婚活ノウハウ

結婚相談所で年収の嘘ってある?本当は低い年収男性に騙されないための3つの方法

ネコ先生
ネコ先生
年収の確かな男性と結婚したいから、結婚相談所に入会している女性は多いです。

結婚相談所であれば相手男性の年収がわかるので、男性の年収にこだわって結婚相談所で結婚相手を探している人はたくさんいます。

でも結婚相談所の男性会員の中には年収に嘘をついている人も中に入るのでは?と疑問に思っている人もいるかもしれません。

この記事では、これから結婚相談所の入会を考えている女性むけに、結婚相談所の男性会員の中に年収を偽って嘘をつく人もいるのかについてまとめてみました。

婚活で相手男性の年収は気になる

ミサキ
ミサキ
結婚するならやっぱり年収が高い男性と結婚したいんです。
ネコ先生
ネコ先生
そうなんですね。結婚相手の年収が気になるという人はとても多いですよね。年収が気になるという人は、結婚相談所の利用がおすすめですよ。
ミサキ
ミサキ
そうなんですか。結婚相談所の男性の年収って確かなんですか?嘘をついている人とかいなんですかね?
ネコ先生
ネコ先生
もちろんですよ。年収証明の提出が必須の結婚相談所であれば嘘をつくことができませんし、結婚相談所では男性の年収は確実にわかりますよ。

結婚相談所のプロフィール年収に嘘はない

結婚相談所でのプロフィール年収は確実です。

例えば、婚活アプリの年収は自己申告なので、本当にその年収なのかかどうかは本人にしかわかりませんし、いくらでも嘘の年収にすることは可能です。

ただ、婚活アプリによっては年収証明を提出ができるところもあるため、もし婚活アプリを利用するなら、そのような相手の身元が確かにわかるシステムになっている婚活アプリを利用すると良いでしょう。

また、婚活パーティーでも、相手男性の年収が限定されているものがあります。

婚活パーティーでは、本人確認をしていても、年収がわかる証明書を提出しなければならないというところはないため、やっぱり年収の嘘をつくことはいくらでもできてしまいます。

でも、結婚相談所なら、基本的に入会時に年収証明書の提出が必須になっているので、結婚相談所で紹介される男性の年収に嘘は無いのです。

結婚相手に年収を求める場合の注意点

年収以外の男性の良さについても目を向けよう

男性の年収が気になるのは女性にとっては普通のことです。

結婚生活にはお金がかかってきますので、将来子どもができたことを考えると男性の年収が高いほうが安定した生活プラス余裕のある生活ができるからです。

でも男性の年収ばかりが気になって、一緒にいて幸せかどうか、フィーリングが合うか、お互いに尊敬しあえる関係かなど、年収以外でも幸せな結婚生活が続けられるポイントはたくさんあります。

