結婚相談所

結婚相談所の選び方まとめ!ランキングでは無い自分にあった結婚相談所の探し方

ネコ先生
ネコ先生
こんにちは!玉の輿専門学校のネコ先生です。

「結婚相談所の選び方を知りたい」という人は多いかもしれません。

「結婚相談所に入会したいけど、どこを選べばいいのかな」「信頼できる結婚相談所を知りたい」「結婚相談所はたくさんあるけれども何が違うんだろう」というように結婚相談所の選び方についての指針を知りたい人はかなりいるのではないでしょうか。

この記事では、結婚相談所の選び方についてまとめてみました。

自分にあう結婚相談所がわかる

どの結婚相談所を選べばいいのかわからない人には結婚相談所の一括資料請求が便利です。

【ズバット結婚サービス比較】では入力1分で通いやすく自分にあった結婚相談所が入力1分でわかり、資料を無記名で送ってもらえます。資料が手元に届くまで数日から数週間かかるので気になった今のうちから手続きだけ終わらせておくと、その後の活動がスムーズに進みます。家から近い結婚相談所をさがす(無料)⇒

結婚相談所の特徴

結婚相談所はこのような人が利用すると、お相手探しがスムーズにできます。

  • 結婚願望が強い人
  • 経済的に余裕がある人
  • 身元が確かな人と出会いたい人
  • ひとりで婚活が不安な人

おすすめの理由は、結婚相談所の特徴として次のメリット・デメリットがあるからです。

  • 担当者がついてサポートしてくれる
  • 短期間で婚活が終わりやすい
  • 他のサービスと比べたら費用がかかる(年間約20万~60万)
  • 月の紹介人数に制限がある

忙しい人や無料・格安料金でお相手探しをしたい人は婚活アプリを、外見重視な人やすぐ出会いたい人は婚活パーティーを利用しましょう。

結婚相談所のタイプ

結婚相談所には大きく分けて3つのタイプがあります。

仲人型

「仲人型」とは昔ながらの結婚相談所のタイプです。

仲人さんがお相手を紹介してくれるもので、人が人をつなぐので、データだけではわからない人柄や性格などから相性の良い人を引き合わせてくれます。

仲人さんと密にコミュニケーションをとって相談できたりとサポートがしっかりしている毛婚相談所が多いです。

データマッチング型

「データマッチング型」とは、自分のプロフィールデータをもとにコンピュータにより希望条件にあったお相手や相性の良いと思われるお相手を紹介してくれるタイプの結婚相談所です。

自分でデータ検索をしてお相手を探すこともできます。

人が間に入っていないので、人件費がかからず、比較的料金が抑えられている結婚相談所に多いです。

仲人型&データマッチング型

「仲人型」と「データマッチング型」の両方を兼ね備えた結婚相談所もあります。

仲人さんによる紹介にプラスして、データからも紹介してもらえたり、自分でデータ検索してお相手を探す結婚相談所です。

結婚相談所の選び方

それでは次に、結婚相談所の選び方について説明していきます。

結婚相談所の選び方(料金)

結婚相談所で信頼できる人と出会いたいけれども、できたら料金は押さえたいという人もいるでしょう。

結婚相談所で格安な料金のところは、人件費を削っているところが多いためサポートに期待はできず、入会したら自分で積極的に活動しないといけない場合がほとんどです。

日本結婚相談所連盟(IBJ)の共通会員のデータを利用できる最安値は、NPO法人のブライダルサポーターで、年間活動費は137,000円(月1回お見合いした場合)です。

この料金でIBJの会員データを閲覧できるのはかなり安いですが、迷惑をかけた場合のペナルティ料金が設定されていたり、お見合いごとに料金がかかるのでお見合いに慎重になるなどのデメリットもあります。

また、料金重視の人にはエン婚活エージェントがかなりコスパが良いので満足できるでしょう。

  • 1年間の活動費153,800円
  • 会員数約30,000人
  • 毎月6名紹介
  • 相談無料・無制限
  • オンライン講座で恋愛力結婚力アップ

店舗を持たない完全オンライン型の結婚相談所なので、コストを徹底的に削減した低料金になっています。

低料金ですが、毎月6名紹介してもらえ、かつ自分でもお相手検索もできますし、無料相談あり、オンライン講座ありと、かなり満足できるサポートも充実しています。

会員数も約30,000人と十分であり、毎年利用者数が順調に伸びている結婚相談所なので、多くの出会いにも期待できます。

結婚相談所の選び方(サポート)

