仕事で出会いがない

助産師は出会いがない!産婦人科で働く女性の恋愛事情とあきらめずに恋人をつくるための3つの方法

はなこ(助産師)
はなこ(助産師)
こんにちは。私は助産師です。
助産師には出会いがありません!なぜなら出会うのは妊婦さん、赤ちゃんがメインだからです。とはいえ、がんばって彼氏作って結婚できました!

看護学校の学生や、助産師を目指して勉強中の人で、「もしかして助産師って出会いないのかな」とうすうす気づき心配になっている人も多いのではないでしょうか。

そうです、助産師って出会いないですよ。

でも出会いがないからといって、助産師になる夢をあきらめなくても大丈夫です。
出会いは他で探せばいいのです。

出会いがない助産師だった私が、どうやって出会いを見つけて結婚できたのか、お話していきます。

助産師でも恋人はつくれる
ミサキ
ミサキ
出会いがない助産師でもマッチングアプリを利用すれば出会いのきっかけはつかめます。

Omiai(オミアイ)は真剣交際の相手を探す人が集まるマッチングアプリです。

平日休み・不定休の恋人候補もすぐに探せるので、休みが不定期な助産師にもぴったりです。休みの日にデートができる恋人候補を見つけられます。

\女性は無料/
▼条件の良いイケメンは早いもの勝ち▼

ニックネーム表示で本名は出ないので、知り合いにバレずに恋人をさがせます。

助産師には出会いがない3つの理由

はなこ
はなこ
私は大学を卒業してから、地方の産婦人科で助産師として勤務しています。

学生時代は趣味の一人旅やサークル活動を通じて、そこそこ出会いもあり恋愛もしました。

助産師として就職後は、名前くらいしか聞いたことのない町の病院に配属となりました。

慣れない環境と初めての仕事に忙しく、なかなか出会いもないまま20代も終わろうとしていました。

助産師に出会いがないのは、次の3つの助産師特有の恋愛事情のためだと思います。

助産師は女性ばかりで出会いがない

助産師に出会いがない1つめの理由は、助産師は女性ばかりだからです。

助産師はその名のとおり、お産の介助を専門とする職業で、助産師のおもな勤務先は個人の産婦人科・総合病院の産婦人科・助産院がほとんどです。

女性にだけできる専門の資格のため、助産師の同僚はもちろんすべて女性。

入院してくる妊婦や産婦さんはたいていの場合なんの異常もない方が多いため、処置やリハビリで他の科を受診したりすることもなく、他職種とのつながりも少ないのが現状です。

唯一の男性となるのが産婦人科医ですが、現在は女性産婦人科医も多く、男性であれば既婚者や家族代々産婦人科のお坊ちゃまといった具合です。

代々産婦人科をしている産婦人科医に嫁ぐのは苦労しそうなので、唯一の男性の医師は恋愛対象外でした。

患者との出会いも期待できない

助産師に出会いがない2つめの理由は、患者さんや患者の面会者との出会いは期待できない職業だからです。

職場での仕事仲間の次に、助産師に近い存在で考えられるのが患者さんですが、何といっても産婦人科です。

産婦人科にやってくる患者は、女性しかいません。

中にはシングルマザーもいますが、面会に来る男性はどなたかのご主人であり、新たな家族を迎えようとする幸せな家庭のある人です。

または娘を心配する親、義父母。

他の科と違って患者さんは出産可能年齢である若い女性ばかりで、その兄弟がいてもわざわざ産婦人科に足を運ぶ人はほとんどいないのが現状なので恋愛につながる出会いはありません。

たいていの場合、入院患者さんの興味は産まれてくる赤ちゃんや、入院によって離れて暮らす夫の事が多く、出会いに関する話題になることもありません。

助産師は休日も待機で出会いがない

助産師に出会いがない3つめの理由は、助産師は休日も待機が必要だからです。

助産師にとって一番の専門「お産」は365日24時間いつ起こるか分かりません。

通常交代勤務を取っており、総合病院などでは助産師の数も多くシフトどおりで済みますが、個人の産婦人科ともなると助産師は1、2人ということもあります。

そのため夜勤もこなしながら、休日も待機となると遠出はできません。

助産師は休みの日でも専用の携帯電話で呼び出されると出勤し、お産の介助につきます。

不規則な勤務なうえ拘束される時間も多く、もし出会いがあっても助産師の仕事を理解してもらえるか不安になるほどです。

まあそもそも助産師は仕事が忙しく、病院と家との行き来の生活なので、出会いはないんですけどね。

↓助産師でもカンタンに出会える方法↓

出会いがない助産師の恋愛事情を変えるためにやった3つのこと

はなこ
はなこ
出会いがないとは言ってもやはり助産師。
自分の子どもを産んでみたい!

