職業で出会う

農家の男性と結婚したい!農家の彼氏が欲しい!という人の出会い方

アカネ(30代)主婦
アカネ(30代)主婦
こんにちは。私は農家の彼氏と結婚しました。

「農家の男性と結婚したい!」「農家に嫁ぎたい」と思ってる人もいますよね。

私の場合は、出会いが先で、あとから彼が農家となりました。

農家との結婚生活は、苦労もありますが、喜びも多いです。

農家と結婚した私の体験がみなさんの参考になれば嬉しいです。

農家の彼氏をつくる近道は?
ネコ先生
ネコ先生
農家の彼氏とどこで出会えばいいの?とという人もいるでしょう。出会いがなくて、マッチングアプリで恋人さがしをしている農家の男性はたくさんいます。

Omiai(オミアイ)は真剣に交際相手をさがす人が集まるマッチングアプリです。職業検索から農家の男性を探せます。

\女性は無料/

ニックネーム表示で本名は出ないので、知り合いにバレずに恋人さがしができます。

農家志望の彼氏と出会ったきっかけ

アカネ(30代)主婦
アカネ(30代)主婦
出会ったときは、彼氏はまだ農家ではありませんでした。

農家志望の彼氏とは職場で出会いました。

当時働いていた職場は、無農薬野菜を取りあつかう会社です。

私は、農家に興味があって無農薬野菜を取り扱う会社に就職しました。

会社には、私と同じように、食にこだわりのある人が多かったです。
「日本の農業をもっと活性化させたい」「身体によい有機農作物を流通させたい」という熱い想いを持つ人ばかりでした。

彼とは同期入社で、新人研修で一緒になりました。
彼はサッカーをしていたので、身体がひきしまってカッコよく、ひとめぼれでした。

彼と話をしていて「この人しかいない」と思いました。
なぜなら、私と同じように「将来は農家になりたい」という夢を持っていたからです。

ミサキ
ミサキ
なるほど。農家の彼氏とは職場で出会ったのですね。

農家志望の男性を口説き落として彼氏にするためにやった3つのこと

お互いの夢を語り合う

アカネ(30代)主婦
アカネ(30代)主婦
彼とはお互いの夢を語り合いました。

農家志望の彼とは同期入社だったので、同期で集まるときには顔を合わせました。
同期会では、なるべく近くの席に座って、お互いの夢を語り合うようにしました。

私は生まれも育ちも東京でしたが、日本の食卓を支える農家こそが尊い仕事だと思っていました。
今もその考えは変わりません。

当時は会社勤めでしたが、将来は「農薬の少ない、おいしい有機野菜を作る農家になる」という夢を持っていました。

なぜ農家になりたいのか、そのためにどういうプランを持っているのかなど、自分の将来のビジョンを農家志望の彼氏に話すと、農家志望の彼も同じ気持ちを持っていたのでたくさん自分の夢を語ってくれました。

農家志望の彼と二人で夢を語り合ったことで、将来のビジョンの方向性が同じだとわかり、一緒に夢を追いかけるパートナーになりたいと考えてくれたと思います。

農家の男性を彼氏にしたい人なら、職業をリスペクトしていることを伝えるのは効果的です。
農家の彼に「農業は素晴らしい仕事だ」「尊敬する」と伝えれば、農家の男性は喜びます。

一緒に夢をかなえられると確信させる

アカネ(30代)主婦
アカネ(30代)主婦
「一緒に夢をかなえられる」と彼に確信させるよう努力しました。

農家に必要なのは、体力です。

農作業で朝から晩まで、時には夜通しの畑仕事もあるだろうと思ったので、普段から体力づくりに励んでいました。

学生のころには部活動で鍛えたので、体力には自信はありました。
農家志望の彼にも、体力があることをアピールしました。

また、普段から節約を心がけていることも彼に話すこともしました。
農家になりたてで、軌道がのる前は収入も限られるので、厳しい生活でも耐えられる覚悟があることも彼に示しました。