サポートが充実しているかどうかも結婚相談所を選ぶポイントなります。

自分ひとりで結婚相手を探すのが不安な人や、困ったことや悩みは人に相談したいよ、という人は無料相談ができてサポートがしっかりしている結婚相談所がよいでしょう。

マイペースに自分で婚活をすすめられるという人は、サポートなしでも良いですし、サポートがないぶん料金が安めになっていることが多いです。

サポートが充実しているのはIBJメンバーズです。

結婚相談所の選び方(会員人数)

結婚相談所の選び方でとても重要なのは、会員人数です。

会員人数が少ないと、出会いのチャンスが少なく、成婚できる可能性が低くなってしまいます。

その点で会員数が多いという点で大手の結婚相談所を選ぶのは大正解です。

会員数が多い結婚相談所はIBJメンバーズ(約63,000人)です。

中小の結婚相談所でも、結婚相談所の連盟に所属していて、共通の会員データからお相手探しができるところを選べば、じゅうぶん出会うこともできるので大丈夫です。

結婚相談所の選び方(会員の質)

会員の人数の多さも大切ですが、会員の質も忘れてはならないポイントです。

IBJメンバーズは男性会員の約88%が大学卒以上、約60%が年収600万円以上と会員の質が高いことで有名です。

結婚相談所の選び方(場所)

結婚相談所は自宅通いやすいところを選ぶのも大切な選び方のうちのひとつです。

入会後は担当スタッフとの面談・相談、お見合い、自社データ検索など、なにかと結婚相談所に足を運ばなくてはならないことが増えるため、通いやすいところにあると便利です。

自分が利用しやすい結婚相談所を簡単に探すのは、結婚相談所の一括資料請求を利用しましょう。

家から近い結婚相談所が入力1分でわかります。

結婚相談所の選び方(年齢)

お相手がどの年代かによって選ぶ結婚相談所も変わります。

自分の年齢で利用しやすい結婚相談所も、一括資料請求をするとすぐにわかります。

気になる結婚相談所にはまず資料請求

気になる結婚相談所があれば、まずは資料請求をしてみましょう。

資料を手元で見比べられるので、比較が簡単にできます。

絞り込めてない人は一括資料請求で

「結局どの結婚相談所がいいのかわからない」という人は結婚相談所の一括資料請求を利用すると便利です。

自宅から通いやすい結婚相談所、かつ自分の年齢に合った結婚相談所がすぐにわかります。

大手の結婚相談所であるオーネット、パートナーエージェント、ツヴァイの資料も一括で届きます。

家から近い結婚相談所をさがす(無料)⇒

気になる結婚相談所が絞り込めた人は個別で

気になる結婚相談所が絞り込めた人は、直接資料請求をしてみましょう。

次の3つの結婚相談所は押さえておいたほうが良いコスパのいい結婚相談所です。

IBJメンバーズ
東京 結婚相談所
会員の質が高く、サポートも万全なので、自分一人でお相手探しをするのが不安な人でも安心して婚活をすすめることができます。
そのぶん1年間の費用がかかりますが、納得のいくきめ細かなサポートが受けられます。
1年間の活動費 551,000円~
拠点 新宿・銀座・有楽町・東京・上野・横浜・大宮・名古屋・大阪・なんば・神戸・京都・福岡
会員数 約63,000人

詳細ページ公式ページ

エン婚活エージェント
三冠
来店不要のオンライン完結型の新しい結婚相談所。
店舗費と人件費の徹底したコスト削減で低料金を実現。
毎月6名紹介にプラスして自分でもお相手検索が可能、オンライン相談無料・無制限、オンラインの恋愛力アップ講座の受講も可能で、かなりのコストパフォーマンス良し。
利用可能エリア(会員が多く出会いやすいエリア)が限られていますが、会員数は増え続けているので利用可能エリアは順次拡大される模様。
1年間の活動費 153,800円~
利用可能エリア 関東エリア・・東京都、千葉県、埼玉県、神奈川県
関西エリア・・大阪府、京都府、奈良県、兵庫県、和歌山県
東海エリア・・愛知県、岐阜県、三重県
その他エリア・・群馬、茨城、栃木、福岡、静岡、北海道
会員数 約30,000人

詳細ページ公式ページ

オーネット
オーネット
IBJメンバーズほどの手厚いサポートは期待できないけれども、自分から積極的に活動できる人向けの低料金の結婚相談所。
IBJメンバーズとエン婚活エージェントが利用可能エリアではない人におすすめ。
拠点も多く、20代の若い世代の会員が多いのも特徴的。
1年間の活動費 272,800円~
拠点 全国
会員数 約49,000人

詳細ページ公式ページ