出会いがない

助産師は出会いがない!産婦人科で働く女性の恋愛事情とあきらめずに恋人をつくるための3つの方法

はなこ
はなこ
こんにちは、出会いがなかったけれども頑張って彼氏作って結婚できた助産師のはなこです。

「助産師をしていると出会いがない!」と嘆いている女性も多いのではないでしょうか。

出会いがない助産師の私が、どうやって出会いを見つけて結婚できたのかについてお話していきます。

簡単に出会いを増やす方法

どうやって出会いを増やせばいいの、と思っている人もいるかもしれませんが出会いがない助産師でも婚活アプリを利用すれば爆発的に出会いを増やすことが可能です。

恋活・婚活アプリの【ペアーズ】は累計登録者数が1,000万人超の日本で一番使われているアプリです。職業や趣味のコミュニティからお相手探しができるので、すぐに登録しないと「出会いがない」と悩んでいる時間がもったいないです。

【Pairs(ペアーズ)】で出会う⇒

助産師には出会いがない3つの理由

私は大学卒業後、地方の産婦人科で助産師として勤務しています。

学生時代は趣味の一人旅やサークル活動でそこそこ出会いもありました。

就職後は名前くらいしか聞いたことのない町の少し離れた病院への配属となり、慣れない環境と初めての仕事になかなか出会いもなく20代も終わろうとしていました。

そんな私もあれやこれやと頑張ってやっと出会い半年足らずで結婚、今では2人の子どもに恵まれ幸せに暮らしています。

出会いがない助産師の恋愛事情について3つあげてみました。

助産師は女性ばかりで出会いがない

助産師に出会いがない1つめの理由は、助産師は女性ばかり、ということです。

「助産師と言っても看護師さんでしょ?」と言われることが多いです。

助産師はその名の通りお産の介助を専門とする職業で、その主な勤務先は個人の産婦人科・総合病院の産婦人科・助産院がほとんどです。

女性にだけ出来る専門の資格のため、助産師の同僚はもちろん全て女性。

入院してくる妊婦や産婦さんは大抵の場合なんの異常も無い方が多いため、処置やリハビリで他の科を受診したりすることもなく他職種とのつながりも少ないのが現状です。

唯一の男性となるのが産婦人科医ですが、現在は女性産婦人科医も多く、男性であれば既婚者や家族代々産婦人科のお坊ちゃまといった具合です。

患者や患者の面会者との出会いも期待できない

助産師に出会いがない2つめの理由は、患者さんとの出会いは期待できない職業だからです。

次に近い存在で考えられるのが患者さんですが、何といってもここは産婦人科!やってくる患者は全て新たな家族を迎えようとする幸せな家族がある女性。

中にはシングルマザーと言った特殊な環境の方もいますが、面会に来る男性はどなたかのご主人。

または娘を心配する親、義父母。

他の科と違って患者さんは出産可能年齢である若い女性ばかりですが、その兄弟と言ってもわざわざ産婦人科に足を運ぶ人はほとんどいないのが現状です。

大抵の場合入院患者さんの興味は産まれてくる赤ちゃんや入院によって離れて暮らす夫の事が多く、出会いに関する話題もありません。

助産師は休日も待機で出会いがない

助産師に出会いがない3つめの理由は、助産師は休日も待機が必要だからです。

助産師にとって一番の専門「お産」は365日24時間いつ起こるか分かりません。

通常交代勤務を取っており、総合病院などでは助産師の数も多くシフト通りで済みますが、個人の産婦人科ともなると助産師は1.2人ということもあります。

そのため夜勤もこなしながら、休日も待機となると遠出は出来ず、専用の携帯電話で呼び出されると出勤しお産の介助につきます。

不規則な勤務なうえ拘束される時間も多く出会いに繋がっても続かない理解されない、そもそも病院との行き来の生活では出会いもありません。

助産師が出会いを増やすためにやった3つのこと

出会いがないとは言ってもやはり助産師。夢は自分の子どもを産んでみたい!

