Match(マッチ・ドットコム)

マッチドットコムのプロフィール写真どうしたらいい?彼氏をつくる3つのコツ【Match】

みほ(30代)広告代理店
みほ(30代)広告代理店
こんにちは!私はMatch(マッチ・ドットコム)で彼氏ができました。

私がMatch(マッチ・ドットコム)で彼氏ができたのは、プロフィール写真にこだわったからだと思います。

彼氏ができた私がやった、プロフィール写真の3つのコツについてお話していきます。

こんな悩みはありませんか?

「いい人が見つからない」
「メッセージが続かない」
「プロフィールは嘘だった」
「1年以内に結婚したい」

上のようにマッチングアプリに疲れた人、そろそろ本気を出したい人は、アプリより結婚相談所があっているかも

「自分にぴったりの結婚相談所」は結婚相談所の紹介サービス(無料)でカンタンにわかります。

婚活のプロに、婚活の悩み相談もできますよ。

日本結婚相談所連盟の結婚相談所紹介1分でカンタン申し込み
紹介は電話で手軽・気楽
希望にあう1社がわかる

電話の希望日時は指示できます
無料紹介だけで入会しなくても大丈夫

Match(マッチ・ドットコム)を利用したきっかけ

みほ(30代)広告代理店
みほ(30代)広告代理店
Match(マッチ・ドットコム)を使い始めたきっかけは、普段では出会えない人と出会えそうだと思ったからです。

Match(マッチ・ドットコム)は、私にとって3つめの婚活サービスでした。

先に使っていた婚活サイトでは良い人との出会いがありませんでした。
そして、日常で会えるような人との出会いしかないのが不満でした。

当時、真剣に婚活はしていましたが、自分にとってどんな人が理想なのか、理想のパートナー像を固めきれていませんでした。

少し視野を広げて真剣な婚活むけ、そして婚姻歴のある会員も多いという口コミがあったMatch(マッチ・ドットコム)を使ってみることにしました。

これまで会ったことのない、新しい人との出会いの可能性に期待し、Match(マッチ・ドットコムに登録することにしました。

彼氏ができる!プロフィール写真の3つのコツ

それではMatch(マッチ・ドットコム)で彼氏ができた私がやった、プロフィール写真の3つのコツについてお話していきます。

プロフィールは事実をしっかり書く

みほ(30代)広告代理店
みほ(30代)広告代理店
Match(マッチ・ドットコム)で彼氏をつくるための1つ目のコツは、事実をしっかり書くことです。

Match(マッチ・ドットコム)は、プロフィールに登録できる項目がとても細かいです。

初期登録のときに、メアドの登録に続いて、プロフィール登録の画面が続きます。

めんどうなら、適当に回答したり、スキップしたりもできます。

ですが、この細かいプロフィール登録をしっかりすれば、希望どおりの人とマッチングしやすくなることを忘れていはいけません。

 

盛る必要はありません。

プロフィールに事実をしっかりと書いていきましょう。

趣味の項目はもちろんのこと、最近読んだ本や好きなスポーツも、きちんと登録しておけば、共通の話題になり、異性からの興味をひいて出会いのきっかけになります。

ここで気をつけたいのは、会話が広がりそうなことを書くことです。

とはいえ、嘘はいけません。

 

本は、実際に読んだのは少し前だとしても、有名な作家さんにした方が良いです。

スポーツは、まったくしなくても、興味があるものを登録しておけば、男性との会話のきっかけをつかみやすくなります。

 

Match(マッチ・ドットコム)では、お酒が飲めるかも登録します。

「女性は飲めない方が可愛い」と考える人もいるかもしれません。

が、飲めた方が男性も誘いやすいので、お酒が好きなら素直に登録したほうが良いです。

写真は必ず載せる

みほ(30代)広告代理店
みほ(30代)広告代理店
Match(マッチ・ドットコム)で彼氏をつくるための2つ目のコツは、写真を必ず載せることです。

Match(マッチ・ドットコム)では、プロフィール写真の登録は必須ではありません。

しかし本気で婚活をするなら、写真は登録しましょう。

写真入れておかなければ、相手は判断材料を失います。

興味を持ってもらえないので、機会損失につながります。

 

メインの写真は、正面からはっきりと顔が写っているものでなければいけません。

恥ずかしいかもしれませんが、この第一印象がものを言います。

メインの写真は必ず載せてください。

 

笑顔の写真は、やはり好印象です。

自分の顔にあまり自信がない人こそ、思いっきり笑顔の写真を選ぶことをおすすめします。

 

