玉の輿エピソード

【イギリス】クイーンマザーの伝説的エピソードから学ぶ玉の輿のつかみかた

ミサキ(管理人)
ミサキ(管理人)
今回は、現エリザベス女王の母君であるクイーンマザーをご紹介していきます。

 

この記事では、実際にあったエピソードから、玉の輿をつかみ、しあわせな結婚生活をおくったポイントやノウハウをご紹介していきます。

玉の輿にのるヒントが見つかるかも!?

関連本

クイーンマザーの玉の輿エピソード

玉の輿にのったクイーンマザーの生い立ち

出身はスコットランド貴族

クイーンマザーは、ジョージ6世の王妃で、現エリザベス女王の母君です。

1900年8月生まれ、名門スコットランド貴族であるストラスモア伯爵の、10人兄弟の9番目の末娘。

正式名は「レディー・エリザベス・アンジェラ・マーガレット・ボウズ=ライアン」。

 

クイーンマザーの母方は、「キャバンディッシュ家」。
この「キャバンディッシュ家」は首相も出した家柄です。

一方、父方のスコットランド貴族は、イングランド貴族の次点でした。

 

クイーンマザーは、幼少時、父の居城であるグラームス城と、セント・ポールズ・ウォルデンで過ごしました。

グラームス城は、王室の人たちもしばしば訪れる場所。

そのため、クイーンマザーと兄弟たちは、同じ年代の王室の子供たちと一緒に遊んだこともあるそうです。

子どものころから優秀だったクイーンマザー

クイーンマザーは、子どものころから優秀でした。

8歳で家庭教師がついたのち、ロンドンの学校に通います。

古代ギリシアの哲学者クセノフォンの著作を題材とした作文を書いて、教師たちをびっくりさせたほど、早熟な才能を発揮。

聖書学と文学が得意でした。

 

その後、13歳でオクスフォード・ケンブリッジ資格試験に優等で合格します。

舞台となったイギリスの時代背景

クイーンマザーの14歳の誕生日、イギリスはドイツに宣戦布告し、第一次世界大戦に参戦します。

クイーンマザーの4人の兄たちも陸軍に従軍し、一人は戦死、もう一人は捕虜に。

ストラスモア伯爵家のグラームス城は、戦時負傷者の療養場所として提供され、15歳のクイーンマザーも、グラームス城で負傷者の看護を手伝いました。

ミサキ(管理人)
ミサキ(管理人)
クイーンマザーの若い頃をよりよく知るためには海外ドラマ「ダウントン・アビー」を観るのがおすすめです。

ドラマ「ダウントン・アビー」にでてくるグランソン伯爵の三姉妹から、当時の貴族女性の生活や結婚事情などを思い浮かべてみてくださいね。

玉の輿にのるきっかけとなったできごと

デビュタント

貴族の子女は、18歳になると舞踏会に招待されて社交界デビューします。

社交界デビューする初々しい紳士、淑女たちを、デビュタントといいます。

 

ヒストリーチャンネルで放送されたイギリス制作の番組によると、クイーンマザーは、彼女がデビューした年のデビュタントの中で、トップの評価。

クイーンマザーは、注目度ナンバーワンの魅力的な女性だったようです。

ジョージ5世の次男に求婚される

クイーンマザーは、ジョージ5世の次男に求婚されます。

ジョージ5世の次男アルバート王子は、内気な性格で海軍軍人でした。

 

内気な性格のため、こんなエピソードがあります。

ヒストリーチャンネルの番組にでていた歴史家によると、アルバート王子は侍従か宮内長官に「クィーンマザーを誘ってくれないか」と頼んだそうです。

とはいえ、「最近の若い方は、直接誘う方が好まれるということなので、ご自分でお誘いになったらいかがですか」と突き放される結果に。

 

ともかく、1921年にアルバート王子はクイーンマザーにプロポーズします。

そして、断られてしまいます。

 

断られましたが、アルバート王子は「クイーンマザー以外の人との結婚は考えられない」とクイーンマザーに執着するんですよね。

 

そこで、アルバート王子の母、メアリー王妃が、クイーンマザーに会いに、わざわざスコットランドのグラームス城を訪れることに。

そして、メアリー王妃は「クイーンマザーこそが、息子を幸せにできる女性だ」と確信します。

息子と結婚してくれるよう説得しましたが、それでもクイーンマザーは承諾しなかったのでした。

 

1922年、クイーンマザーの友人でアルバート王子の妹、メアリー王女の結婚式の付添人を務めます。

その際、アルバート王子は再びクイーンマザーにプロポーズ。
ですが、また断られてしまいます。

 

断られても断られても、クイーンマザーのことが諦められなかったのでしょう。

そして、1923年1月に再々度のプロポーズで、やっとクイーンマザーは結婚を承諾したのです。

 

クイーンマザーは、アルバート王子には惹かれていたものの、王室入りへの決心に時間がかかったのかもしれませんね。

2人はその年の4月、ウエストミンスター寺院で結婚式を挙げたのでした。

ジョージ5世のお気に入りに

ヒストリーチャンネルの番組の歴史家によると、クイーンマザーは舅のジョージ5世にとても気に入られたようです。

 

それがわかる、仰天すべきエピソードを紹介します。

写真でも見るからに、いかめしい髭面のジョージ5世は、時間厳守で遅刻を許さない人でした。

が、あるとき、クイーンマザーが遅れて到着することがあったんですよね。

もちろんクイーンマザーは謝りました。

遅刻を許さないジョージ5世なので、クイーンマザーはこっぴどく叱られることを覚悟したでしょう。

 

