結婚までの交際期間は?20代後半で結婚を叶えるためにできること

「20代後半の人の結婚までの交際期間はどのくらい?」

結婚にむけて適切な交際期間はどのくらいなのか、結婚のタイミングを知りたい20代後半の人はたくさんいます。

結婚も視野に入れ、これからの人生の展望を考えることは大切なことです。

ここでは、20代後半の人の結婚までの交際期間について考察しました。

幸せな結婚への第一歩

結婚したいなら、結婚相談所の利用が近道。「素敵な出会いはある?」「何から始めたらいい?」と悩む人に試してみてほしいのはツヴァイの結婚診断(無料)です。

2分の回答で、あなたの希望にあう3名のお相手候補を無料紹介してもらえます。「この人と結婚できたら素敵」という相手を見つけられたら、モチベーションが上がって楽しく婚活できますよ。

来店不要、無料ですし、診断しても入会する必要はまったくないため、気軽に診断してみてくださいね

\ 結婚までの道筋が見えてくる /

無料診断のみで入会しなくても大丈夫です。

目次

結婚までの交際期間はどのくらい?20代後半の場合

結婚願望のある人にとって、結婚までの交際期間はどのくらいが適切なのか、気になるところですよね。

ここでは、結婚までの交際期間をデータから確認していきます。

結婚までの交際期間の平均データ:20代後半

ゼクシィのデータによると、結婚までに付き合った期間は25~29歳は平均3.7年というデータが出ています。

データ引用:ゼクシィ結婚トレンド調査2023(首都圏(東京・神奈川・千葉・埼玉)、妻の年齢25~29歳)

割合がいちばん多いのは、3~4年未満の22.7%です。

結婚までの交際期間の平均データからわかること

結婚までの交際期間は、年齢による違いがみられます。

平均(年)
24歳以下4.2
25~29歳3.7
30~34歳3.1
35歳以上1.9

データ引用:ゼクシィ結婚トレンド調査2023(首都圏(東京・神奈川・千葉・埼玉)、妻の年齢)

このように、年齢を重ねるごとに、結婚までの交際期間は短くなることがわかります。

20代後半の男女が結婚を決意するタイミングは?

20代後半の男女が、結婚を意識するタイミングはいつなのでしょうか。一般的な、結婚を意識するタイミングを挙げていきます。

30代を意識したとき

一般的に、30代が近づいてきていることを意識したタイミングで、25歳後半の男女は結婚を意識することが多いです。

誕生日を迎えたとき、誕生日を迎える前後に、あと何年かすると30代に突入することを意識して、「そろそろ結婚したい」「結婚するべき」「結婚できたらいいな」と思う人が増えるときと言えます。

生活を共にしたいと思ったとき

交際相手がいる人は、相手と生活を共にしたいと思ったときが、結婚を決意するタイミングのうちのひとつと言えます。

一緒に住むために同棲の選択肢があがったときに、同棲よりも結婚すべきかな、と「結婚」の2文字が頭をよぎる人は多いでしょう。

生涯を共にする決心がついたとき

20代前半のころは、「もっと他にいい人がいるかも」「多くの人と交際してみたい」などと思っていたかもしれませんが、

20代後半になって交際相手と生涯をともにする決心がついたなら、結婚を決意するタイミングです。

愛するパートナーを一人と定め、今後はこの交際相手のみを大切に、ずっと寄り添って生きたいという想いがわきたつ瞬間は誰にでもあります。

昇進して昇給したとき

25歳後半になると、仕事で責任あるポジションを任されることも増えてくるでしょう。

社内の資格を取得して給与が上がる見込みがあるとき、昇進して昇給したときは、結婚を意識するタイミングといえます。

給与があがると、結婚生活を十分賄える収入のめどがたって、結婚を決意できるときです。

子どもを授かりたいと思ったとき

子供を授かりたいと思ったときは、25歳後半で結婚を決意するタイミングです。

交際相手がいる人は、交際相手との子どもができたら幸せだろうな、と想像し、家族になりたいと考える機会が増えるでしょう。

交際相手がいない人は、早く子供を授かるために、早く交際相手を見つけたいと考えるものです。

結婚しない理由が見つからないとき

交際相手がいる人は、彼氏もしくは彼女と結婚しない理由が見つからないときは、結婚を決意するタイミングです。

  • 離れている理由が見つからない
  • 価値観が同じ
  • 一緒にいる時間が居心地よい
  • 自分の親と仲が良い
  • ずっと一緒にいたい

このように考えるようになったときは、一刻も早く結婚したくなるものです。

結婚までの交際期間は人それぞれ!