多くの助産師と同じように、私にも「自分の子どもが欲しい」という夢がありました。

「出会いがない」という助産師の恋愛事情に甘んぜず、自分から出会いを増やしていくことにしました。

あれやこれやと頑張ってなんとか出会いを見つけ、やっとできた彼氏とは半年足らずで結婚し、今では2人の子どもに恵まれ幸せに暮らしています。

出会いのない助産師だった私が、出会いを増やすためにやったのは次の3つのことです。

同僚や患者の紹介で出会いを増やす

助産師が出会いを増やすためにやった1つめのことは、同僚や患者さんに紹介してもらうことです。

出会いを広げるためにまずやったのは、日中に職場にいる時間がほとんどなので、一緒にいることが多い仕事仲間にアピールすることでした。

既婚者の先輩に「知り合いでいい人がいたら紹介してください!」と言うと、お世話好きな人は何とか探してくれます。

しかし、私は20代前半なのに「申し訳ないけど40代のハゲてるおじちゃんはどう?人はいいの」などのような紹介ケースが多くて困りました。

紹介してもらった人と試しに会ってみたくても、もし会ってから断ることになると、紹介してくれた先輩と紹介者の人間関係もギクシャクしそうで、実際に紹介で会うのはできませんでした。

患者さんにも、授乳の合間などで「旦那さんとどうやって出会ったんですか?ぜんぜん出会いが無くって」と話しかけたりもしてました。

すると、いちど勤務中に「はなこさんいますか?紹介したい男性がいるんですけど」と職場に電話がかかってきたこともありました。

さすがに先輩に怒られてしまい、患者さんに紹介してもらうのは諦め、次の手を打つことにしました。

コンパ・イベント参加で出会いを増やす

助産師が出会いを増やすためにやった2つめのことは、コンパやイベントに参加することです。

職場経由での出会いが難しいなら、と次に試したのが、雑誌や地域の情報誌などに載っているコンパやイベントへ参加することです。

出会いだけを意識するのではなく、マラソンやカヤック体験などに参加して知り合いを増やすことにしました。

しかし、単発のイベントでは恋愛にまでつなげられませんでした。

また、合コンやコンパではただの引き立て役となってしまいました。

男性は若い女性に興味を示すので、アラサーというだけで不利だったのです。

職業が助産師と伝えると「僕は豚の出産してるんだけど、豚の出産もすごくって…」と熱く語り出す人や、助産師が性を扱っている職業であることから「俺の下の世話してくれよ」と絡んでくる人などもいて話にもなりません。

ただとにかく沢山の男性に会ったり会話をすることで、色々な人がいるのだと社会勉強になりました。

また助産師は不規則な勤務や専門手当がつくこともあり、地方で自分以上の収入のある人を探そうとすると既婚者ばかりで、自分の理想と市場価値とのズレに気づかされました。

職場の出会いも無く、紹介も難しく、イベント参加しても成果なし。

それでもあきらめずに次のことをやってみることにしました。

誘いを断らずに出会いをつかむ

助産師が出会いを増やすためにやった3つめのことは、誘いを断らないことです。

職場の出会いも無く、イベント参加しても成果なし。

数々の縁結びの神社を各地参拝してまわり、「きっと出会いはある」と自分に言い聞かせました。

これまでは出会いの話があっても、会う前から選り好みしていましたが、選んでいる場合ではないと方針を変え、とにかく会うことにしました。

そして、30歳が目前になってきたら「誘われたら断らない!」と考え方を変えました。

どんな小さな出会いでもつかみたい一心で、誰かに誘われたらどこにでも行くスタンスで毎日を過ごしていました。

というわけで、私はよく独身の先輩と仕事終わりに飲みに出かけていました。

常連となっていたお店では満席の事も多く、カウンターでマスターと話すこともしばしば。

「出会いがないんです」といつも嘆いていた私たちは、ある日マスターからBBQのお誘いを受け、マスターの美味しい料理が食べられるからという軽い理由で出かけました。

するとそのBBQには、先輩に誘われて断れず連れて来られたという男性が!

