彼氏の職業が不安

スポーツ施設のインストラクターの彼氏と結婚しても大丈夫?低収入な男性を結婚相手に選んで苦労したこと3つ

サナ(30代)コールセンター勤務
サナ(30代)コールセンター勤務
こんにちは。コールセンターで働いているサナです。

私はスポーツインストラクターの彼氏と結婚しましたが、低収入で苦労をしています。

「スポーツインストラクターの彼氏と結婚しても大丈夫なのかな」と、彼氏との将来に不安を抱えている人もいるかもしれませんね。
それ、正解です。

ですが私は彼氏と結婚するときには、まったく不安は感じていませんでした。

むしろカッコイイ彼氏と結婚できることが嬉しくて、完全に舞い上がっていたのです。

結婚後、現実に気づいたときは悲惨でしたね。

スポーツインストラクターの彼氏(年収200万以下)と結婚して苦労した私の体験談をお話していきます。

彼氏との結婚に不安な人は
ネコ先生
ネコ先生
インストラクターの彼氏との結婚に不安な人は、他の結婚相手の可能性を探ってみましょう。

視野が広がって、客観的に彼氏との結婚を考えられるようになります。↓他の結婚相手の可能性を探る方法↓

スポーツ施設のインストラクターの彼氏と出会ったきっかけ

サナ(30代)コールセンター勤務
サナ(30代)コールセンター勤務
スポーツインストラクターの彼は、高校の同級生です。

彼とは、学生時代に1年ほど付き合っていましたが、卒業と同時に別かれていました。

別れてからは連絡はいっさい取らずにいましたが、30代後半のとき開催された高校の同窓会で彼と再会しました。

彼と久々に会って、懐かしさがこみ上げました。
連絡先を交換し、それからは、お互いに家が近かったこともあり、仕事終わりに飲みに行くようになりました。

そして1ヶ月後、「結婚を前提に交際を」と彼から告白され、また付き合うようになったんです。

彼の性格も見た目はタイプでした。
40歳を目前に結婚に焦っていたので、インストラクターの彼と付き合うことになったときは正直かなり嬉しかったですね。

スポーツ施設のインストラクターの低収入な彼氏と結婚して苦労したこと

サナ(30代)コールセンター勤務
サナ(30代)コールセンター勤務
スポーツインストラクターの彼氏とは、付き合って1年もしないうちに結婚しました。

結婚前から彼がスポーツ施設のインストラクターとして働いていること、そして年収が低いことは知っていました。

でも「私も働くし」と思ってたので、スポーツインストラクターの彼氏の年収が低いことは、結婚するときにはぜんぜん気になりませんでした。

むしろ「かっこいい彼氏ができて結婚までできるなんて」と、結婚前は完全に舞いあがっていました。

スポーツインストラクターは身体を鍛えているので、年齢とともにぽっちゃりしてくる同年代の男性と比べたら彼はズバ抜けてかっこよかったからです。

ですが実際は、スポーツインストラクターの彼氏との結婚生活は、かなり厳しいものがありました。

とくに苦労したのは次の3つのことです。

子どもを作るかどうかで悩む

スポーツインストラクターの彼氏が低収入で困った1つめは、子どもを作れない可能性が高いことです。

スポーツインストラクターの彼は、30代後半でも手取りが16万(年収200万以下)しかありません。

私はコールセンターで派遣社員として働いていて、手取りは12万前後(年収約140万)です。

彼も私も子どもが好きなので、子どもが欲しいと望んでいます。

ですが、スポーツインストラクターの彼と派遣の私と2人あわせても年収およそ330万の現状では、私が妊娠して働けなくなれば暮らしていけなくなるでしょう。

それにインストラクターの彼が年齢を重ねて40代50代になれば、きっとインストラクターの仕事は体力的にキツくなると思います。

そうなると子どもができたとしても学校へ行かせる教育費、食べて行くためのお金の心配がつきまとうでしょう。

私の年齢のタイムリミットもあるので、子どもをどうするかで今まさに悩んでいる状態です。

マイホームが買えない

スポーツインストラクターの彼氏と結婚して苦労している2つめは、マイホームを買えない可能性が高いことです。

今住んでいるのは、都内の8万の賃貸マンション(2LDK)です。

