マッチングアプリをやめた方がいい男の9つの特徴!向いてない理由と他の出会い方

マッチングアプリを使っていても、労力の割に恋人ができずに「もしかして自分はマッチングアプリをやめた方がいい男かも」と疑問が浮かぶ男性は多いようです。

マッチングアプリは便利なツールですが、使う人の性格などによる要因のために、マッチングアプリがあう人、あわない人がいることは確かです。

ここでは、マッチングアプリをやめたほうがいい男性の9つの特徴を解説していきます。マッチングアプリをやめた方がいい理由と、他の出会い方も紹介します。

幸せな結婚への第一歩

結婚したいなら、結婚相談所の利用が近道。「素敵な出会いはある?」「何から始めたらいい?」と悩む人に試してみてほしいのはツヴァイの結婚診断(無料)です。

2分の回答で、あなたの希望にあう3名のお相手候補を無料紹介してもらえます。「この人と結婚できたら素敵」という相手を見つけられたら、モチベーションが上がって楽しく婚活できますよ。

来店不要、無料ですし、診断しても入会する必要はまったくないため、気軽に診断してみてくださいね

\ 結婚までの道筋が見えてくる /

無料診断のみで入会しなくても大丈夫です。

目次

マッチングアプリをやめた方がいい男の特徴9つ

マッチングアプリをやめた方がいい男性の特徴を9つ解説していきます。

相手のプロフィールをうのみにする男性

相手のプロフィールをうのみにする男性は、マッチングアプリをやめた方がいいでしょう。

相手のプロフィール写真やプロフィール内容からつたわることは相手の一面にすぎません。しかも、魅力的にみせるためにプロフィールを盛る人は多いです。

マッチングアプリでは相手プロフィールは参考程度にとらえ、相手との関係を深める中で、真実化を確かめる必要があります。

人を見る目のない男性

人を見る目のない男性はサクラや業者に騙されやすいため、マッチングアプリをやめた方が良いでしょう。

マッチングアプリは気軽に使えるのが良い反面、詐欺目的の人も簡単に入り込めてしまうことは否めません。

相手の本質や意図を見抜く力が不足していると、偽のプロフィールや業者の甘い言葉に惑わされやすいです。マッチングアプリを利用しているうちに、怪しい会員はだんだんわかってくる人がほとんどですが、いつまでたっても美女すぎるプロフィール写真に惹かれ、誘導されるままにしたがって課金してしまう男性は、マッチングアプリをやめた方が良いといえます。

メッセージのやり取りが苦手な男性

メッセージのやり取りが苦手な男性はマッチングアプリは向いていないため、やめた方が良いといえます。

マッチングアプリではメッセージ交換が主なコミュニケーション手段であり、円滑なコミュニケーションを積み重ねないと関係性はすぐに終了してしまいます。そのため、メッセージのやり取りに苦手意識があったり、メッセージの送受信をめんどうに感じてしまったり、という特徴のある男性は、マッチングアプリは向いていません。

女性との会話が苦手な男性

女性との会話が苦手な男性、女性慣れしていない男性は、マッチングアプリは向いていません。

マッチングアプリでは自己表現やコミュニケーション能力の高さが恋人ができるかの鍵を握るといえます。女性との関係を築くためには、魅力的なプロフィールにしないと女性から興味をもってもらえません。そのため、日常生活で女性とあまり会話したことがない、などの女性心理を理解しがたい男性は、異性に魅力的に自己アピールすることは難しいため、マッチングアプリが向いていない可能性があります。

マッチングアプリを通じて女性とデートできたときにも、会話が弾まないと次の機会はありません。

まじめすぎる男性

まじめすぎる男性はマッチングアプリは向いていないため、やめた方が良いでしょう。

ひとりひとりとの関係性を大事にするまじめすぎる男性の場合、メッセージが突然来なくなったとき、相手が突然退会してしまったとき、ブロックされたときに、多大なショックを受けてしまいます。

関係性が終わっても、さらっと受け流して次に行ける軽めの男性の方がマッチングアプリは向いているといえます。

期待しすぎる男性

マッチングアプリで出会う相手に期待しすぎる男性は、向いていないいためにアプリをやめた方が良いでしょう。

アプリ上の相手に対して過剰な期待を抱くと、現実とのギャップに失望しやすくなります。

プロフィールを盛っている人がほとんどなので、実際に会ってみると「思っていたのと違った」というように幻滅するケースは多いです。結果として、相手に対する不満や不信感が生まれ、次のデートにつながらず、関係が終わってしまうことが多いと言えるでしょう。

