玉の輿エピソード

【フランス】ありきたりな男にはなびかない。ウージェニー妃から学べる玉の輿につながる恋愛テクとは

ネコ先生
ネコ先生
こんにちは!玉の輿専門学校のネコ先生です!

今回は、フランスで玉の輿にのったウジェニー・ド・モンティジョのストーリーについてご紹介していきます。

ウージェニーは、ナポレオン3世の皇后となった女性です。

オーストリア・ハンガリー帝国のエリザベート皇后と並び、この時代を代表する美貌の皇后と言われています。

ウージェニー皇后の玉の輿エピソード

玉の輿に乗ったウージェニーの生い立ち

ウージェニーの本名は、マリア・エウヘニア・イニャシア・アグスティナ・デ・パラフォクス・イ・キルクパトリックです。

ウージェニーは1826年5月5日に、 スペイン王国のグラナダに生まれました。

通称の「ウジェニー・ド・モンティジョ」とはフランス語読みの名前で、スペイン語読みにすると「エウヘニア・ド・モンティホ」になります。

ウージェニーはスペインの名門貴族の娘で大金持ちでもありました。

ウージェニーの父はテバ伯爵、モンティホ伯爵など、いくつもの称号を持つスペインの名門貴族で、母マヌエラは果物とワインの貿易で儲けてマラガに相当な資産を持つスコットランド人の父から資産を受け継いだ人でした。

また、後にスエズ運河を作ったレセップスはウージェニーの従兄にあたります。

ウージェニーは1つ上の姉マリア・フランシスカ「パカ」と共に、フランスの修道院で教育を受けました。

スペインの美貌の貴族姉妹は若い頃からフランスでも有名だったということです。

そして父モンティホ伯爵がウージェニーが12歳のときに亡くなると、姉とウージェニーがテバ伯爵家の資産や称号も受け継ぎました。

ウージェニーの母マヌエラは、パリでサロンを主宰していました。

母マヌエラはメリメ(「カルメン」の作者)、スタンダール(歴史家)とも親しかったのです。
このメリメとスタンダールはウージェニーとパカ姉妹の家庭教師をしていたうえに、作品のインスピレーションもこの姉妹にもらったということです。

「パルムの僧院」などの名作小説は、ウージェニーなしでは生まれなかったといっていいでしょう。

年頃になるとウージェニーは、幼馴染のアルバ公爵と結婚したいと思い、アルバ公爵もそのつもりだったようですが、母は姉の「パカ」とアルバ公爵(姉でも妹でもどちらでもよかったみたいです)を結婚させました。

ウージェニーはショックを受けたといいますが、その後、ヨーロッパ中のそうそうたる貴族たちに求婚されても結婚せず、「鉄の処女」と仇名されたということです。

ところが、ウージェニー26歳のときに皇帝となったナポレオン一世の甥であるナポレオン3世と出会い、求婚されてしまいました。

舞台となった時代背景

ウージェニーの結婚相手のナポレオン3世は、あのフランス皇帝ナポレオン・ボナパルトの弟の3男で、甥にあたります。

母はオルタンス、ナポレオン1世の最初の妻ジョゼフィーヌと前夫との娘です。

ちょっと短絡的ではありますが、ナポレオン3世は、本人の資質よりもナポレオンという名前を最大限に生かした政治家だったようです。

若い頃から一度も結婚せず様々な愛人遍歴を重ね、大金持ちのイギリス人元売春婦ミス・ハワードの支援で大統領になり、その後1852年に皇帝に即位したのですが、すでに44歳で、まさか元売春婦を皇后にするわけにはいかず、ヨーロッパ王族の誰かと縁組するつもりでした。

しかし、カトリックであることや、フランス皇帝といっても政治的立場の不安定さがネックとなり、イギリスのヴィクトリア女王の異父姉の娘でドイツのホーヘンローエ家のアデレイドなど、これはと思う王族には断られていたところに、ウージェニーと出会ったのです。