「私は笑い顔がブサイクだから」と思う人もいるかもしれません。

ですが、楽しそうな写真は、それだけで明るい人をイメージさせます。

マイナスにはなりません。

 

大切なのは相手に「一緒にいたら楽しそう」と思ってもらうことです。

なので、恥ずかしがっていてはもったいないです。

自分のことを想像させるプロフィールと写真にする

みほ(30代)広告代理店
みほ(30代)広告代理店
Match(マッチ・ドットコム)で彼氏をつくるための3つ目のコツは、自分のことを想像させるプロフィールと写真にすることです。

プロフィール文も、写真も、心掛けるべきことは、相手に自分のことを想像させる材料を提供することです。

相手があなたのことを想像して「会ってみたい」と思うように、プロフィールは細かく登録していきます。

プロフィールを必要以上に隠すと、勝手にマイナスな想像をされて、声がかかりにくいです。

仮に会えても、想像とのギャップが悪い方に大きくなってしまうと、その後が続きません。

 

写真も同様です。

メイン写真1枚でも問題はありませんが、やはり写真1枚だけからは、あまり想像できません。

文字よりも画像の方が伝わることは多いです。

 

趣味の写真をのせることもできます。
アングルが悪くても、遠くても、充実した生活を送っているとわかる写真を載せましょう。

数枚写真を増やせば、自分のことを伝える情報が増え、より自分のことを良く知ってもらえます。

 

旅行の写真なら「一緒に行ってみたい」と思う人もいるでしょう。

友達と遊んでいる写真なら「社交性がありそう」と想像できます。

このように、どんな人かのイメージを膨らませられるのです。

これからMatch(マッチ・ドットコム)で交際相手を見つけたい人へ

みほ(30代)広告代理店
みほ(30代)広告代理店
ぜひ、紹介したプロフィール写真のコツを試してみてください!

Match(マッチ・ドットコム)は本当にいろいろな人がいます。

出会いの可能性を広げたい人、真剣に婚活したい人にはおすすめです。

 

他のマッチングサイトは、自分と似た恋人をさがすには適していますが、おもしろみに欠けます。

 

ですが、Match(マッチ・ドットコム)は良くも悪くも意外な人との出会いが望めます。

漠然とした結婚観しか持てていない、婚活初心者には勉強にもなるでしょう。

自分でも気が付いていなかった「本当に相性の良い人」が見えてきます。

 

すでに結婚観は固まっている人、人生経験が豊かな人と会いたい人、こだわりの相手を探したい人は、なおのことMatch(マッチ・ドットコム)をおすすめします。

ミサキ(管理人)
ミサキ(管理人)
みほさんありがとうございました。

Match(マッチドットコム)の口コミを確認する⇒

Match(マッチ・ドットコム)がうまくいかない人におすすめマッチングアプリ

ミサキ(管理人)
ミサキ(管理人)
Match(マッチ・ドットコム)のプロフィール写真のコツは、すぐに試してみましょう。

それでもどうしてもMatch(マッチ・ドットコム)での活動がうまくいかない、という人は、他のマッチングアプリも試してみましょう。

なぜなら、うまくいかないのは、Match(マッチ・ドットコム)があってないだけかもしれないからです。

アプリを変えてみたら、すんなりパートナーと出会えた、というケースはたくさんあります。

ミサキ(管理人)
ミサキ(管理人)
20代・30代と出会いたい、真剣に婚活する人のマッチングアプリは、ゼクシィ縁結びです。

ゼクシィ縁結びの口コミを確認する⇒

ミサキ(管理人)
ミサキ(管理人)
会員数がトップクラスなのは、ペアーズです。
恋人さがしの人もいますが、会員数が多いので、自分の好みの人を見つけやすいです。

ペアーズの口コミを確認する⇒

こんな悩みはありませんか?

「いい人が見つからない」
「メッセージが続かない」
「プロフィールは嘘だった」
「1年以内に結婚したい」

上のようにマッチングアプリに疲れた人、そろそろ本気を出したい人は、アプリより結婚相談所があっているかも

「自分にぴったりの結婚相談所」は結婚相談所の紹介サービス(無料)でカンタンにわかります。

婚活のプロに、婚活の悩み相談もできますよ。

日本結婚相談所連盟の結婚相談所紹介1分でカンタン申し込み
紹介は電話で手軽・気楽
希望にあう1社がわかる

電話の希望日時は指示できます
無料紹介だけで入会しなくても大丈夫