自動車部品の営業マンの彼氏と結婚しても大丈夫?低収入な男性を結婚相手に選んで苦労したこと3つ

ネコ先生

ネコ先生
「愛があればお金がなくても大丈夫」という人もいるけれど、ある程度の経済力がないと結婚生活が不幸になってしまうこともあります。

今回は、自動車部品の営業マンの低収入男性(年収300万以下)と結婚をして苦労したまゆさん体験談を聞いてみたいと思います。

自動車部品の営業マンの男性がすべて低収入だとは限りませんが、まゆさんは低収入な彼氏と結婚して苦労をしているそうです。

ミサキ

ミサキ
まゆさんよろしくお願いします。
まゆ(20代)事務員

まゆ(20代)事務員
こんにちは。

私は自動車部品の営業マンの低収入な彼氏と結婚して苦労をしています。

私の体験をこれから結婚する人に参考にしてもらいたいです。

自動車部品の営業マンの低収入な彼と出会ったきっかけや出会った場所

彼と出会ったきっかけは友達の紹介でした。

私の友達とその友達の男の子が遊ぶ約束をしていて、そこに私と現在の旦那さんが誘われて4人で遊ぶことになって初めて会うことになりました。

夏の終わり頃居酒屋にいき、その後はカラオケで朝まで遊びました。
その後はみんなで友達のアパートに行き、仮眠をとりアパートでゆっくりしていました。

彼らは夜飲み会だったので、飲み会場まで送り届けバイバイしました。
初めて会ったのにほぼ一日中一緒にいました。

みんなで遊んだ時に周りが「番号交換しなよ」といったこともあり連絡先を交換しました。
友達が言わなければあのまま交換しないで「結婚もしなかったのかな」とも思ったりするので何気ない一言が人生を変えるんだなと思います。

その日からはずっとラインを続けてたまに遊んだりして、お付き合いが始まりました。

自動車部品の営業マンの低収入な彼氏と結婚して苦労したこと

貯金ができない

低収入なのでもらう額は少ない割に支出が多くて、貯金ができないことです。

毎月本当にかつかつで支払いを終え、気づけば残りの残金が少なすぎて娯楽費も余裕ないくらいです。

毎月かかる携帯料金、生活費、保険、車のローンなどは仕方ないにしても、支出が多すぎて家計が火の車です。

携帯料金はできる限り安く抑えられるように気をつけています。

服は去年一昨年と昔買ったものの着まわしは当たり前で、必要ならばプチプチの安いものを探します。

食費も贅沢は言ってられず、納豆やお豆腐など安く買えて栄養が取れる食材を探して買います。

日用品も特売日やポイントが高い日を選んだりと、試行錯誤しながら必死に生きています。

自由に贅沢をしている人をみると本当に羨ましくなりますが、大変な思いをした反面幸せもあると思って日々精進しています。

お金を増やすためにギャンブルをする

低収入のくせにお金を増やそうとギャンブルをすることです。

けれどもギャンブルに強いわけではなくむしろ弱いので、少ない貯金が更に少なくなり今では諭吉1枚くらいしかなくなりました。

高給取りだったらこんな事もないのかなと思います。
低収入が故に少しでもお金を増やそうとして、ギャンブルに走って失敗してまた自らの首を締めています。

増やそうとしている気持ちは嬉しいですが、結局減るなら最初からギャンブルはやらないで、あるお金を大切にしてコツコツ貯めていく方が確実に溜まると思うのですが。

お金がなくなって痛い目にあったので、この機会に変わってくれることを願うばかりです。

急な出費に対応できない

臨時にお金が必要になったときに困る事です。

結婚式やお葬式などの冠婚葬祭や車や家具、家電の修理など一回でかかるお金が大きいものの出費の時にお金が用意できなくなることです。

低収入なので貯金もままならず毎月ぎりぎりなので、一回に何万円と飛ぶときは大変です。

貯金を切り崩したり、ボーナス払いにできるものはカードで支払いボーナス払いにしたり、時には両親に借りたりとあの手この手でなんとかして生きてきました。

両親に借りるのも借金ということに変わりはないので、できればしたくありません。
が、どうしようもなく足りないので借りた事もあります。

結婚式は前もってわかりますが家電の故障、修理は前もってわからず急にくるので困ります。
その時にお金が用意できないとどうしようもないです。

ミサキ

ミサキ
なるほど~。

自動車部品の営業マンの低収入な彼氏と結婚しようか迷っている人へのメッセージ

「若いうちは愛があればお金なんてなくたって生きていける」と強く思う人はたくさんいると思います。

実際生活してみるとお金がないと何もできません。
何をするにもお金が必要です。

我が家は私の奨学金と車のローン、旦那さんの車のローンもあったので余計に大変でした。
奨学金や車のローンがないだけでも毎月の余裕はあると思います。

誰だって低収入の人とは結婚したくないと思いますよね。
苦労するのが目に見えてるから。

けれども一緒に苦楽を共にし、生活に余裕ができた頃「昔はあれが大変だったね」など苦しかった事が笑い話や思い出に変わります。

その時は大変だけれども、一緒に同じ方向を見て生きていくというのは一番幸せな事なのかなと思います。

私も今は大変だけれども、今の苦労が笑い話になる日を夢見て毎日頑張っています。

ミサキ

ミサキ
まゆさん、ありがとうございました。