職業で出会う

記者の彼氏が欲しい!結婚したい!口説き落とすためにやった3つのこと

しまこ(30代)会社員
しまこ(30代)会社員
こんにちは。私は記者の彼氏ができました。

「記者の彼氏が欲しい」「記者の男性と結婚したい!」という女性は多いのではないでしょうか。

年収1000万円~の記者を口説き落とした私の体験談をお話していきます。

記者の彼氏をつくる近道は?
ネコ先生
ネコ先生
記者とどこで出会えばいいの?と思っている人もいることでしょう。記者は職場での出会いがない男性も多く、マッチングアプリに登録している人はたくさんいます。

ペアーズは累計登録者数が1,000万人超の利用者トップクラスのマッチングアプリです。

職業や趣味のコミュニティから記者を探せるし、女性は無料なので、すぐに登録しないと「記者と出会えない」と悩んでいる時間がもったいないです。

\女性は無料/

ペアーズで記者の彼氏候補をチェック⇒

記者の彼氏との出会いのきっかけ

しまこ(30代)会社員
しまこ(30代)会社員
記者の彼氏との出会いのきっかけは、友達が主催したバーベキューでした。

記者の彼氏と出会ったのは、今から4年前の26歳の夏です。

ちょうど、周りの友達が第一の結婚ラッシュでにぎわっていたので、私自身も結婚を視野に入れて彼氏が欲しいと出会いを探しているときでした。

自分が大学受験に失敗したからか、私は早慶や東大の卒業生に憧れを持ち続けていました。

その憧れの延長で早慶や東大などのトップクラスの大学出身者と結婚したいなと思っていたので、まずは早慶や東大の友達を作ることにしました。

大学時代から、バイトや遊びで出会った有名大学の友達と仲よくして、彼氏候補を紹介してとお願いしてまわっていたのです。

その結果、早稲田卒の友達が「大学の友だちが集まってバーベキューをやるよ」と誘ってくれて、そのバーベキューで記者の彼と知り合うことができました。

ミサキ
ミサキ
友達の紹介で記者の彼と出会ったんですね!

