職業で出会う

ダンサーの彼氏と結婚しても大丈夫?低収入な男性を結婚相手に選んで苦労したこと

ネコ先生
ネコ先生
「愛があればお金がなくても大丈夫」という人もいるけれど、ある程度の経済力がないと結婚生活が不幸になってしまうこともあります。

今回は、ダンサーの低収入男性(年収300万以下)と結婚をして苦労したmochiさんの体験談を聞いてみたいと思います。

ダンサーの男性がすべて低収入だとは限りませんが、mochiさんは低収入な彼氏と結婚して苦労をしたそうです。

ミサキ
ミサキ
mochiさんよろしくお願いします。
mochi(20代)ダンサー
mochi(20代)ダンサー
こんにちは。

私はダンサーの低収入な彼氏と結婚して苦労をしています。

私の体験をこれからダンサーの彼氏と結婚しようかなと悩んでいる人に参考にしてもらいたいです。

ダンサーの低収入な彼と出会ったきっかけや出会った場所

ダンサーの彼氏は、もともと同じダンススクールのダンス仲間でした。

私もダンスをやっていて、私の方が先にダンスをやっていたので、私が先輩、ダンサーの彼氏が後輩でした。

ダンサーの彼氏と知り合った時には、もうすでに私はレッスンを持っていて教えている立場だったので、そこにダンス初心者の彼が入ってきた形です。

ダンサーの彼のほうが大先輩の私にほれ込んでしまい、私の友達に「○○を落とすにはどうしたらいいかな」と相談していたほどでした。

ダンサーの低収入な彼氏と結婚して苦労したこと

ダンサーとして稼げるのは一握り

ダンサーとして収入を得るためには、バックダンサーとして有名なアーティストの後ろで踊るか、振付師になったりなどといろいろな方法があると思いますが、一番多いのはインストラクターとしてダンスを教える、ということです。

一番多いだけあって、みんなやっているので、よっぽど有名なダンサーでなければ生徒が集まりません。

生徒が集まらないと、レッスンをする場所の場所代金は自腹になってしまいます。

生徒が集まっても、レッスンや発表会の構成を考えたり、音楽を選んだり、レッスン以外でもやらなければならないことは山ほどあるので、時給換算するとバイトの方がよっぽど稼げるのではないでしょうか。

ダンサーの彼は、最初はインストラクターを目指していましたが、赤字続きなので、結局辞めさせることにしました。

ダンサーの彼を説得させるのに一苦労

結婚しないなら、このままダンサーとして仕事を頑張るのはいいと思うけれども、結婚するとなると話は別です。

子どもができれば食費などの生活費もかかりますし、教育費がかかってきます。

ダンサーの彼にプロポーズされたときに、悩みましたが、ダンサーとして仕事をせずに他の仕事に転職するならと条件を出しました。

それでもダンサーの彼は、昔からの夢である「好きなことを仕事にする」ということにこだわり、なかなかうんと言いませんでした。

それならもうダンサーの彼と別れようかと、別れ話を切り刺そうと思った矢先に私の妊娠が発覚したのです。

それまで絶対にダンサーとして仕事を続けると言い張っていた彼が、私の妊娠を聞いてすんなり折れました。

父親になる覚悟ができたのでしょう。

浮気未遂を発見して土下座させる

ダンサーの彼は、ダンスで生計を立てるのは諦めたので、飲食店で働き始めることにしました。

年齢も年齢なので、飲食店では店長候補として働き始め、すぐに店長を任されるほどになりました。

閉店後の作業などをしているといつも終電がなくなる時間帯になるため、いつも原チャで通勤しています。

帰宅後にスマホをいじりながら、仕事の疲れで寝てしまったらしく、たまたま私はスマホの画面を見てしまいました。

ラインが開いていて、お店の女の子を口説いてるではありませんか!

ダンサーの彼をたたき起こして、どういうことなのか説明をさせましたが、彼は顔面蒼白で土下座をして謝りました。

ちょうど私は下の子を妊娠中だったこともあり、浮気は未遂だったものの怒りが収まらず、しばらく実家に帰りました。

ミサキ
ミサキ
なるほど~。

ダンサーの低収入な彼氏と結婚しようか迷っている人へのメッセージ

私は下の子が幼稚園に入るころに、自分がダンサーとして自分のレッスンを復活させました。

昔のつてをたどって、週に1度ダンスレッスンを開くことにしたのです。

久しぶりのレッスンの時には昔の教え子たちが集まってきてくれて、教え子が自分の子どもを連れてきたりと、なかなか感慨深い嬉しいレッスンになりました。

自分のキッズクラスのダンスレッスンには毎週7歳になる息子も参加するようになりました。

先日の発表会では、キッズクラスのダンスの合間に、スペシャルゲストのダンサーの彼と3人で親子で舞台に立つという夢のような時間を過ごすことができました。

同じ趣味を持つダンサーと結婚すると、家族でダンスができるのがとても幸せです。

これから3歳の娘もダンスを始めるので、次の発表会では家族4人で舞台に立てたらいいなと思っています。

子どもはダンスは趣味どまりにしてもらって、子どもには安定した公務員になってほしいと思っています。

ミサキ
ミサキ
mochiさん、ありがとうございました。

ダンサーの彼氏と結婚しても、ダンスで生計を立てるのは難しいのですね。

ネコ先生
ネコ先生
ダンサーではない彼氏を探すのは今が最後のチャンスかもしれません。

ダンサーよりも安定した職業についている男性を探して、結婚したほうが自分も幸せになれるかもしれません。

東証一部上場企業「IBJ」が運営している日本最大級の婚活サイト「ブライダルネット」なら、結婚願望の強い利用者が多く、職業検索から堅い仕事についている男性をカンタンに探すことができます。

ネコ先生
ネコ先生
利用登録しなくてもお試し検索ができますので、どういう男性が利用しているのかのぞいてみてください!