婚活ノウハウ

学歴なんて関係ない!玉の輿にのりたい大学生が今からやっておくべきこと

ネコ先生
ネコ先生
玉の輿にのりたいと考えている大学生も多いのではないでしょうか。

結婚はまだ先だけど「できたら将来は玉の輿にのりたい」とぼんやり思っている大学生もいるでしょうし、なかには「絶対玉の輿にのるんだ!」と気合が入っている大学生もいるかもしれません。

この記事では、玉の輿にのりたい大学生が今からしておくべき対策についてまとめてみました。

どうしたら玉の輿にのれる?

玉の輿にのりたい大学生は婚活アプリで人脈を広げておきましょう。

恋活・婚活アプリで大学生は激モテです。社会人からしたら若さあふれる大学生と付き合うのは憧れです。

だから同級生からモテない女子でも、婚活アプリを使って出会うきっかけさえあれば、女子大生は高収入・イケメン・高学歴などの条件の良い男性を彼氏にしやすいのです。

婚活アプリ【ペアーズ】は職業や年収から好みの異性を探しすく、女性は無料なので、ためしに利用してみる価値大です。

今のうちにお金持ちの彼氏候補を探しておけば、コロナの外出自粛があけたらすぐにオシャレしてデートに繰り出せますよ!

【ペアーズ】で出会いを広げる⇒

玉の輿にのりたい大学生が早めに対策するべき理由

「玉の輿にのりたい」と思ったら、思ってから即時に対策を始めたほうが希望をかなえやすいです。

玉の輿に乗りたい大学生が早めに玉の輿にのる対策をしたほうがいい理由は次の3つです。

大学を卒業したら結婚する人は多い

大学生で結婚を意識している人はもしかしたら少ないかもしれません。

大学生は楽しい学生生活に夢中だったり、学業やサークル活動、バイトに忙しくて将来の結婚生活について想像したり考えたりする余裕がない人の方が多いかもしれません。

でも大学生のいま現在に結婚を意識していなくても、大学を卒業してから数年以内に結婚する人は確実に出てきます。

大学を卒業して周りの友人からの結婚報告を聞くと、結婚というライフイベントが急に身近なものになります。

今までは遠い未来に結婚をすると思っていたのに、身近な友人が結婚すると聞いたり、結婚披露宴に呼ばれることで、自分も近い将来に結婚したいと考える人が増えます。

結婚したいと思っても実際に結婚するまでは1年以上かかる

大学を卒業して結婚する友人が周りに出てくると、自分も結婚したいと思う人が増えます。

「結婚したい」と思っても実際に結婚するまでは1年以上かかるものです。

彼氏がいる人でも、両親に挨拶をしたり式場探しに数か月かかりますし、式場が見つかっても空き状況によっては実際に挙式を上げられるのは半年後ということはザラです。

また、彼氏がいたとしても、彼氏がまだ結婚を考えていなければ、結婚に向けての準備すらすることもできません。

彼氏がいない人は、そもそも結婚相手を探さなければ結婚できません。

婚活アプリや結婚相談所を利用しても、すぐに希望するような男性と出会えるかはわかりません。

だから結婚を意識する前から、結婚したいと思ったらすぐにでも結婚してもOKな彼氏をつかまえるために動いておくことを大学生うちにやっておくことが大切なんです。

年齢が若い方がいい条件の男性を捕まえやすい

婚活市場では20代の若い女性はとても人気です。

同世代の男性からだけではなく、30代、40代、さらにもっと上の世代など、全世代の男性が結婚相手を探すときに、20代を求めます。

20代は若くてきれい、かわいいという見た目の問題もありますが、若い女性の方が妊娠しやすいという生物学的な面でも、これから子供を希望する男性は年齢の若い女性と結婚したいと思う人が多いのです。

そのため、素敵な男性を30代の女性と取り合いになった場合に、20代の自分の方が選ばれる可能性が高いため、年齢が若い今のうちに良い条件の男性を捕まえやすいというメリットがあります。

そして、20代のなかでも20代前半、さらに女子大学生というブランドはかなり強力です。

社会人男性は「女子大学生」にかなり魅力に感じていますので、女子大学生は社会人までターゲットを広げると、かなりハイスペック男性を彼氏に狙うことも可能です。

「結婚なんてまだ先」と思っている女子大学生でも、今からでも良縁にめぐまれるために動いておいて損はないですし、社会人になるよりも女子大学生のうちに彼氏をつくっておいたほうが良い条件の男性から選ばれやすいのです。