私は今まで賃貸マンションにしか住んだことがなく、実家も賃貸なので持ち家に憧れています。

でも結婚相手が低収入のスポーツインストラクターなので、マイホーム購入という夢も叶わないかもしれません。

2人あわせて月収約28万あり、がんばって節約して貯金をすれば、老後にマイホームを持つことはできるかもしれません。

が、節約・貯金の点で1つ問題があるのです。

スポーツインストラクターの彼が仕事以外でジムへ通う費用や、高いプロテインを買う費用のために、生活費にゆとりがなく貯金にまわせません。

スポーツインストラクターの彼は仕事のために身体を鍛えなければいけないし、食事にもこだわるので食費もかかり、そのせいで毎月お金がぜんぜん残りません。

貯金ができないので、このままだとマイホームどころか車さえ買えないなとガッカリです。

インストラクターの彼氏とのケンカ

スポーツインストラクターの彼氏と結婚して苦労した3つめは、ケンカが多くなってしまったことです。

スポーツインストラクターの彼とは、穏やかな結婚生活をおくれているとは決していえません。

必死に稼がないと暮らしていけないので、彼も私もいつも心がギスギスしているんです。

インストラクターは休んだらお給料が減るので体がしんどくても仕事へ行かないといけないし、私は家事もしなければいけません。

お金がないと生活が苦しいことでお互いにイライラしてしまって、夫婦ゲンカも増えました。

「インストラクターの彼の収入がもっと多かったらこんなツライ目にあわなくてもいいのに」なんて思っては、またイライラしてしまいます。

低収入でもケンカのない結婚生活を送れている夫婦はいるかもしれません。

でも低収入の家庭のほとんどは、私達のように将来への不安から毎日ギスギスしているんじゃないでしょうか。

ミサキ
ミサキ
なるほど~。

スポーツインストラクターの彼氏との結婚を迷っている人へのメッセージ

サナ(30代)コールセンター勤務
サナ(30代)コールセンター勤務
スポーツインストラクターの彼氏と結婚すると、悩みで毎日頭がいっぱいです。

インストラクターの彼氏と結婚する前は、「お金なんて関係ない、共働きをしたらきっと老後の貯金だってためられる」と思っていました。

でもこれは甘い考えでした。

現実はそんなに簡単にいきませんし、意外にたくさんのお金がかかってしまいます。

これから彼氏と結婚しようと思っている20代の社会人女性には、まず結婚後のお金のことを詳しくイメージしてほしいです。

インストラクターの彼と結婚が決まる前に、まずはに次のことにを考えて話し合いましょう。

  • 貯金を毎月いくら貯められるか
  • 子どもはどうするか
  • 毎月の支出はどの程度か
  • どちらかが働けなくなったら
  • 老後の資金

話し合ってもどうしても不安が残って消えないなら、低収入なスポーツインストラクターとの結婚は、考え直したほうがいいですね。

スポーツインストラクターの彼氏もあなたも低収入で苦労することに納得できて、大変でも2人で頑張れるのであれば、結婚を選んでも大丈夫だと思います。

ミサキ
ミサキ
サナさん、ありがとうございました。

低収入のインストラクターの彼氏と結婚した生活を想像してみよう

ミサキ
ミサキ
スポーツインストラクターの彼氏と結婚したらとても苦労しそうですね。
ネコ先生
ネコ先生
彼氏との将来が不安なら、まずはインストラクターの彼氏の年収を確認してみましょう。

スポーツインストラクターがすべて低収入とは限りません。
あなたの彼氏は結婚しても苦労しない十分な給料をもらっているかもしれません。

でも「結婚後の生活が厳しいかも」と思うほど低い年収であれば、彼と結婚するなら共働きで家計を支える覚悟が必要です。

共働きで家計を支えても、妊娠・出産・育児で、女性はどうしても仕事を休まなくてはならない時期があります。

出産前後もほぼ休みなしですぐに仕事に復帰するか、育児休暇中の収入が減る期間のために貯蓄を十分ためておいたほうが良いでしょう。

フルタイムで働きながらの家事育児は、女性側に負担がかたよりがちになります。

「そんな結婚生活、無理!」という人でも、まだ間に合います!