記者を口説き落として彼氏にするためにやった3つのこと

開催されたバーベキューは、男性10人女性10人くらいのあわせて20人くらいのものでした。

みんな同じ大学の人ばかりですでに知り合いらしく、どうやら私だけ部外者だったようです。

それでも、誘ってくれた友達には感謝なのですが、どうも1人でポツンとしがちで困りました。

ですが、気さくに話しかけてくれたのが記者の彼で、彼のおかげでみんなの会話に入れて楽しく過ごすことができました。

記者の彼はみんなの盛り上げ役で、話しやすく、話題も豊富で、そんな人気者の彼のことをすっかり好きになってしまいました。

しまこ(30代)会社員
しまこ(30代)会社員
記者を彼氏にするためにやったのは、次の3つのことです。

印象に残る会話をする

記者を彼氏にするためにやった1つめは、彼の印象に残る会話をすることです。

記者の男性は高収入ですし、職業もかっこいいので、狙っている女性が多いでしょう。

なのでライバルが多いことを最初に肝に銘じてください。
周りのライバルと同じことをやっていてはダメです。

初対面のときに、面白い子だな、次も会いたいと思われるために、自分のレアな趣味の話を熱く語ってみました。

記者は職業柄、好奇心が旺盛なので、珍しい話にかならず食いついてきます。

好意をアピールする

記者を彼氏にするためにやった2つ目は、好意をハッキリとアピールすることです。

誰でもそうですが、自分に好意があるとわかるのは嬉しいものです。

ハッキリと好意をアピールすると、印象に残りやすいですし、印象に残らないと忘れられてしまいます。

好意を表すために、私は彼の良い所をみつけてはハッキリ言葉にして褒めました。

記者はプライドが高いです。

記者の彼を持ち上げて、誉めちぎると良いです。
褒められて嫌な人はいません。

また、軽いボディタッチもしてみました。

いやらしくない程度に、ボディタッチするのもかなり有効的です。

外見を磨く

記者を彼氏にするためにやった3つ目は、自分の外見を磨くことです。

記者は仕事でいろんな人と会っています。

キレイな女性にもたくさん会っているので、自分も負けないようにキレイになる努力をしました。

体重を落とし、メイクを勉強し、服装もセンスの良い友だちにアドバイスをもらって清楚な服を着るようにしました。

記者の男性は高学歴で、育ちがいい人が多く、清楚で品がある服装を好むようです。

また、見た目だけでなく、所作や振る舞いも清楚で品があるように心がけました。

記者の彼の前だけ品よくしようと思っても、ぼろが出てしまうので、日ごろから心がけて身につけると良いです。

記者の彼氏とうまく付き合うポイント

しまこ(30代)会社員
しまこ(30代)会社員
記者の彼氏とうまく付き合うポイントを紹介します。
  • 記者の仕事を理解する
  • 不規則な仕事の彼をいたわる
  • 連絡がこなくても怒らない・責めない

記者の彼氏と付き合うなら、まずはどんな仕事をしているのか、勤務体系を理解しておくと安心です。

私の彼氏もそうでしたが、かなり激務です。

彼がどんなスケジュールで仕事をしているのかわかっていると、「連絡がない、浮気かな?」なんて不安になることはありません。

毎日仕事が忙しいので、休みの日はまったりおうちデートの方がいいかもしれません。

アクティブな彼女だとしても、記者の彼氏の身体をいたわって、癒しの存在になれると一緒にいたいと思われやすいでしょう。

また、仕事柄、連絡しても既読にならない、既読になっても返事が来ないことはザラです。

返事がこなくても、ドーンと構えていられるイイ女であることが、記者の彼氏とうまく付き合えるポイントだと思います。

記者の彼氏が欲しい人へのメッセージ

しまこ(30代)会社員
しまこ(30代)会社員
記者の彼氏が欲しいなら、まずは出会いを探すしかありません。

私はたまたま好きになった人が記者でしたが、まずは、出会わなければ何も始まりません。

記者の彼氏が欲しいなら、まずは学歴が高い女子と友達になることが一番の近道です。

学歴の高い女子と友達になって、普段からお願いしておくと、飲み会に誘ってもらえたり、紹介してもらえたりします。

ミサキ
ミサキ
しまこさん、ありがとうございました。

記者の彼氏が欲しいならマッチングアプリ

ミサキ
ミサキ
私も記者の彼氏が欲しいなぁ。

体験談を語ってくれたしまこさんのように、記者と知り合うきっかけがあれば良いのですが、実際は記者と知り合いになったり出会ったりすることはなかなか難しいものです。

ですが、マッチングアプリを利用すれば、誰にでも記者と出会うチャンスがあります。

マッチングアプリの良いところは、職業から異性をピンポイントで探せるところです。

記者の彼氏が欲しいなら、記者にしぼってアプローチすることもできます。

また、マッチングアプリはスマホさえあれば空いた時間で利用できるので、仕事が忙しい記者に好まれて良く使われているのです。

ネコ先生
ネコ先生
記者の彼氏候補をマッチングアプリで探すなら、ペアーズが抜群に探しやすいです。
  • 記者をカンタンに探せる
  • 同じ趣味の異性がすぐ見つかる
  • 利用者1,000万人~
  • 女性は無料
  • アプリ内ビデオデート機能あり

ペアーズで記者の彼氏候補を探すのはカンタンです。

検索条件の職種(職業)で「マスコミ」を選んで検索して探す方法もありますが、フリーワードに「記者」と入力して「この条件で検索」をタップすると、記者が300人以上もヒットします。

また、コミュニティ検索でも「記者」と入力して検索してみましょう。

  • 新聞記者(408人)

そうすると、このように新聞記者が集まるコミュニティが見つかりました。

女性は無料で利用できるので、試しにどんな記者の彼氏候補が登録しているかのぞいてみてはいかがでしょうか。

検索するには利用登録が必要ですが、カンタンな項目を埋めるだけなので1分ほどで終わりますし、試してみないともったいないです。

ペアーズを使わなかったら、いつもの生活の中で記者の彼氏候補と出会える可能性はほぼゼロです。

スマホでちょっと利用登録するだけで、記者との出会いのチャンスが広がっています。

ペアーズはこれまで30万人以上がカップルになっていて、利用者は平均4ヵ月で恋人ができています。

試してみたら、4ヵ月後には記者の恋人が隣にいる生活になっているかもしれません!

\女性は無料/

ペアーズで記者の彼氏候補を探す⇒