たわいもない会話をしながらその日は解散となりましたが、後日私たちの雰囲気が良かったと半ば強引にマスター夫婦に彼との連絡先を交換しあうようにセッティングされ、その後はあれよあれよと関係が深まり、結婚に至りました。

↓助産師でもカンタンに出会える方法↓

これから出会いを見つけたい助産師へのメッセージ

はなこ
はなこ
助産師は、職業柄出会いがないぶん、自分から出会いを求めて行動することはとても大事です。

「出会いがほしい」「結婚したい」という強い意志があれば、どんな状況だろうとそのために頑張ろうと思うはずです。

そして出会いのために何をすればいいのか真剣に考えるようになるはずです。

直接出会いにつながらなくても、いろいろな人と会うだけでも勉強になります。

私のように良い縁がつながって最終的に結婚相手に巡り合うこともあるので、人との縁は大事にするべきです。

私は「出会いが欲しい」と強く意識してなければ、先輩と飲みにいってなかったかもしれません。

少し意識を変えて出会いのために行動したことが、マスターとの出会いにつながり、そして今の夫との出会えたので、とにかく行動することって大切だなぁとしみじみ思います。

ミサキ
ミサキ
ありがとうございました!

出会いがない助産師でもマッチングアプリで出会いを増やせる

ミサキ
ミサキ
助産師は出会いがない職業ですが、出会いは他で探せばいいのです。

出会いのない助産師が交際相手を探す方法はいろいろあります。
ですが、一番カンタンに出会えるのはマッチングアプリです。

マッチングアプリとは、恋人が欲しい人同士をつなぐアプリのことです。
婚活のために使う人もいます。

マッチングアプリが便利なのは、忙しい助産師でも空いた時間で出会いを探せるところ。

助産師のように、職場が同性だらけで出会いが無い人がたくさん利用してるので、出会いのチャンスはあふれています。

助産師の仕事で出会いがなくても何も問題ありません。

ミサキ
ミサキ
助産師がマッチングアプリを利用するならOmiai(オミアイ)がオススメです。

なぜなら、将来的には結婚を考えられる恋人候補との出会いのチャンスがあるからです。

Omiai(オミアイ)は、雑誌ananや朝日新聞などに掲載されたことのある超有名なマッチングアプリです。

結婚につながる恋人との出会いを見つけたい人のためのアプリとしても知られています。

自己紹介文にも「短期的な付き合いではなく、長く付き合える人をさがすためにOmiai(オミアイ)をはじめました」というように、マジメな出会いをさがしていることがわかる文章の人が多いです。

 

Omiai(オミアイ)では、居住地・年齢・身長・職業など全28の項目から自分好みの恋人候補を探せます。

助産師と同じように、平日休み・不定休の恋人候補も探せます。

(検索画面。このように平日休み・不定休の恋人候補を検索できる。)

 

最初から、同じ休みの人を恋人候補としてアプローチできます。

同じ休みの恋人ができたら、休みのたびにデートができる楽しい生活になるでしょう。

 

出会いを探すには最適なOmiai(オミアイ)ですが、ひとつだけデメリットを挙げると、プロフィールは自己申告ということです。

事実どおりのプロフィールの人がほとんどですが、プロフィールを盛っている人がいてもわかりません。
なので、大事なところは仲を深めつつ、確認したほうが安心です。

とはいえ、運営側も対策はしています。

Omiai(オミアイ)では、利用規約違反者を通報できるシステムが整っています。
もしもプロフィールに嘘がある人は通報できるのです。

運営側が事実確認をしたら、違反者にはイエローカードが表示され、一目瞭然となります。

違反者とマッチングしている人には注意喚起の連絡が行きます。

24時間365日の監視体制もあります。

このように、対策もされていますし、注意しながら利用すれば、Omiai(オミアイ)ほど真剣交際の恋人候補をさがせる便利なツールはありません。
しかも女性は完全無料です。
結婚相談所なら身元が確実にわかる人との出会いがありますが、活動費が年間20万円~かかります。

 

出会いが欲しければ、自分から出会いをつかみに行きましょう。

真剣交際できる恋人候補との出会いは、Omiai(オミアイ)にあります。
あとは、自分好みの恋人候補がいるか、使いながら確認するだけです。

使ってみたら、同じ休みの、自分好みの恋人候補との出会いがあるでしょう。

ですが、何もしなければ、今日と同じ出会いのない明日が待っているだけです。

 

女性は無料なので、まずはどんな男性会員がいるのか、気軽に検索してみましょう。

もしもいい人が見つからなければ、そっと利用を辞めればいいだけです。
退会手続きはすぐにできます。

\女性は無料/
▼条件の良いイケメンは早い者勝ち▼

ニックネーム表示で本名は出ないので、知り合いにバレずに恋人を探せます。

絶対に玉の輿にのりたい人必見!人生を変える出会いがみつかる結婚相談所⇒⇒⇒
厳選!結婚相談所