遠距離になっても信じる

アカネ(30代)主婦
アカネ(30代)主婦
遠距離になっても信じることが大切です。

彼が会社を辞め、農業のノウハウを学ぶために、長期間にわたり農家に弟子入りにいきました。

勤めていた会社は東京にあり、弟子入り先の農家は北海道です。
付き合ってもいないのに、遠距離になってしまいました。

朝から晩まで農作業は続くため、彼と連絡はほとんどとれませんでした。

数か月にわたる農作業が終わり、東京に帰ってきたときに、彼から連絡してくれると話していたので、不安でしたが農家志望の彼を信じて待ち続けました。

ミサキ
ミサキ
なるほど~。
とても参考になるな~。

農家の男性と結婚したらこんな感じ

アカネ(30代)主婦
アカネ(30代)主婦
農家志望の彼氏とは付き合ってすぐに結婚しました。
そして山梨に土地を借りて2人で農業を始めました。

農家の彼氏と結婚して良かったこと

農家の彼氏と結婚してよかったのは次のことです。

  • 苦労をしたことも2人のいい思い出
  • とれたてのおいしい野菜がいつでも食べられる
  • 自分たちの農作物を喜んでもらえた時の充実感

農家の彼氏と、同じ夢をもち、農家の夢をかなえられました。

農家になるために、努力する彼氏の姿を間近で見て、お互い支えあいました。
2人で苦労したことも今では良い思い出です。

大変なこともたくさんありましたが、その苦難を乗り越え、2人の絆はより深くなったと確信しています。

また、夢が叶い農家になったあとも、自分たちの理念である、無農薬野菜を多く流通させることにチャレンジし続けています。

それから、取れたての新鮮野菜をいつでも食べられることが嬉しいです。

そして、こだわりの減農薬・有機野菜を、たくさんの人に食べて喜んでもらえることが、何よりも幸せです。

農家と結婚して困ったこと

逆に、農家と結婚してこれは困ったなと思ったことは次のことです。

  • 長期休みは取れない
  • 自営業なので福利厚生がない
  • 天候に左右される
  • 農地を借りている身なので、地主に逆らえない
  • 身体が資本なので、健康管理に気を遣う

農作物の管理があるため、GWやお盆・年末年始などでも休めません。

また、夫婦そろっての帰省は難しいです。
どちらかが残って、農作物を見守っています。

それから、出産手当金や出産祝い金などはもらえませんでした。
個人事業主になっていたからなのですが、企業に勤め続けていたらもらえていたので、会社を退職するタイミングを間違えたかなと後悔しています。

そして、台風や異常気象の対策が大変です。

事前対策していても、農作物の被害が甚大になってしまって大損害、という年もあります。
自然相手の仕事なので、どうしようもありません。

また、私たちは土地を借りて農業をしているので、地主さんの意見は絶対です。
台風の影響でビニールハウスが壊れたときの助成金は地主さんに支払われ、私たちのところに支払われなかった時には抗議もできませんでした。

数年前に彼が足を骨折したときは本当に困りましたね。
身体の管理は徹底するべきだと身に沁みました。

 

このように、実際に農家になって大変なことはたくさんあります。
ですが、過ぎてしまうといい思い出です。

これからもたくさん困難があるかもしれませんが、彼と二人で一緒にのりこえていきたいと思っています。

そしてかわいい子供たちもだんだん戦力になってお手伝いしてくれるのが嬉しいです。

ミサキ
ミサキ
アカネさん、ありがとうございました。

農家と結婚したいならマッチングアプリ

ミサキ
ミサキ
私も農家の男性と結婚したい!