受け身な男性

受け身な男性はマッチングアプリをやめた方がいいといえます。

マッチングアプリでは自己を主張し、積極的な人から恋人ができるといっても過言ではないでしょう。自分からコンタクトを取り、相手に興味があることを示すことから、相手との関係性は始まります。

受け身な男性は自分の魅力をアピールする機会がありません。他の多くの男性会員の中に埋もれ、女性から注目されることはありません。

惚れっぽい男性

惚れっぽく、感情移入しやすい男性は、マッチングアプリは向いていません。

アプリ上の出会いは表面的であり、メッセージのやり取りを重ねて薄い関係性から深い関係になっていきます。とはいえ、実際に会ってみないことには恋人になるか、交際関係が続くかは判断できません。

そのため、メッセージのやり取りの段階で相手のことを本気で好きになってしまうような惚れやすい男性だと、結果として、相手に対する過度な期待や妄想が生まれやすいです。期待を裏切られたときの失望や不満は大きなものになるでしょう。

1年以内に結婚したい男性

1年以内に結婚を希望する男性は、マッチングアプリは向いていないためやめた方がいいでしょう。

マッチングアプリは、会員数が多いのが良い反面、結婚は希望せずただ恋人を探したいだけの人も多く活動しています。

そのため、自分と同じように結婚願望のある会員を見つけるのがまず大変。幸運にも、結婚への熱意が高い相手を見つけられても、数年の交際期間を経てから結婚する人が多いからです。

デメリットから見るマッチングアプリやめたほうがいい理由

マッチングアプリをやめた方がいいのは、マッチングアプリの特徴があなたの性質・性格とあっていないからです。

ここでは、マッチングアプリをやめた方がいい理由と、マッチングアプリの特徴をあわせて解説していきます。

メッセージが続かないと会えない

マッチングアプリはメッセージのやり取りが続かないと、相手に会うことができません。

女性の警戒心は強く、すぐに会うことを承諾する女性は少数派だと考えられます。

そのため、相手にとって心地よいタイミングでメッセージのやり取りをし、会うに値する男性だと思われなければなりません。

とはいえ、マッチングアプリでメッセージをする相手はリアルの知り合いでないため、簡単に関係性を終わらせることができます。

メッセージを続けて会う約束をし、実際に会って話をすることはかなり難しいことなのです。

会員数が多いからライバルも多い

マッチングアプリは会員数が多いため、出会いのチャンスも多いです。たくさんの人の中から好みの異性を探せる、とても便利なツールです。

一方、会員数が多いからライバルも多いのがマッチングアプリの困ったところ。

そのため、たくさんの会員の中から一歩抜きんでたり、注目される何かをプロフィールに入れて、女性から興味を持ってもらわなけらばなりません。

アピールできることが見つからないと、マッチングアプリを使っていても誰にも注目されずに散々な目にあうことが考えられます。

人柄で勝負しにくい

マッチングアプリの出会いは人柄で勝負しにくいことは大きなデメリットです。

条件検索が充実しているため、学歴・職業・年収・年齢などの条件に気を取られやすく、これらの条件が秀でていないと、興味を持ってもらえないことが多いです。

リアルの出会いなら、

  • 何をやらせてもダメだけど、愛嬌がある
  • 学歴は低いけど、一緒にいると癒される

というように、条件よりも一緒にいるときの空気感で好意を寄せられ、恋愛に発展するケースはあります。

マッチングアプリで実際に会ったら、あなたの人柄を評価されて好きになってもらえるかもしれません。ですが、会うまでのハードルが高いために、人柄で勝負な男性はマッチングアプリでの出会いは難しいといえるのです。

メンタルがやられる

マッチングアプリの利用により、ストレスが膨大になりメンタルがやられるデメリットが考えられます。

マッチングアプリは、見た目やプロフィールでまず判断されます。相手がたとえ会ったこともない人たちでも、簡単にブロックされたり、メッセージを無視されたりということが続くと、徐々に人格否定されているような気持になり精神的に負担をかけていくことが考えられます。