男性の年収も大切ですが、年収以外の男性の良さについても目を向けると良好な関係を長く続けることができます。

日本の年収が高い男性の割合を知っておく

年収がどのくらいの男性を希望するかの基準は人それぞれですが、日本人の平均年収を知っておくと、高収入の男性がどのくらいいるのかということが把握できます。

厚生労働省のデータより、男性の年収の割合について円グラフを作ってみました。

参考:厚生労働省 平成29年賃金構造基本統計調査 結果の概況

このデータによると、年収600万円以上の男性は全体の12.3%しかいません。

この中には既婚男性も含まれますので、独身で年収600万円以上の男性の割合はもっと少なくなるのです。

高年収の男性は思ったより少ないということがわかるかと思いますし、自分が年収の高い男性と結婚できるのはむずかしいということがわかるのではないでしょうか。

高年収にこだわるなら年齢の上限をあげる

もしも結婚相手が高年収であることにこだわるのであれば、その他の条件については目をつむるという決断も必要です。

まれに20代でもかなり稼いでいる男性もいますが、そういう人は数が少ないので、出会えるチャンスはかなりわずかです。

日本では年功序列がまだ残っている会社が多いので、高年収の男性は20代よりも40代50代の人の方が多いことが一般的です。

「相手男性に高い年収を求め、さらに年齢は20代がいい」というように、年収以外の条件もたくさん求めるのであれば、その条件どおりの男性に出会うのはとても難しいです。

相手男性に条件を求めすぎると、なかなか結婚までたどりつけないまま年齢だけ重ねていって婚期を逃すというような残念な結果になる可能性が高いです。

年収にこだわって婚期を逃すことも

そもそも、希望どうりの年収の男性に出会えるかもわかりません。

高年収の男性はわずかしかいないのに、相手男性の年収額にこだわりすぎることで、婚期を逃すこともあるかもしれません。

相手男性に求める年収を高くしすぎると、条件に合った人に巡り合えずに婚活が長引くこともあります。

婚活が長引くと、途中でモチベーションが下がってしまったり、自分も年齢を重ねて婚期を逃してしまうこともあります。

結婚相談所で嘘の年収に騙されないための3つの方法

結婚相談所では嘘の年収に騙されることはほぼありませんが、それでも注意しておくに越したことはありません。

結婚相談所で年収の嘘に騙されないためにはどうしたらよいのでしょうか。

審査がゆるい結婚相談所には注意

結婚相談所では、入会のときに年収証明をはじめ独身証明などの各種書類を提出することがほとんどですが、中には入会の審査はありますが書類提出をしなくてもよいところもあります。

そのような入会の審査がゆるい結婚相談所は、年収の嘘をついている人が紛れ込んでいる可能性もあります。

年収証明などの書類の提出が必須のしっかりとした結婚相談所を選ぶようにすると、年収の嘘に騙されなずにすみます。

入会から時間がたっている人には注意

結婚相談所の入会から時間がたっている人の年収には注意したほうがいいかもしれません。

男性会員が嘘をついているつもりはなくても、結婚相談所に入会したときには年収が高かったのに降格・転職をして年収が下がっている可能性もあります。

入会が長い場合には再度年収証明を提出する必要がある結婚相談所を利用するか、もしくは結婚相談所のスタッフに相手男性の年収を改めて確認してもらうようにすると安心です。

スタッフに相談して味方につける

結婚相手にある程度の年収を求めるのであれば、必ず結婚相談所のスタッフに「年収が高い男性が第一です」と伝えておくことが大切です。

具体的に「年収○○円以上が希望」と明確に伝えることがポイントです。

結婚相談所のスタッフとしっかりコミュニケーションをとることで、自分の希望条件にそった男性を探してくれる相談所もあります。

もしかしたら「希望どおりの年収の男性はいません」とたしなめられて希望条件を見直すように言われたり、場合によっては「もっと希望年収をあげても大丈夫」などとアドバイスを受けるかもしれません。

どちらにせよ、自分に合ったアドバイスが受けられるので、より希望に沿ったお相手男性との出会いを促進させることができます。

このようなサポートがしっかりしている結婚相談所を利用するといいでしょう。

年収の嘘に騙されないために信頼できる結婚相談所を利用しよう

年収の嘘に騙されずに確かな男性と結婚したいのであれば、信頼できる結婚相談所を利用しましょう。

自分にピッタリ合った結婚相談所は、一括資料請求で探すことができます。

結婚相談所の一括資料請求をするなら「ズバット結婚サービス比較」がとても便利です。

この【ズバット結婚サービス比較】は、その人にあった最大10件までの結婚相談所を自動で選んで郵送してくれるので簡単に短時間で結婚相談所の情報を集めることができます。

また、【ズバット結婚サービス比較】では、会社名の入ってない封筒で結婚相談所の資料送付も可能なので、同居している家族に知られたくない人でも安心して利用できますし、もちろん資料請求は無料でできます。

資料請求した結婚相談所から後日電話がかかってくることもありますが、「資料を見るのはこれからで、利用を決めたらこちらから電話します」と言えばすぐに電話を切ることができますし、結婚相談所も断られるのは慣れているので気にしないで大丈夫です。

≫【ズバット結婚サービス比較】で自分に合った相談所を探してみる