農家の男性と結婚したくても、普段の生活で、農家の男性と出会う機会はない人がほとんどですよね。

農家の男性と出会いたい人はどうしたらよいのでしょうか。

 

ネコ先生
ネコ先生
農家の男性と出会いたいなら、マッチングアプリの利用が近道です。

マッチングアプリとは、恋人・交際相手が欲し人同士をつなげるアプリのことです。
婚活目的で利用する人もいます。

マッチングアプリの良いところは、スマホさえあれば、空いた時間で恋人さがしができること。

だから、仕事が忙しくて、出会いの場に参加しにくい農家の男性にとって、マッチングアプリで恋人をさがすのは好都合なのです。

また、職業検索から農家の彼氏候補をさがせるので、農家の男性と出会いたい女性にもぴったりです。

ネコ先生
ネコ先生
農家の男性と出会いたい人がマッチングアプリを使うなら、Omiai(オミアイ)がおすすめです。

職業検索で農家の男性がさがせるし、会員数は600万人~もいて、結婚を前提に交際相手を探す会員が多いからです。しかも女性は完全無料で使えます。

  • 職業検索から農業の男性をカンタンに探せる
  • 婚活目的のユーザーが多い
  • 1日に約40,000組がマッチング※
  • 24時間365日の厳重な監視体制で安心安全
  • 女性は無料

※調査期間:2018年12月1日~2019年2月末日

Omiai(オミアイ)はananや朝日新聞などほか多数の雑誌・メディアに掲載されたことのある、超有名なマッチングアプリです。

結婚につながる出会いをさがす人のためのアプリとしても知られています。

 

 

Omiai(オミアイ)での農家の彼氏候補の探し方はカンタンです。

検索画面で職業のところを「農業」を選んで検索しましょう。

たったこれだけで、農業をしている彼氏候補がずらりと検索結果に表示されます。

検索結果に出てきた人の自己紹介文のなかには、「短期的なお付き合いではなく、末永くお付き合いできる人を探しています」と書いている、嫁を探している男性も多く見かけます。

 

このように、農家の男性との出会いをさがすには効果的なOmiai(オミアイ)ですが、ひとつデメリットを挙げると、プロフィールは自己申告、という点です。

プロフィールはうのみにせず、大事なところは仲を深めつつ確認したほうがよいでしょう。

さらに、Omiai(オミアイ)は利用規約違反者を通報できるシステムが整っています。
プロフィールに嘘がある人は、通報できます。

運営側が事実確認をしたら、違反者にはイエローカードが表示され、ひと目でわかるようになります。

違反者とマッチングしている人には、注意喚起の連絡が行きます。

24時間365日の監視体制もあります。

注意しながら利用すれば、Omiai(オミアイ)ほど恋人さがしに便利なツールはありません。
600万人~の会員の中から恋人をさがせ、女性は完全無料で使え、コスパは高いです。
結婚相談所なら身元が確かな人との出会いがありますが、活動費が年間20万~60万円かかります。

 

農家の男性との出会いが欲しかれば、自分から探しに動きましょう。
待っていても出会いはやってきません。

農家の男性との出会いのチャンスは、Omiai(オミアイ)にあります。
あとは、自分の好みの人がいるか、使いながら確認してみるだけです。

使ってみたら、人生を変える、運命の出会いが待っているかもしれません。

ですが、何もしなければ、出会いが無いまま、変わらない日々がこの先もずっと続いていくでしょう。

 

検索前の利用登録は1分ほどでカンタンに終わります。
ちなみに、Omiai(オミアイ)のはじめかたは、次の2通りあります。
どれも本人確認のために使われるだけなので、どの方法を選んでも大丈夫です。

  • Facebookではじめる…Facebookの友達はお互いに表示されない
  • 電話番号ではじめる…本人確認のためのSMSがくる

女性は無料です。

まずは、どんな農家の男性がいるのか、気軽にのぞいてみましょう。

この「のぞき見」が、人生を変える出会いにつながるかもしれません!

\女性は無料/

ニックネーム表示で本名は出ないので、知り合いにバレずに恋人さがしができます。

 

絶対に玉の輿にのりたい人必見!人生を変える出会いがみつかる結婚相談所⇒⇒⇒
厳選!結婚相談所
玉の輿にのりたい人の結婚相談所