未分類

結婚することは親孝行?義務感で婚活している人の陥りがちなワナと注意点

ネコ先生
ネコ先生
こんにちは!玉の輿専門学校のネコ先生です。

「親孝行のために結婚しようと思っている」という女性は多いかもしれません。

自分はのりきじゃないけれども「親を安心させるため」「孫の顔を見せてあげたいから」と自分のためではなく親を喜ばせるために義務感で婚活している人はたくさんいるのではないでしょうか。

この記事では、親孝行のために結婚しようとしている人の陥りがちなワナについてまとめてみました。

親孝行のために結婚するのはアリ?

親孝行のための結婚に疑問を持っていたり、婚活に不安がある人は相談してみましょう。

身近な人に相談できないようなことも相談に乗ってくれるのは電話占いのヴェルニです。

家にいながらすぐに相談できるのでわざわざ外出しなくてもいいのが便利です。

悩み解決・悩み相談のプロになら的確なアドバイスがもらえます。悩んでいる時間があったらすぐ相談したほうがスッキリできます。

結婚・婚活の悩みを相談する⇒

親孝行のために結婚しようかな

あまり結婚したいとは思えないんですけど、親孝行のために婚活しようかなと思っているんです。
ネコ先生
ネコ先生
そうなんですね。
はい。帰省するたびに「そろそろ結婚したら」とか「孫の顔が見られるか」とか言われ続けるので、親を安心させるために結婚したほうがいいのかなと思っていて。
ネコ先生
ネコ先生
なるほど。親孝行のために結婚をしようかと考える人は意外と多いですが、親のために婚活をしている人が陥りやすいワナがあるので注意が必要です。

親孝行のために結婚しようと婚活をしている人は意外と多いです。

親孝行のために結婚したい理由

「親孝行のために結婚したい」と考えている人は、次のような理由を持っている人が多いです。

親を安心させたいから

親孝行のために結婚したい人は、結婚して親を安心させたい、という理由があります。

親はいつでも子どもを心配するものなので、結婚したら次は子ども(妊娠)の心配をするでしょうし、親の心配はいつまでも続くものです。

孫の顔を見せたいから

親孝行のために結婚したい人は、孫の顔を見せたいから、という理由もあります。

親が高齢な場合に、親が元気なうちに孫の顔を見せたい、赤ちゃんの顔を見せたいという人もたくさんいるのではないでしょうか。

家を継ぎたいから

実家を継ぎたい、相続しなくてはならない土地があるから結婚したいという人もいることでしょう。

先祖代々うけついできた土地・農地がある人や、家業を継ぎたいという人もいるでしょう。

親孝行のために婚活している人の注意点

晩婚化が進み、親が子供の結婚を心配することも増えました。

親がお見合い話を持ってくる、という人もいるのではないでしょうか。

ですが、親孝行のために結婚しようと婚活している人がはまりがちなワナがあり、親のために結婚しようとしている人は気を付けなければなりません。

自分がどうしたいかが二の次になっている

親孝行のために結婚したい人が陥りやすいワナとして、自分の気持ちを無視して二の次になってしまっている可能性があるということです。

「親孝行のために結婚する」と決めて婚活している場合、自分も結婚したい気持ちはあるのでしょうか。

もしかしたら自分は結婚したくない気持ちを抱えていたり、もしくは本当は結婚したいと思ってはいないかもしれません。

親のために結婚しようと思っていたら、どんな人と結婚したらいいのかわからなくなって、婚活がうまく進まないという人もいるのではないでしょうか。

でも実際に結婚をするのは紛れもない自分自身です。

親孝行のためもあるかもしれませんが、自分にも結婚したい気持ちがあるのか自分自身に問いましょう。

まずは自分が幸せになることが一番の親孝行

親孝行のために結婚したとしても、結婚相手とうまくいかずに不幸になってしまうこともあります。

結婚相手とうまくいかないときに、自分で決めた結婚相手で愛情があれば「辛いことがあっても一時的に不仲になっても、関係を修繕していこう」と前向きになれます。

ですが、親孝行のために適当に決めた結婚相手だと、一度うまくいかないと関係改善をしようという気持ちになれないこともあります。

親孝行のために結婚しても、不幸せで辛い毎日になってしまったら、それでも親は喜んでくれるでしょうか。

自分が幸せになることが一番の親孝行だと言えます。

自分が幸せになる、という意識を大切にして、結婚相手を探しましょう。

婚活がつらくても辞められない

親孝行のために婚活している人の中には、婚活が辛くて嫌でも辞められない人もいるのではないでしょうか。

婚活が辛くても「親孝行のためだから」と我慢して婚活を続けてしまう、というワナに陥りやすいです。

婚活が辛かったら辞めてもいいんです。

結婚するのは親では無くて自分なんです。

婚活が辛かったら少しお休みしてみましょう。

自分の気持ちに正直になろう

親孝行のために結婚したいと婚活している人がいることは確かですが、自分の気持ちに正直になりましょう。

多くの人にとって結婚は一生に一度のことですし、人生の中で大きなライフイベントです。

親のために結婚することも大切ですが、親孝行のためよりも「自分のために」結婚しましょう。

自分が幸せになるために結婚しましょう。

自分が幸せになることが一番の親孝行だということを忘れないようにしましょう。