20代後半の人でなくても、どの世代の人でも結婚までの交際期間は人それぞれです。

結婚までに必要な交際期間も、人それぞれと言えます。

大切なのは、自分たちの最良のタイミングで結婚を決意することです。

「まわりが結婚している人があまりいないから」「もう少し交際期間を経てからの方がいいかな」などの「なんとなく」の理由で結婚を先延ばしにするのは得策とは言えません。

「周りで結婚しているカップルがいない」という理由で結婚を決意できず、その後に別れてしまったカップルを知っていますから…。

20代後半で結婚を決意する前に確認しておきたいこと

話し合いができる相手か

20代後半で結婚を決意する前に確認しておきたいのは、彼氏もしくは彼女は話し合いができる相手か、ということです。

結婚して共同生活を始めると、今まで知らなかった相手の一面を見ることになります。

今まで一緒に生活してこなかったために、相手の何気ない言動をストレスに感じることは仕方ありません。

そのときに、話し合いができる相手なら、折り合いを見つけて二人で快適な住空間に改善することができます。

結婚生活は、小さなことから大きなことまで問題解決が必要なことの連続です。

一方的に意見を押し付ける人、独断で決めてしまう人は、結婚相手にふさわしくありません。

金銭感覚が同じか

結婚生活において、金銭感覚が同じだとストレスを感じることは少ないでしょう。

できたら、同じ金銭感覚の相手と結婚すべきですが、絶対とは言い切れません。

というのも、お金の使い方は改善できるからです。

また、自分の金銭感覚が正しいと思っている人がほとんどですが、何が正しいかは価値観により様々だからです。

相手の家庭環境

結婚を決意する前に、相手の家庭環境を知っておいた方が良いでしょう。

相手の家族に紹介してもらい、家族とどのような関係性なのかを確認しましょう。

大人になってからも両親や兄弟と仲良くしている相手なら、結婚後の親戚づきあいも安心です。また、良好な家庭のイメージをもっているため、結婚後には同じような良好な関係の家庭をつくることに全力を尽くしてくれるでしょう。

20代後半で結婚を叶えるために

結婚について話題にする

交際相手がいる人は、20代後半で結婚を叶えるために結婚について交際相手と話をしてみましょう。

「結婚」というワードを使わなくても、将来どんな家に住みたいか、子どもは何人ほしいかという話題をタイミング良くふってみましょう。

何度か話題にすることで、あまり結婚願望がなかった相手でも、少しずつ結婚を意識するようになってくれるでしょう。

また、相手がどんな結婚感を持っているか知ることができるため、一石二鳥といえます。

お互いの両親に会う機会を設ける

20代後半で結婚を叶えるために、お互いの両親に会う機会を設けましょう。

20代後半なら、結婚を決めていなくても交際相手を両親に紹介するのは普通です。

お互いの家庭環境がわかりますし、2人の間で結婚を決めたときにスムーズに話をすすめらるメリットがあります。

結婚までの交際期間をふまえて20代後半から結婚相手を探そう

交際相手がいない人は、結婚相手を探し始めましょう。

結婚を目的として交際相手を探すなら、結婚相談所の利用が効率的です。

というのも、結婚相談所には次の特徴があるから。

結婚相談所の特徴
  • 真剣に結婚相手を探す人が集まる
  • プロのサポートがある
  • 1年以内に結婚しやすいシステムが整っている

先ほどのゼクシィのデータによると、20代後半で結婚までの交際期間は3~4年未満の人の割合が22.7%と多数でした。 今から3~4年の交際期間を考えると、結婚するのはまだまだ先。

ですが、結婚相談所を利用すると、1年以内に結婚しやすいシステムが整っています。結婚相談所で成婚退会した人の割合は1年未満が最多です。

そして、実は、20代で結婚相談所へ入会する人は増加しています。

引用:PRTIMES(婚活事業を複合展開する株式会社IBJ)

20代後半で結婚願望があるなら、結婚相談所を検討してみましょう。

幸せな結婚への第一歩

結婚したいなら、結婚相談所の利用が近道。「素敵な出会いはある?」「何から始めたらいい?」と悩む人に試してみてほしいのはツヴァイの結婚診断(無料)です。

2分の回答で、あなたの希望にあう3名のお相手候補を無料紹介してもらえます。「この人と結婚できたら素敵」という相手を見つけられたら、モチベーションが上がって楽しく婚活できますよ。

来店不要、無料ですし、診断しても入会する必要はまったくないため、気軽に診断してみてくださいね

\ 結婚までの道筋が見えてくる /

無料診断のみで入会しなくても大丈夫です。

  • URLをコピーしました!
目次