結婚に迷いがあるなら他の結婚相手の可能性を探すのもひとつの方法

ネコ先生
ネコ先生
インストラクターの彼氏との結婚、不安ですよね。

インストラクターの彼氏との結婚に不安な人は、他の結婚相手の可能性をさぐってみるのも一つの方法です。

結婚する前なら、結婚相手の可能性は無限大です。

世の中にいる男性は、インストラクターの彼氏だけではありません。

もっと結婚相手にふさわしい人を探してみましょう。

他の男性に目を向けてみたら、「やっぱり今の彼氏しかいない」と再確認することもあります。

今のインストラクターの彼氏しかいない、と覚悟を決められれば、結婚生活で大変なことがあっても乗り越えられるでしょう。

他の結婚相手の候補との出会いは、マッチングアプリにあふれています。

マッチングアプリの便利なところは、今の彼氏と付き合ったままでも、誰にも知られずに使えるところです。

そして、条件検索で職業や年収から相手を探せるので、安定した職業の人、年収の高い人をターゲットにアプローチすることもできます。

ネコ先生
ネコ先生
無料のマッチングアプリを使うならペアーズが使いやすいですし、コッソリ使えます。
  • 女性は無料
  • 知り合いにバレずに使える
  • 累計登録者数1,000万人超えの利用者トップクラス
  • プロフィール検索から好みの異性がカンタンに探せる
  • 同じ趣味の人を探しやすい
  • アプリ内ビデオ通話ができる
  • 本人確認・24時間365日の監視体制で安心

ペアーズは、ananやPRESIDENTなどの雑誌やメディアに取り上げられたことのある、知名度抜群なマッチングアプリです。

有名なこともあり、会員数は1,000万人~もいるため、生活圏内で好みの異性を見つけやすいアプリとしても知られています。

 

職業検索ができるので、公務員などの安定した収入の男性を探したり、医者などの高収入の男性を探してアプローチすることもできます。

年収から男性を探して、その中から好みの異性を探すこともできます。

実際、公務員・大企業勤務の男性会員、年収600万円~の男性会員は、ペアーズには最大表示数の9,999人もいます。

結婚してもじゅうぶん生活できる、恋人を探せるのがペアーズなのです。

 

検索前の利用登録はわずか1分ほどでカンタンに終わります。

ペアーズのはじめかたは、3とおりあります。

  • Facebookではじめる…Facebookの友達はお互いに表示されない
  • 電話番号ではじめる…本人確認のためのSMSがくる。電話はこない
  • メールアドレスではじめる…本人確認のためのメールがくる

どのはじめかたでも、本人確認のために利用されるので、基本的にどれを選んでも大丈夫です。

Facebookの友達にバレたくなければ、Facebookではじめましょう。

との登録方法でも、ニックネーム表示で本名は出ませんし、顔バレしないプロフィール写真にすれば、知り合いにバレずに使えます。

 

新しい出会いは、自分から動かないと見つけられません。

出会いのチャンスは目の前のペアーズにあります。
あとは使うだけです。

使ってみたら、運命の出会いが見つかるかもしれません。
もしくは良い人がみつからなくて、今の彼氏が一番だと気付くかもしれません。

使わなければ、インストラクターの彼氏との将来に、不安を抱え続ける生活が続くでしょう。

 

まずは、どんな会員がいるのか、気軽に会員検索をはじめてみましょう。

\女性は無料/
利用登録・検索までわずか2分

ニックネーム表示で本名は出ません。

絶対に玉の輿にのりたい人必見!人生を変える出会いがみつかる結婚相談所⇒⇒⇒
厳選!結婚相談所
玉の輿にのりたい人の結婚相談所