ウージェニーが玉の輿に乗るきっかけとなったできごと

姉の結婚後、母はウージェニーももっと良い相手と結婚させようとしていました。

ウージェニーは姉の結婚後、結婚相手を探すため母と共にフランスのパリで暮らしていました。

スペイン貴族ではありましたが、フランスで教育を受けたこともありフランス語が母国語で次がスペイン語でした。

そして1848年にナポレオン3世が第二共和政の大統領になったとき、ナポレオン3世の従妹のマチルド公妃のサロンでナポレオン3世とウージェニーは出会いました。

名うての女たらしのナポレオン3世は、ウージェニーに目をつけて色々と迫ってきたのですが、ウージェニーは情熱的なスペイン女性でも、恋愛にたけたフランス人女性でもない反応をしました。

つまり、あの手この手で迫るナポレオン3世の求愛行動を、さらりと受け流すというよりぴしゃりと拒否したといいます。

しかしナポレオン3世は自著「貧困の撲滅」を進呈し、その夢想的な内容がウージェニーの心を動かしたのでした。

1853年1月、ナポレオン3世とウージェニーは、ノートルダム寺院で結婚式を挙げました。

これはスゴイ!さすがの財力と権力がわかるエピソード

マリー・アントワネットの遺品を収集

ウージェニーはマリー・アントワネットに興味を持っていたので、結婚して皇后になってからはアントワネットの遺品を集めて展示会も開きました。

そしてマリー・アントワネットが愛したベルサイユ宮殿の小トリアノン宮を再興することにして委員会を作りました。

トリアノンの庭園と製作所を修復し、マリー・アントワネットがいた頃に近い状態に復元したのです。

これは1867年の第2回パリ万国博覧会開催時に公開されました。

戴冠式用の王冠など貴重な宝石を所有していた

ルーブル美術館ではウージェニー皇后の王冠などが展示されています。

最近も、141カラットのダイヤモンドをあしらったウージェニー愛用のブローチがオークションに出品され、ルーブルが672万ユーロ(約11億円)で落札し、100年以上の時を経てフランスに戻ったということです。

ウージェニーは実家もお金持ちですが、やはり皇后となると由緒ある宝石をたくさん持っていたんでしょうね。

玉の輿のその後

フランスのファッション・リーダーとなる

ロング・スカートをより広げてフランス人形みたいにするために、クジラの骨とかでできた枠のようなものがありますよね。

それまでは、重いペチコートを重ね着していたのですが、あの枠で軽くふわりとボリュームのあるスカートになったのです。

あれは、「クリノリン」と言い、ウージェニーがはじめて取り入れて大流行しました。

ミサキ
ミサキ
美貌のフランス皇后ウージェニーは、ファッション・リーダーとしても注目を集めていたんですね。

ヨーロッパを代表する美人として、オーストリアのエリザベート皇后と比べられるほどになった

エリザベート皇后よりもウージェニーの方が9歳年上ですが、どちらが美しいかというのは巷の評判だけでなく、ご本人たちも意識していたようです。

1867年8月、ナポレオン3世とウージェニー皇后がザルツブルグを訪問したとき、エリザベート皇后とウージェニー皇后が化粧室で鏡の前に立ち、リボンでお互いの脚の長さを測りあいこして、どちらの脚がヨーロッパ一か決めようとしていたということです。

この様子をのぞき見した人が、ずっと後の60年後に孫に回想した話が「麗しの皇妃エリザベート」に載っています。

17年間フランス皇后であったウージェニ―はその後もずっとイギリスに住み、第1次世界大戦後まで96歳の長寿を保ったのちに亡くなりました。

参考文献(Amazonリンク) フランスの歴史をつくった女たち 第9巻第10巻 ギー・ブルトン著

玉の輿エピソードからわかった!私にもできるお金持ちと結婚するためにするべきことと結婚生活円満のポイントとは

どんなに相手が高スペックでも、自分を安売りしない

ウージェニーの相手のナポレオン3世は、それまで一度も正式に結婚せず、愛人は数知れずということでもわかるように女たらしで有名でした。

そしてウージェニーも名門貴族の出身ではあっても、フランスの皇后としてお歴々のヨーロッパ王族の仲間入りするにはちょっと格落ちではあったのです。

そういう理由で若い美人のウージェニーが、ナポレオン3世に気安くなびいていたとすれば、ただの愛人、日陰の存在、下手をすれば一夜限りのお相手だけになってしまったかもしれません。

