に後悔していたら、パティシエの彼氏との結婚生活が大変なときに彼への恨みつらみしか出てきません。

ペアーズは利用者トップクラスのマッチングアプリなので、ペアーズにいい人がいなかったらこの世の中にはパティシエアの今彼よりいい人はいないのです。

自信をもってパティシエの彼氏と結婚できます。

パティシエの彼氏と納得して結婚していれば、金銭面で苦労する結婚生活だとしても、腹をくくって一緒にがんばれます。

ペアーズをつかって、納得のいく結婚をしませんか。

ペアーズで後悔しない結婚相手を探す⇒

ネコ先生
ネコ先生
「いやいや、彼氏がいるのにマッチングアプリなんて使えないよ」という人は、恋愛相談・人生相談のプロに相談して悩みを解決しましょう。

恋愛相談・人生相談のプロは次のところで紹介していきます。

パティシエの彼氏との結婚に迷う人はプロに相談して解決できる

パティシエの彼氏との結婚に迷ってたり、彼氏との関係で悩んでいるなら、相談して解決する方法があります。

悩んでいることは人に相談するだけで半分以上は解決する、といわれています。

でも、相談する人を間違えると、自分の想いに共感してもらえなかったり、適当なアドバイスをされて傷つくこともあります。

悩みを解決したかったら、相談ごとのプロに頼るのがいちばんです。

誰でもいつでも悩みを打ち明けられる、恋愛相談・人生相談のプロは【電話占いヴェルニ】にいます。

電話占いヴェルニ「あの人の気持ちを当てる」全国の有名占い師が集結
  • 「電話占い」という名前の【電話相談窓口】
  • AM9:00-AM5:00でいつでも相談できる
  • 電話だけじゃなくメールでも相談できる
  • 初回登録で最大2,500円分のポイントがもらえる

ヴェルニでは「占い」と呼ばれていますが、恋愛や人生について相談ができる【相談窓口】です。

占い師(相談相手)は、自分と似た悩みを持つ人の口コミ・レビューからカンタンに探せます。

ヴェルニでは、例えば次のような「結婚の相談に強い占い師(相談相手)」がいます。

相談した人の口コミ・レビューはつぎのとおりです。

相談すると自分の頭の中が整理されるので、話だけで気持ちがスッキリしたり、次にすすむヒントがみつけられたりします。

ヴェルニでは通話料はかかりません。

相談料金はかかりますが、初回登録で最大2,500円分のポイントがもらえますし、先払い方式をえらべば後から請求されることはありません。
無料ポイント分だけ使っておしまいにすることもできます。

もしも占いに苦手意識がある人は、無料分だけためしにつかってみてはいかがでしょうか。

相談相手は何十人、何百人の悩みを聞いてアドバイスしてきた人なので、悩みに共感してくれ、相談者のツラい気持ちを癒し、元気にさせてくれるすべを持っていることは確かです。

若い女性の貴重な時間を、悩み続けてムダにしていてはもったいないです。

早めに相談して、今日よりも気持ちがはれた明日を迎えてください。

パティシエの彼氏との結婚を相談