そんな助産師は多く、私もそんな夢がありました。

同僚や患者さんに紹介してもらって出会いを増やす

助産師が出会いを増やすためにやった1つめのことは、同僚や患者さんに紹介してもらうということです。

出会いを広げるためにまず行ったのが職場にいる割合がほとんどだからこそ同僚へアピールしました。

既婚者の先輩に知り合いは居ないか?紹介してください!と言うとお世話好きな先輩は何とか探してくれます。

しかし、「20代前半なのに申し訳ないのだけど40代のはげてるおじちゃんはどう?人はいい人なの」など紹介ケースが多くその後の人間関係などを考えるとなかなか踏み切れずにいました。

患者さんに対しても授乳の合間などで「旦那さんとどうやって出会ったんですか?全然出会い無くって」と話しかけると一度は勤務中に「はなこさんいますか?紹介したい男性がいるんですけど」と職場に電話がかかってきたこともありました。

さすがに先輩に怒られましたが。

コンパやイベントに参加して出会いを増やす

助産師が出会いを増やすためにやった2つめのことは、コンパやイベントに参加することです。

職場経由が難しいならと次に試したのが、雑誌や地域の情報誌などに載っているコンパやイベントへ参加すること。

出会いだけを意識するのではなく、マラソンやカヤック体験などスポーツに参加し知り合いを増やすことにしました。

しかし単発のイベントでは恋愛にまで繋げられませんでした。

合コンやコンパではアラサーというだけで男性は若い女性に興味を示しただの引き立て役。

助産師と言うだけで「僕は豚の出産してるんだけど、豚の出産もすごくって…」と熱く語り出す人や、助産師が性を扱っている職業であることから「俺の下の世話してくれよ」と絡んでくる人など話にもなりません。

ただとにかく沢山の男性に会うことで会話の仕方や色々な人がいるのだと考え方が変わっていきました。

また助産師は不規則な勤務や専門手当がつくこともあり地方で自分以上の収入のある人を探そうとすると既婚者ばかりで自分の理想と市場価値とのズレに気づかされました。

誘いを断らずに出会いをつかむ

助産師が出会いを増やすためにやった3つめのことは、誘いを断らないということです。

職場もイベントも成果なし。

数々の縁結びと呼ばれる神社を各地参拝し「きっと出会いはある」と自分に言い聞かせ、これまでは出会いの話があった時点で会う前から選定したりしていましたが、この年になるとまずは誘われたら断らない!と決めていました。

私はよく独身の先輩と仕事終わりに飲みに出かけていました。

常連となっていたお店では満席の事も多くカウンターでマスターと話すこともしばしば。

「出会いがないんです」といつも嘆いていた私たちにある日マスターからBBQのお誘いを受け、マスターの美味しい料理が食べられるという軽い気持ちで出かけました。

するとそこに先輩に誘われて断れず連れて来られたという男性が!

たわいもない会話をしながらその日は解散となりましたが、後日私たちの雰囲気が良かったと半ば強引にマスター夫婦が彼との連絡先を交換し会うようにセッティングされ、その後はあれよあれよと気が合ったのか結婚に至りました。

これから出会いを見つけたい助産師へのメッセージ

助産師は、職業柄出会いがない分やはり行動することは大事です。

出会いがほしい、結婚したいという強い意志があれば頑張ろうと思えます。
そして何をしようかと考えるようにもなります。

自分には必要ないと思っても色々な人と会うだけでも勉強になりますし日に日々自分にとって何が大事なのか分かっていきます。

そして時には周りがサポートして良い縁がつながっていくこともあるので、出会いに限らずどんな人でも人との縁は大事にしていくと良いと思います。

助産師はペアーズで出会いを探そう!

出会いがない助産師でも交際相手を探す方法はいろいろありますが、カンタンに出会いを広げるなら婚活アプリ【ペアーズ】が効率的です。

  • 累計登録者数1,000万人超えの日本でいちばん利用されている
  • 職業からお相手検索ができる
  • 趣味のコミュニティが充実している
  • 女性は無料

Pairs (ペアーズ)で職業や趣味のコミュニティからお相手検索ができるので、自分の希望に会ったお相手を探しやすくなっています。

Facebookでともだちになっている人は表示されない仕組みになっているのも安心なポイントです。

女性は無料で利用できるので、「出会いがない」とぼんやりしていないで、自分から出会いを探しにいかないともったいないです。

【ペアーズ】で出会いを探しにいく⇒