また、アプリ利用の中毒性や疲労感がストレスを増加させることもあります。

気づいたら、空き時間があればアプリを開いていて、依存度が増してしまっていることもあります。

毎日何時間もマッチングアプリのために時間を費やし、費やす時間の割に効果がないことにストレスを感じてしまうものです。

やめた方がいいと言われるけれどもマッチングアプリのメリットも知っておこう

マッチングアプリのデメリットと言える特徴のために、利用はやめた方がいい男性がいることは確かですが、マッチングアプリのメリットも知っておきましょう。

実は、婚活サービスを通じて結婚した人の割合は増加していて、婚活サービスの中でもマッチングアプリ(ネット系婚活サービス)を利用して結婚した人の割合が抜き出て高いというデータが出ています。

ブライダル総研2023
引用:「婚活実態調査2023」ブライダル総研(https://www.recruit.co.jp/newsroom/pressrelease/2023/0921_12627.html)

そのため、マッチングアプリをやめてもいいかもしれませんが、しばらく利用を休んだあとに再度挑戦する、という選択肢を残すのもアリかもしれません。

マッチングアプリやめた方がいい男性向け!恋人をつくるための心がけ

マッチングアプリをやめた方がいい男性むけに、マッチングアプリ以外で恋人を作るための心がけを紹介していきます。

恋人募集と宣言する

周りの人に「恋人募集中」と宣言することは、恋人をつくるために効果的です。

同じように恋人募集中の人がいれば、紹介してもらうチャンスがあるかもしれません。

また、宣言することで、自分の意図を明確にし、意識的に出会いを探せるようになります。

清潔感を心がけ、身だしなみを整える

恋人がほしいなら、身だしなみを整えることはとても重要です。

特に、女性は清潔感を大切にします。

当たり前のことですが毎日シャワーを浴びる、髪型を整える、洗濯された服を着る、という基本的なことを意外とできてない男性は意外と多いです。

おしゃれになる必要はありません。清潔感を心がけて身だしなみを整えるという最低限のことを常に心がけましょう。

人が集まる場所に顔を出す

恋人募集中なら、人が集まる場所に積極的に顔を出しましょう。

めんどうだったりおっくうだったりするものですが、疎遠になっている同窓生との会合に出向いたり、会社の飲み会に参加したりと、人からの誘いは断らずにどこへでも参加するといいでしょう。

人の集まるところに、出会いはあります。ひょんなことから、恋人候補との出会いのきっかけが見つかる可能性があります。

マッチングアプリやめた方がいい男性向け!他の出会いの方法

マッチングアプリは恋人づくりに効果的とはいえ、他の出会いの可能性を考えてみましょう。

婚活パーティーを試してみる

婚活パーティーを利用してみましょう。

婚活パーティーは、参加したら必ず異性に出会えます。

もしもあなたが女性との会話に苦手意識があるなら、婚活パーティーは女性慣れするにはうってつけです。何度も参加して、女性とのコミュニケーション力を磨きましょう。

結婚相談所の入会を検討する

結婚願望があるなら、結婚相談所への入会を検討するのも良いでしょう

結婚を目的とするなら、結婚相談所の利用はとても効果的です。というのも、結婚相談所には次の特徴があるから。

結婚相談所の特徴
  • 結婚願望の高い人が集まる
  • プロのサポートがある
  • 1年以内に結婚しやすいシステムが整っている

実は、マッチングアプリから結婚相談所に乗り換えている人は増えています

引用:PRTIMES(婚活事業を複合展開する株式会社IBJ)
幸せな結婚への第一歩

結婚したいなら、結婚相談所の利用が近道。「素敵な出会いはある?」「何から始めたらいい?」と悩む人に試してみてほしいのはツヴァイの結婚診断(無料)です。

2分の回答で、あなたの希望にあう3名のお相手候補を無料紹介してもらえます。「この人と結婚できたら素敵」という相手を見つけられたら、モチベーションが上がって楽しく婚活できますよ。

来店不要、無料ですし、診断しても入会する必要はまったくないため、気軽に診断してみてくださいね

\ 結婚までの道筋が見えてくる /

無料診断のみで入会しなくても大丈夫です。

  • URLをコピーしました!
目次