その他の悩み

彼氏が既婚者だったと発覚!訴える?離婚してもらう方法や別れ方について

ネコ先生
ネコ先生
こんにちは!玉の輿専門学校のネコ先生です。

「彼氏が既婚者だった」と衝撃の事実が発覚した女性もいるのではないでしょうか。

独身だと信じて付き合っていたのに、実は彼氏は既婚者だったおいう事実で頭が真っ白になっている人もいるかもしれません。

この記事では、彼氏が既婚者だったと発覚した人がすべきことについてまとめてみました。

彼氏が既婚者だった!

彼氏が既婚者だとわかったら、すぐ別れましょう。

「妻とは別れるつもりだった」「もうすぐ離婚するから待って」というのは浮気男性の常套句です。騙されてはいけません。

そもそも誠実な男性であれば、妻がいるのに別で彼女を作ることはありません。

自分だけを大切にしてくれる男性を結婚相談所で探しましょう。自分にあった結婚相談所を調べる⇒

彼氏が「既婚者かも」と疑う人の調べ方

彼氏がもしかしたら既婚者かも、と怪しがっている人は、興信所で調べてもらうのが一番です。

彼氏が既婚者だったら

彼氏が既婚者でも付き合いたい?

彼氏が既婚者だとわかったら、すぐに別れましょう。

既婚者だとわかった後でも関係を続けていたら、逆に彼の妻から訴えられてしまう可能性もあります。

彼が既婚者だと知らずに付き合っていたなら自分は被害者ですが、既婚者だと知っているのに付き合っていたのであれば自分も加害者になってしまうのです。

既婚者だった彼氏に離婚してもらう

どうしても既婚者だった彼氏のことが好きなので、今の妻とは離婚してもらって自分のところに来てほしい、という人もいるかもしれません。

その場合は、既婚者の彼氏が正式に離婚するまで絶対に会ってはいけません。

正式に離婚したら、独身証明書をもって私のところに来て。そしたらやり直すことを考えてもいいけど、その時にはもしかしたら私は他の彼氏ができているかもしれない。本気で私のことを思っているならすぐに離婚できるよね?

と既婚者の彼氏にはっきり伝えて、彼氏の気持ちを試しましょう。

既婚者だった彼氏との別れ方

まんがいち、彼氏の妻から訴えられた時に、自分は彼氏が既婚者だったと知らなかったという証拠を残しておきましょう。

既婚者の彼氏との今までのLineも念のため残しておくのも一つの方法です。

別れ話を切り出すときも、音声を録音しておき、きちんと「私はあなたが独身者だと思っていた」「あなたが既婚者であることを隠していたからもう会いません」ということをハッキリと告げましょう。

既婚者だった彼氏を訴える

彼氏が既婚者だったと知った後に関係を持っていないことが大前提ですが、自分をだましていた既婚者の彼氏を訴えることも考えるかもしれません。

訴える場合は、別れ話を切り出す前に、まずは弁護士事務所に相談しましょう。

というのも、既婚者だということがばれると訴えられることを恐れて音信不通になってしまう男性が多いからです。

既婚者だった彼氏を訴える場合は、彼氏の家族も巻き込み、長期間にわたって彼氏と関わり続けるので精神的に辛くなる可能性もあります。

訴えた場合に慰謝料がとれるのか、リスクをとってまで訴えたいのかは最終的には自分で判断することになりますが、まずは専門家に相談するのが一番です。

既婚者だと最初から言わない男は最悪

彼氏が既婚者だとわかったことがショックかもしれません。

既婚者であることを隠して付き合っていたなんて誠実さのかけらもない男だったというわけで、既婚者だとわかったらショックで頭が真っ白になるでしょうが、とにかくすぐ別れるべきです。

ぐずぐずしていると既婚者の彼氏の妻から訴えられて、逆に慰謝料を払わなければならなくなります。

既婚者の彼氏に固執していないで、あなたひとりのことを好きになってくれて、大切に大切にしてくれる男性は他に必ずいます。

既婚者は絶対いない結婚相談所でしあわせな結婚を!

既婚者の彼氏と付き合って、時間を無駄にしてはいけません。

独身の彼氏を作りましょう。

独身証明書を提出する結婚相談所なら既婚者が入り込むことはまずありません。

ネコ先生
ネコ先生
自分にあった結婚相談所なら【ズバット】のサイトで簡単に見つけられますよ。

この【ズバット】のサイトからは、自分の生年月日と住所を入力するだけで、通いやすい結婚相談所がわかります。

そのまま資料を一括資料請求もできますので、手元で資料を見比べて選びたいという人には便利です。

結婚相談所は、結婚したい人しか会員にいませんので条件やフィーリングが合えばスピード婚も可能で、既婚者の彼氏と付き合った時間を取り返すこともできます。

実際に資料が手元に届くまで数日かかりますので、気になったらすぐに手続きだけでもしておくと最速で結婚相手を見つけられます。

自分にあった結婚相談所を調べる⇒