結婚相談所

仮交際の終了に予兆はある?交際終了の理由とは

「もしかして、仮交際が終わりそう?」
「仮交際の終了に予兆ってあるの?」

ここでは、仮交際の終了の予兆をまとめました。

希望どおりの結婚相談所はどこ?

「サポートの手厚い相談所は?」
「安い結婚相談所はどこ?」
「家から近い相談所はどこ?」

婚活のプロによる結婚相談所の紹介サービス(無料)を使うと、「結局どの結婚相談所がいいか」が具体的にわかります

利用する結婚相談所をほぼ決めていた人も、プロの紹介でもっと良い1社がみつかるかも。

日本結婚相談所連盟の結婚相談所紹介1分でカンタン申し込み
紹介は電話で手軽・気楽
希望にあう1社がわかる

電話の希望日時は指示できます
無料紹介だけで入会しなくても大丈夫

仮交際の終了する予兆とは

仮交際の終了する予兆とは、どのようなものがあるでしょうか。

連絡の頻度が減った

仮交際中、LINEや電話の頻度が減った場合、仮交際の終了する予兆かもしれません。

デート中に楽しそうでない

デート中に会話が弾まない、相手の笑顔が見えないときは、仮交際終了の予兆かもしれません。

次のデートの予定が決まらない

次のデートの予定が決まらないときは、仮交際終了の予兆かもしれません。

すぐにでも会いたい相手なら、デートのときに次の約束をして別れるものです。

仮交際の終了する理由とは

仮交際の終了する主な理由をあげました。

とはいえ、どれにあてはまるかは、担当者を通じて確認するのが確実です。

他の相手と真剣交際になった

他の仮交際中の相手と、真剣交際にすすむために、仮交際が終了することもあります。

婚活に集中できていない

仕事やほかのプライベートが忙しい、そもそも婚活することに疑問を持ち始めた、など婚活に集中できていない可能性もあります。

もしかしたら退会も視野に入れて、仮交際が終了になったのかもしれません。

結婚相手としてあわないと感じた

結婚相談所の仮交際は、恋愛とは異なり、シビアなもの。

全員が結婚をゴールとしているため、結婚相手としてあわないと感じたら、交際は終了してしまうものです。

  • 価値観が違う
  • 趣味があわない
  • 理想の結婚相手と異なる
  • 違いを受け入れられない
  • なんか違和感

などなど、いろいろな理由はあるものの、結婚生活がイメージできないと感じた結果が、仮交際終了なのでしょう。

まぎらわしい!仮交際の予兆に見える要因

  • ただのコミュニケーション不足
  • ただ仕事が忙しいだけ
  • ただ緊張しているだけ
  • 何かサプライズ的なものを隠すためによそよそしい

仮交際の終了する予兆かも、と思った態度でも、実はまったく違った…ということもあります。

そのため、仮交際の終了の予兆が見えたかも、と思ってひとりで悩むことは辞めましょう。

仮交際の終了する予兆が見えたときにできること

担当者に相談する

仮交際が終了する予兆が見えたときは、担当者に相談しましょう。

  • 相手の○○なところから、仮交際が終了する予兆が見えた
  • 自分は仮交際を終わらせたくない

ということを伝え、担当者を通じて、お相手の真意を確認しましょう。

 

第3者を通じて、お相手の気持ちを確かめられるのは、結婚相談所の強み。

もしかしたら、ただの思い違いかもしれません。

もしくは、コミュニケーションが苦手な人なだけかもしれません。

 

ひとりでモヤモヤと悩まず、なるべく早く担当者に相談しましょう。

仮交際が終了してしまったときは

気にしない

仮交際の終了は、よくあること。

そのため、気にしないのが一番です。

そもそも、結婚相談所の仮交際は相手を知る期間。

交際と名前はついているものの、お付き合いではなく、お試しの期間なのです。

真剣交際に進む前でよかったと思う

仮交際が終了してしまったのは残念ですが、真剣交際に進む前にわかってよかったと思いましょう。

仮交際終了よりも、真剣交際が終了したときのほうがショックは大きいはず。

ご縁がないことが早く判明したのはラッキーです。

次のお見合い相手を探す

次のお見合い相手を探しましょう。

何もしていないと、仮交際が終了した悲しみを引きづってしまいますが、その辛さを紛らわすためにも、新しい出会いを探しましょう。

次に生かす

担当者を通じて、仮交際終了の理由を教えてもらえるため、原因が自分になるなら次に生かしましょう。

とはいえ、仮交際終了の理由を、明確に教えてくれないかもしれません。

そのときは、担当者と相談しましょう。

今後はどのようしたら、仮交際から本交際にすすめるのか、異性によく思われるか、自分の魅力を伝えられるか、担当者からアドバイスをもらいましょう。

もっと良い出会いがあると信じる

次は、もっと良い出会いがあるはずです。

結婚相談所で成婚した人の中には、「その後に今のパートナーと出会えたので、あのときの仮交際がうまくいかなくてよかった」という人は多いです。

次はもっと良いご縁があるので、それを信じて前向きに活動を続けていきましょう。

うまくいく仮交際の過ごし方

たくさん話をしてお互いを知ろう

仮交際中は、たくさん話をしてお互いのことを知りましょう。

本交際へ進む告白のタイミングは?

本交際へと進むために、仮交際中に「結婚前提でお付き合いをしたい」という告白があります。

タイミングの目安として、

  • 仮交際をスタートしてから4~5回目のデート
  • 仮交際をスタートしてから1、2ヵ月

という期間がよくあげられますが、人によりそれぞれです。

結婚相談所に「本交際へと進みたい」と伝え、担当者を通じて自分の意志を伝える方法もあります。

ですが、お互いの気持ちを確認でき、気持ちが盛り上がるため、直接告白したほうがよいですよね。

できたら男性から告白された方が女性としては嬉しいもの。

そのため、なかなか本交際にすすまないな、とじれったく思ったら、担当者に相談しましょう。

希望どおりの結婚相談所はどこ?

「サポートの手厚い相談所は?」
「安い結婚相談所はどこ?」
「家から近い相談所はどこ?」

婚活のプロによる結婚相談所の紹介サービス(無料)を使うと、「結局どの結婚相談所がいいか」が具体的にわかります

利用する結婚相談所をほぼ決めていた人も、プロの紹介でもっと良い1社がみつかるかも。

日本結婚相談所連盟の結婚相談所紹介1分でカンタン申し込み
紹介は電話で手軽・気楽
希望にあう1社がわかる

電話の希望日時は指示できます
無料紹介だけで入会しなくても大丈夫