玉の輿にのりたい大学生がすべきこと

大学生が勉学に励むのはもちろん大切ですが、卒業までに将来有望な彼氏をつくったり、彼氏候補になりそうな有能な男性を見つけておきましょう。

それでは具体的に、玉の輿にのりたいと思っている大学生がするべきことについてあげていきます。

自分がいい大学なら同級生が狙いめ

東大や慶応・早稲田などをはじめとする関東六大学に通っている人であれば、将来有望な同級生の彼氏をみつけておきましょう。

関東六大学以外でも偏差値の高い大学に通っている女子学生のまわりの男子学生は、将来しっかり稼いでくれる有能な人ばかりなんです。

自分が大学に通っているときにはあたりまえすぎて気付かないかもしれませんが、そんな優秀な高学歴男子学生に囲まれた生活を送ることは、社会人になったらありません。

大学生の今は将来玉の輿にのるための彼氏づくりにぴったりな状況なのです。

大学を卒業してから後悔しないように、サークル活動やバイトや趣味に没頭するだけでなく、将来のために彼氏をつくることも忘れないようにしましょう。

同級生の中で人脈を広げて、「この人!」と思うような素敵な男子大学生がいたら積極的にアプローチして彼氏にしておきましょう。

付き合いたいと思うほどの男子大学生がいない人は、とりあえず男友達をたくさんつくっておくと、将来その男友達の中から彼氏になる人が出てくることもありますし、男友達からさらに人脈が広がっていい男性を紹介してもらうこともできます。

あまりいい大学ではなくてもできること

もし自分がそれほど高学歴な大学に在籍していなかったり、女子大に通っている人でも悲観することはありません。

大学生のうちにできることはたくさんあります。

「いい男性との出会いがない」となげいていないで、いい男性と出会えるように積極的に動いていきましょう。

良い大学に進学した高校の友人に紹介してもらう

将来有望な男性を高校の友人に紹介してもらう、という手があります。

良い大学に進学した高校の友人に、進学先の大学生を紹介してもらいましょう。

高学歴インカレサークルに入る

首都圏の大学であれば、大学の枠を超えた「インカレサークル」というものがあります。

インカレサークルでは複数の大学に所属する人たちが集まってサークル活動をしているもので、そのインカレサークルに入ると他大学の学生と仲良くなれるという千載一遇のビッグチャンスをつかむことができます。

インカレサークルならどこでもいい、というわけではなくて、ポイントは高学歴大学の男子も所属しているインカレサークルに入るということです。

不思議なことで、サークル活動で顔を合わせる機会が多いと男女は恋に落ちることが多いものなのです。

ミサキ
ミサキ
私のいとこもインカレサークルで東大生の彼氏をゲットして結婚したわ。結構サークル内で結婚するカップルが多いって聞いたな。

官庁や省庁でのバイトをする

首都圏の大学では、大学で官庁や省庁のバイトを募集しているところもあります。

官庁や省庁でバイトをするのは確実に官庁などで働く公務員と知り合うことができます。

若い女子大生のアルバイトということで、官庁の職員や公務員にちやほやされることは間違いありません。

国家公務員の彼氏が欲しいと思っている人にオススメな方法です。

大手企業への就職をめざす

しっかり稼いでいる男性と出会いたいのであれば、大手企業への就職をめざすのも一つの手です。

大手企業へ就職すれば、ハイスペックな男性がたくさんいます。

ただ、自分も大手企業に就職できるぐらいのハイスペックになっておく必要があります。

婚活アプリで出会いを広げる

誰にでもできる、出会いを広げる簡単な方法は婚活アプリを利用することです。

高学歴でも高学歴でなくても、インターネットを利用すれば誰でも婚活アプリの利用を通して出会いを広げることができます。

大学生のうちにペアーズで彼氏をつくろう!

大学生が出会いを広げるために婚活アプリを利用するならPairs(ペアーズ)がオススメです。

  • 累計登録者数1,000万人の日本で一番つかわれているアプリ
  • 共通の趣味をもつ異性を探しやすい
  • 女性は無料

彼氏・彼女をつくりたい人もたくさん利用しているので、普段の生活では出会えないような職業の人などとの出会いのチャンスが爆発的に広がります。

ペアーズの中でもひとにぎりのハイスペック男性は大人気で、たくさんの女性が殺到するほどです。

でも大学生の今なら、大人気のハイスペック男性から選ばれる可能性はとても高いのです!

女性は無料なので、今のうちにいろんな人と出会っておくと人生経験も豊かになります。

出会いを探すなら【Pairs (ペアーズ)】