が、ウージェニーは敬虔なカトリック信者でもありかなり賢い女性だったので、あくまでもきちんと結婚したいとしたのでしょう。

どんなにナポレオン3世がウージェニーに迫って来ても、絶対にベッドに入れなかったということです。

そしてナポレオン3世の書いた本を進呈されて、その感想などを手紙に書いたりと文通をしたところ、ナポレオン3世はウージェニーの美貌だけではなく知性にも惚れこんでしまい、真剣に結婚を考えるようになったのです。

「自分を安売りしないこと」は玉の輿を狙う女性には、見習うべきことだといえますね。

彼以外にも好感を持たれる努力をする

ウージェニーは外国訪問や多くの国民の前に出る公式行事で好感を持たれるようにしました。

現在の王族や大統領、大統領夫人たちは、テレビカメラや公衆の前に出るとき意識して好感を持たれるためにアルカイックスマイルであるとか、手の振り方も練習するそうですね。

結婚後、ウージェニーはフランス皇后として公衆の面前にあらわれて以来、一挙一動が決まっていて大変好感を持たれたということですが、なんと当時の有名な悲劇女優(しかも元ナポレオン3世の愛人でもある)に特訓してもらったということでした。

また外国訪問の際も、例えばヴィクトリア女王やアルバート公に好感を持たれるような気づかいとふるまいが成功し、かなりの好印象を持たれて、その後の親交にもつながったということです。

この頃は、パパラッツィはいなかったけれど、新聞や風刺漫画などが台頭してきたころでした。

以前はそこまで相手の元首や国民への好感度を意識した王族はいなかったはずで、大衆や外国人に自分がどう見られるかを意識して行動した最初の皇后がウージェニ―ではないでしょうか。

玉の輿のお相手は、やたらと親戚が多かったり、会社経営などをしていたりと、まわりに人が多いものです。

なので玉の輿を狙う女性は「いついかなるときも自分が見られている!」ということを意識した、人から好感を持たれるような言動を心がけたいものですね。

彼だけではなく、彼の周りにいる人からも好感をもたれるように努力や工夫をすることが、2人の中をうまく円満にする秘訣ともいえます。

多くの人に好かれている女性はとても魅力的ですからね。

彼の仕事に口出しはしない方が◎

ウージェニーはきちんと教育を受けた賢い女性であったため、ナポレオン3世が留守の間に摂政を任じられるなど政治に口を出すようになりました。

しかし、ウージェニーはスペインでの思春期の頃にダンスのお相手だった男性ホセ・イダルゴがメキシコの大使となって再会し、彼の「メキシコ現政権を倒してヨーロッパ王族を皇帝に」という案に乗ってしまいました。

そして、ナポレオン3世をたきつけてハプスブルグ家のフランツ・ヨーゼフ皇帝の弟マクシミリアン大公をメキシコ皇帝に擁立します。

でも、アメリカの介入によりフランス軍は撤退してマクシミリアン皇帝を見捨てたので、マクシミリアン皇帝はメキシコ共和国軍によって処刑されるという最悪の結果を招いてしまいました。

また、ウージェニーが積極的に支援して始まった普仏戦争でフランスが敗退、ナポレオン3世はプロイセンの捕虜となり、民衆の怒りが爆発してナポレオン3世の第二帝政は終わりをつげました。

このときウージェニ―はハンカチ2枚をバッグに入れただけで、パリから決死の逃亡をしてイギリスへ亡命しました。

釈放されたナポレオン3世とイギリスで亡命生活が始まりましたが、数年後にナポレオン3世は亡くなり、たったひとりの息子のナポレオン・ウージェーヌ・ルイはズールー戦争でイギリス軍として戦い21歳で戦死してしまいました。

もちろん、これらをウージェニーひとりの責任にするには重大事件すぎますが、玉の輿の結婚でもよほどのことがない限り、彼の会社の経営などにみだりに口を挟まないようにした方がよさそうです。