ところが、ジョージ5世は若い嫁を叱るどころか、「いいえ、あなたが遅れたのではない、私たちが早く来過ぎたのです」と言ったそうです。

国王陛下ジョージ5世が、クイーンマザーの人格を尊重し、認めていると、周囲の人々も驚いたでしょう。

 

ジョージ5世は、アルバート王子とクイーンマザーの間に生まれた、エリザベス王女を溺愛したそうです。

これはスゴイ!さすがの財力と権力がわかるエピソード

豪華客船の名前に

豪華客船の初代のクイーンエリザベス号は、エリザベス女王ではなく、クイーンマザーからとられた船名です。

競馬好きで、競走馬も所有

クイーンマザーの競馬好きは有名でした。

特にグランドナショナルが好きで、競走馬も何頭も所有していました。

1年にわずか4週間ほど過ごすだけのお城を持っていた

クイーンマザーは、ジョージ5世と死別後、スコットランド北岸のケイスネスにあるメイ城 を手に入れて修復させます。

クイーンマザーは、亡くなるまで毎年8月の3週間、10月の10日間をメイ城で過ごしました。

バースディには軍隊のパレード

クイーンマザーの8月の誕生日には、毎年、軍隊のパレードが行われました。

この軍隊は、クイーンマザーが名誉隊長になっている軍隊です。

 

軍隊のパレードは、住居のクラレンスハウスの前を通ります。

群衆からクイーンマザーに花束やプレゼントが渡され、女王以下、ロイヤルファミリーが門の前で迎える華やかな行事でした。

玉の輿のその後

アルバート王子はジョージ6世に

アルバート王子との結婚後、クイーンマザーは「ヨーク公爵夫妻」となります。

2人の娘にも恵まれました。

王室のなかに「身分違い」と言う人もなく、夫アルバートとの間の愛情も深く、短いながらも幸せな結婚生活だったようです。

 

アルバート王子はいつも「我々4人」という表現を使い、家族の絆を大事にしたようです。

 

1936年に父ジョージ5世が崩御後、長兄のエドワード8世がシンプソン夫人と結婚するために退位します。

そのため、アルバート王子はジョージ6世として即位しました。

 

アルバート王子は「国王になる訓練は受けていない」と、悲壮な気持ちでの即位です。

第二次世界大戦が勃発したこともあり、国王であることは精神的にも肉体的にも大変な負担だったんですよね。

国王を支えるクイーンマザー

クイーンマザーは、即位した夫を全身全霊で支えます。

イギリス国民を励ますために、あちこちを訪問し、チャリティー活動も行いました。

 

また、アルバート王子は吃音症で、公式な場での演説が苦手。

そのため、クイーンマザーは、夫の吃音症の改善に全面的に協力しました。

オーストラリア人セラピストの、ライオネル・ローグらの治療を受けさせます。

この模様は、映画「英国王のスピーチ」を観るとよくわかります。

戦禍のイギリスを団結させる

第二次世界大戦になり、ロンドンがドイツ軍に空襲されるようになりました。

エリザベス現女王と、妹のマーガレット王女を「カナダに疎開させよう」という話も出るほどに。

このときに、クイーンマザーが疎開を拒絶した逸話は有名です。

「私の子供たちは私のもとを離れません。また、私は国王陛下のもとを離れません。そして、国王陛下はロンドンをお離れになりません」と。

 

また、バッキンガム宮殿がドイツ軍の空襲を受けたときも「爆撃されたことに感謝しましょう。これでイーストエンド(貧しい人々の住む下町)に顔向けできます」というコメントをしています。

 

国民と共に歩むイギリス王室が、難しい戦争前後の時代を切り抜けられたのは、クイーンマザーの内助の功あってこそでしょう。

 

ヒトラーは、イギリスの士気に多大な影響を与えるクイーンマザーを「ヨーロッパで最も危険な女性」と恐れたほどでした。

 

ジョージ6世は1952年に亡くなり、娘のエリザベスが女王として即位しました。

そして、クイーンマザーは101歳まで長寿を保って、2002年に亡くなりました。

クイーンマザーは、イギリス国民の敬愛を失わず、毅然とした態度で王室存続の危機をのりこえてきました。

そのために、いつまでも記憶に残る女性となったのですね。

クイーンマザーのエピソードからわかった!私にもできる?玉の輿チャンスをつかみ幸せな結婚生活をおくるポイントとは

 上の人をも惹きつけるカリスマ性

クイーンマザーは小柄で控えめな印象もありますが、威厳があり、存在感がありました。

クイーンマザーは、若いころもカリスマ性を持ちあわせた女性だったのでしょう。

気の弱い男性が頼りたくなる母性を持っていたのかもしれません。

 

デビュタントのナンバーワンで引く手あまたの女性に、引っ込み思案でおとなしい男性が、断られて断られてもあきらめきれず、母親まで説得に登場しました。

「クイーンマザーしかいない」と必死になってプロポーズしている様は「玉の輿」というよりも、むしろ逆に「三顧の礼を持ってもろ手を挙げて迎えた」という感じが濃厚ですね。

誰もを惹きつける魅力は、いつの時代でもしあわせな結婚のためには必要だといえます。

常に夫を支える

クイーンマザーは、いつのときでも夫を支え続けました。

そして、イギリス王室を支える気概を持ち続けたんですよね。

 

クイーンマザーは「アルバート王子に懇願されて結婚した」とか「ジョージ5世やメアリ王妃に気に入られた」ということに甘えて、贅沢三昧の自分勝手な生活をする人ではありませんでした。

 

仮に、クイーンマザーが自分の贅沢のために散在し、自分の利益だけのために動く人だったら、結婚生活は早々に破綻していたはずです。

夫・そしてイギリス王室のために動く人だったからこそ、クイーンマザーはいつも愛される存在・必要とされる存在だったのでしょう。